1. TOP
  2. 【40代転職】成功させる方法は自分自身を知り、探し続けること

【40代転職】成功させる方法は自分自身を知り、探し続けること

転職
  53 Views

40代というのは、どちらの方向にも進めるギリギリの年齢です。つまり、家族のために嫌でも今の仕事を勤めあげるのか、それとも毎日を楽しく暮らすために転職するのかという選択ができます。

多くの人は今の仕事に何か不満を持ってはいても、配偶者の反応や思うように転職できなかったときのことを考えてあきらめてしまいがちです。しかし50代になったら、もっと転職しにくい現実が待っています。40代なら転職はまだまだ容易ですし、新たな分野で成功する可能性だってあるのです。

この記事では、40代での転職をどうしたら成功できるかを紹介します。この記事の通りに行えば、転職が成功する可能性はぐんとアップします。

40代の転職の現実

©milatas

40代の就職事情

40代の就職事情は端的に言えば、厳しいと言わざるを得ません。ハローワークによると、3人に1人は離職してから再就職まで1年以上かかるというのが現実です。

もちろん、雇用保険の加入で離職後失業保険が給付されますので、全ての人が離職したその日から再就職に向けて真剣に努力したわけでもないかもしれません。そのことを踏まえても厳しい現実があります。

正社員を目指すとなると、40代ではさらに厳しくなります。東京などの首都圏、大阪、名古屋、札幌、仙台、福岡などの大都市では、人材難から正社員での採用も多く見られます。しかし地方に行けば行くほど正社員での採用は厳しいです。

さらに転職後の給料ですが、厚生労働省によると、40代での転職の場合、それまでにもらっていた給料よりも下がることが多くなり、平均で1割から2割下がるというデータがあります。40代ともなるとキャリアを積み重ねてきて、給料も上がってきているため、新しい職場に行けば下がるのは当然です。

これらを踏まえて転職先を探すことが大事になってきます。

業界別の40代の受け入れ事情

40代全体の転職で見ると厳しいですが、業界別に見ると、40代でも転職によって給料が増えている分野もあります。それは経験や技術が必要な分野です。

具体的にはIT業界は技術を持っていれば、40代でも引く手あまたです。ITエンジニア、SE、ITコンサルタントなどの経験があれば、年収アップも見込めます。

さらに、企業のグローバル化で英語を使えたり、海外経験があったりすると転職しやすいです。

他にも資格があり、経験があるなら、40代という年齢はむしろプラスに働きます。しかしながら、ITの技術や英語、他の資格もすぐに身につけることはできません。ですから、自分の今現在の武器を知るのは良いことです。何かの資格があるならその資格を生かすことはできないかを考えましょう。

未経験で始めるには厳しい40代

40代で未経験で資格や技術が必要な職種への転職は難しいです。例えば「IT企業に勤めたいけど、パソコンは趣味」という程度では採用されるわけがありません。20代ではこうしたケースでも採用があるかもしれませんが、40代では厳しいです。

40代となると、現実問題老いが始まってしまいます。老いが始まると、物覚えが悪くなり体力も落ちてきます。さらに40歳でその仕事に就いても定年の65歳まで25年です。企業としては、人材を育てることを考える場合は、なるべく早く1人前になることと長く働いてくれることを望むので、40代の採用は難しくなるのです。

もちろん、これまでの経験を転用できれば、全く同じ職種ではなくても採用の可能性は高まります。例えば、管理職も人材不足が指摘されています。以前の職場で管理職に就いていた方は、畑違いの職種でも管理職として採用されるかもしれません。

全くの未経験よりも、自分のこれまでの経験が何か生きないかを考えることが転職を成功させるカギです。

40代を積極採用している職種もある

© Nejron Photo

ヘルパーだけではない!将来がある介護職

介護職は業界全体が人材難に陥っています。原因は高齢化社会で福祉サービスを受ける人は増えていることと、給料が低い割に労働が大変な介護の仕事を「続ける」人が少ないことです。外国人を積極的に雇っている企業さえあります。

ですから介護職は40代でも転職しやすい職種です。介護と言ってもさらに色々な分野に分かれています。

実際に世話をするヘルパー以外に、全体を取り仕切る介護福祉士やケアマネジャーというポジションがあります。最初から介護福祉士やケアマネジャーになることは無理ですが、介護職の良いところは実務の経験を積み重ねることで資格の取得ができることです。

積極的に資格を取得させる企業もあります。ですから介護と言っても、必ずしもずっと世話をするのではないということを覚えておきましょう。介護職は国からも支援される安定分野です。考える価値は十分にあります。

40代スタートは遅くない!タクシードライバー

タクシードライバーも人材難の職種です。日本は労働人口自体が枯渇していますので、他の職種に人材が回ってタクシードライバーの成り手が少ないのです。

40代からタクシードライバーを始めることは、遅くありません。20代や30代でタクシードライバーを始める人の方がむしろ珍しく、40代でのタクシードライバーとしてのスタートは普通なのです。

また、タクシードライバーには将来個人タクシーとして開業できる可能性があります。40代の個人タクシーの申請条件を見ると、申請日以前の25年間で、10年以上自動車の運転を職業とした期間があって、申請日の3年以内に2年以上タクシードライバーをしていれば、個人タクシーを開業できます。早ければ2年後には個人タクシーを開業できるかもしれないのです。

ショッピングサイトの普及で人材不足のトラックドライバー

トラックドライバーも狙い目の職種です。最近はニュースでショッピングサイトの注文の増大で大手運送業者が手に負えなくなったという話を聞きます。トラックドライバーも人材不足で転職しやすいのです。トラックドライバーといっても様々です。

大型トレーラーで長距離輸送を行う企業もあれば、小型トラックで決まったルートを配送することもあります。個人宅に届ける宅配業者もトラックドライバーが必要です。

それぞれにメリットがあります。長距離トラックは、自分の家に帰れない日もありますが、自分1人の気楽さがあります。小型トラックのルート配送は、決まったコースを運転できますし、毎日同じ時間に仕事ができます。宅配業者はショッピングサイトの利用状況を考えると、安定して仕事があるでしょう。

さらに、トラックドライバーにもタクシードライバーと同様に独立の可能性があります。十分に考慮に値する職種です。

40代の転職はどう成功させるか

©hanack

経験を生かすなら転職エージェントを利用

経験を生かして転職したいなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

IT関連企業に勤めていた方や英語を使ってグローバル企業で働いていた方で、高収入を得ていた方の中には同等の条件を探している場合もあるでしょう。そのような場合に、高収入の求人はハローワークや転職サイトでもなかなか探すことはできません。そのような高収入の仕事は転職エージェントに集まっています。

転職エージェントはこちら側の希望を聞いて、希望に沿う仕事を紹介してくれるだけでなく、その企業との交渉も行ってくれます。転職した後のポストや年収の交渉なども行ってくれるので非常に頼もしい存在です。

資格がない方でも管理職の経験があれば利用できる管理職専門の転職エージェントなど、さまざまなものがありますので、自分の経歴に合った転職エージェントを利用すると良いでしょう。

好きなことや新しいことにチャレンジするなら転職サイト

好きなことや新しいことにチャレンジするなら転職サイトです。さまざまな転職サイトが存在しますが、それぞれに得意な職種があります。デスクワークの職種の情報を多く扱う転職サイト、肉体労働の職種の情報が多く集まる転職サイトといったものです。最近では事務職専門の転職サイトや介護職専門の転職サイト、タクシードライバー専門の転職サイトと1つの職種に特化した転職サイトもあるのです。

転職サイトは多くあるので全てを見るのは難しいですが、自分の希望する職種を得意とする転職サイトはチェックする必要があります。

さらに、転職サイトの良いところは検索機能が付いていることです。1つずつ仕事を見ていく必要はなく、自分の希望する条件を入れると希望に合った仕事がピックアップされます。自宅のスマートフォンやパソコンから利用できる便利さもあります。

可能性は狭くせず、粘り強く転職活動を行う

転職エージェントと転職サイトだけでなく、40代の転職は厳しいことを踏まえて、情報の入り口を狭めないことも大切です。その他にどんな求人媒体があるか、特徴と共に記します。

  • ハローワーク ネットにない求人もある。
  • 求人雑誌 地域ごとにまとまっているので、地域で選ぶのには便利。
  • 新聞 大企業や優良企業の求人が載せられることがある。
  • 転職フェア 1度に複数の企業と話ができる。土日開催が多く、在職者でも参加できる。
  • 企業のホームページ 入りたい企業を知っているならチェックすべき。
  • 知人の紹介 転職しやすいが、後からトラブルになると知人にも迷惑をかける。

40代の転職は厳しいので、転職エージェントと転職サイトを中心にしながらも、これらの媒体にもアンテナを張っておきましょう。そして、後は粘り強く仕事を探すことです。厳しいことを踏まえ、簡単にあきらめないようにしましょう。

まとめ

40代の転職は自分自身を知ることから始まります。どんな仕事が向いているか、どんな経験をしてきたか、40代となればわかるでしょう。それを踏まえて方向性を考えます。資格や自分の経験を生かしたいなら転職エージェントを利用するのがおすすめです。これまでと違う職種の場合は、自分の希望する職種を専門に扱った転職サイトを利用しましょう。

40代の転職は簡単ではありません。後は他の媒体も利用して広く情報を取り入れ、粘り強く探して転職を成功させましょう。転職サイトだと年齢層はあまり関係ありません。
サイトのランキングも参考にしながら有意義な転職活動を進めてください。
転職サイト徹底比較!転職サイトおすすめランキング

ライター紹介 ライター一覧

出井章浩

出井章浩

40代男性です。様々な仕事を経験したことを生かしてライター活動を行なっています。お金には苦労してきましたので、みなさんに役立つクレジットカードなどの仕組みや節約術なども詳しく紹介していきます。よろしくお願いいたします。

関連記事

  • 【誤字があったら訂正しよう】転職時の手書きの履歴書の書き方

  • 【転職もアリ】年収700万・800万・900万円台でも余裕はない?

  • 【うつ病から社会復帰!】転職や仕事選びのポイントとタイミング

  • 【給料は上がらないしボーナスなし】辛い生活を変える転職への道

  • 【清潔感で印象アップ】転職時の面接に適した服装・ヘアスタイル

  • 【転職先へやる気を伝える!】例文に頼らない志望動機の書き方