1. TOP
  2. 【いよいよ登場Apple Pay(アップルペイとは)?!】簡単設定でiPhone7におサイフケータイ機能

【いよいよ登場Apple Pay(アップルペイとは)?!】簡単設定でiPhone7におサイフケータイ機能

 2016/09/20 特集
  1,376 Views

01%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

マネー原人
まだまだ新情報も待っていそうなiPhone7の機能についてじゃ。分かったことがあれば情報を追加していくぞい
隼翔
やったぜ! 新色のジェットブラックGETだぜ!
マネー原人
なに?! ゼロゼロナンバーのジェット・リ●クス色じゃと?!
隼翔
言ってねぇだろ!

ついにiPhoneでおサイフケータイ機能を使えることになりましたね。
クレジットカードで決済するアップルペイが、日本でも利用可能になる予定です。

この記事はこんな方におすすめです。

・iPhone7を手に入れた!
・アップルペイっていったい何?
・おサイフケータイの便利さでアンドロイドから離れられない
・電子マネーを使ってみたい

記事では、

・アップルペイはかざして簡単支払い!
・Suicaが使える
・FeliCaが搭載された

などの詳しい説明を記載しています。

かざすだけで支払いが完了するFeliCa(フェリカ)がiPhone7などに搭載されることが発表され、2016年10月には利用スタートとなります。

 

Sponsored Link

そもそもApple Payとはどんなもの?

fotolia_98879011_subscription_monthly_m

お店や駅でおサイフケータイとして

iPhone7またはApple Watch Series2を改札でかざす、レジのリーダーにかざす、これだけで支払いが完了します。
たくさんのカードを持ち歩かなくてもよい便利さは、おサイフケータイで認知されている通りですね。

アプリにSuicaやクレジットカードなどを入れておくだけで、安全に快適な利用ができます。
クレジットカードの設定などもとても簡単で、すぐに使えるようになります。

 

iDまたはQUICPay、Suica対応店舗でかざして

店舗では利用する電子マネー(QUICPay、iD、Suica)のいずれかで払うことを伝えましょう。

【利用方法】
QUICPayとiDではTouch IDでの認証(指をのせたままリーダーにかざせばOK)が必要です。

Suicaではリーダーにかざすだけで支払いが終わります。
現金の面倒さからも解放されますね。

隼翔
キャッシュレスも慣れると便利なんだよな。お金の使い道は把握しないといけないけど、それも勉強だ!

ウェブでも使える

Safari(サファリ)のウェブサイトでのショッピングでもアップルペイが利用できます。
iPhone、iPad、Macで使えます。

Macで買い物をしている時は、iPhoneかApple Watchで完了させる指示が表示されるようになっています。
支払う時にアップルペイを選ぶだけで、サクッと済ませられます。

 

セキュリティ対策がしっかりしていて安心

Touch IDによる指紋登録を行うため、紛失時にも安心です。(Suica利用時にはTouch IDなしで可能)

またiPhoneなどを紛失してしまった時には、紛失モードでアップルペイの利用を一時的にストップできます。
さらにデバイスを遠隔消去できますし、登録しているカードをリモートで削除することもでき、盗難や紛失が起こった時にも安心ですね。

Appleがカード情報を加盟店と共有することはありません。
実際のクレジット番号ではなく独自の番号が割り当てられます。

さらにアップルペイが決済の詳細を保存することもなく、個人の特定もできません。
プライバシーの点からも安心です。

 

サービス開始予定は2016年10月

iPhone7はすでに発売済みですが(2016年9月16日)、アップルペイのサービスを利用できるようになるのは10月の下旬、無料のソフトウェアアップデートで提供される予定です。

iPhone7などの発売より少し日数が経っていますが、これはSuicaへの対応などの機能調整やテストに時間がかかると考えられているためです。

人気のあるカラーは入手が遅れる可能性が高いですが、アップルペイ利用の面からは特に問題はありません。

 

決済はクレジットカードで

fotolia_68745253_subscription_monthly_m

対応予定のクレジットカードブランド

クレジットカードブランドでは、アメリカンエクスプレス、JCB、マスターカードが利用できます。
アメリカなどではVISAに対応していますが、日本では現時点で含まれていない点に注意しておきましょう。

オンラインでのチャージなどで、利用できない可能性があるため、現在利用しているクレジットカードがVISAの場合は気を付ける必要があります。

他にもイオン、オリコ、クレディセゾン、ビューカード、三井住友カード、MUFGカードなどにも対応する予定です。
さらにNTTドコモ発行のdカード、KDDIのau WALLET、ソフトバンクのソフトバンクカードなどそれぞれのキャリアが発行するクレジットカードも対応可能です。

隼翔
え? VISA使えないのか? 俺が持ってるのは…うわわ、VISAだった。・・・これを機会に使うクレカもよーっく考えてみるかな(そうしているうちにVISAが対応になるかもしれないけどな…)
マネー原人
おお! 隼翔が自分から勉強を始めている。良きかな良きかな。

かざして利用時の注意点

オンラインでの利用ではなく、かざして支払い時にはiDまたはQUICPayに対応することになります。
つまり利用できる店舗は、iDやQUICPayが使えるお店というわけですね。

ただしこの時、どちらに対応するかはクレジットカードを登録した段階で決定しているため、後で変更したり選択したりすることはできません

【対応しているカードの比較】
■ iD・・・dカード、ソフトバンクカード、イオン、三井住友カードなど
■ QUICPay・・・au WALLETクレジットカード、オリコ、クレディセゾン、JCB、ビューカードなど

大きく分けてiDは三井住友系、QUICPayはJCB系と考えておきましょう。

 

Suicaにも対応

fotolia_34082088_subscription_monthly_m

実際の利用方法

注目が集まっているのは、やはりSuicaが利用できる点でしょう。

アップルペイでの利用は、とても簡単に設定できます。
iPhone7をSuicaカードか定期券の上に置くだけです。

これで、残額や情報が転送されて完了となります。
この後はカードを持ち歩かなくてよいのです。

Apple Watchで使う時は、Watchアプリケーションの中で追加するだけと、こちらもとても簡単ですね。
まだSuicaカードを持っていないなら、JR東日本のSuicaアプリケーションの中で作ればOKです。

さらにチャージはアップルペイで設定したクレジットカードで行えます。
そのため、券売機やコンビニに行かなくてもよくなりますね。

Suica定期券の更新もiPhone利用でできます。

 

注意点と今後の予測

アップルペイは、Touch IDでの指紋認証がセキュリティの強みとなっています。
店頭では大きな問題とはならないでしょうが、駅での改札通過はその都度指紋認証に時間がかかるおそれがあります。

この点Suicaのみ特別なモードが準備されているため、スムーズなタッチ&ゴーができる予定です。
注意点としてはSuicaカード自体をiPhoneに登録する形になるため、カードは無効となってしまうことでしょう。

また登録時に個人情報の確認が行われるものの、限定されたものになるはずで、スキミングによるカード抜き取りの不安はあまり考える必要がないと予測されます。

 

気になる点は?

02%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

マネー原人
・・・隼翔、貴様は話についてこれているか?
隼翔
・・・さーせん。ちょっと・・・いや、かなり難しいです。
マネー原人
とりあえずじゃ。日本にいる間は、FeliCaの対応部分を覚えておくと良いな。貴様は海外旅行だの出張だのとは縁がないからのぅ。
隼翔
余計なことは言わんでいいわ一!!

FeliCa導入だからNFCは使えない?

海外のアップルペイで利用されているNFC(Type-A/B)と、日本のアップルペイで導入されるFeliCa(Type-F)は排他仕様となっています。

地域設定を日本にすればFeliCaが、それ以外はNFCが選択されそれぞれの仕組みが使われることになります。
そのため海外に行く場合、海外から来た場合に切り替えを求められることになるわけです。

ただ、日本のカード発行会社はNFCの利用を想定したサービスは提供する予定は現在のところありません。
また海外からiPhoneを持ち込んだなら、iDやQUICPayのサービスは利用できないことになってしまいます。

日本国内ですでに利用されているおサイフケータイは、NFCとFeliCaでかざした時に適切なアプリを自動的に呼び出すことになっています。

この点と比較してみるとアップルペイのシステムでは、わざわざ切り替える面倒さが気になります。

 

海外に行った場合と海外からiPhoneを持ち込んだ場合

海外にiPhoneを持って行く場合は、設定を切り替えることでNFCシステムには対応します。
しかし、カード発行会社が対応していなければ、支払い自体はできないということになってしまうでしょう。

また現時点では、海外モデルと国内モデルでハードウェアの違いがあるかどうかは不明です。
おそらくハード面ではなく、ソフトウェアで海外端末がFeliCaを使えないようになっていると予想されています。

今のところ海外モデルを持ち込んでも、かざして決済できないということになっています。

いずれにしても海外でiPhoneを買ってくる、海外からの旅行者が決済に利用する、海外に出てアップルペイを利用するという点からは物足りない状態といえるでしょう。

ただ国内で購入、国内でかざして支払いなら全く問題はなく、多くのユーザにとって満足できるサービスが待っているはずです。

隼翔
Suicaと同じくFeliCaに対応している電子マネーはアップルペイの対象になるかもってことだな。利用する幅が広がりそうだ!!
マネー原人
スーパーやコンビニで活躍しておるナナコやワオンも今後に期待じゃな!
隼翔
・・・お前、横文字苦手だろ?
マネー原人
・・・だって原人じゃもーん(※石器時代人じゃもーん)

まとめ

iPhone7でのアップルペイの搭載は、周知のこととなりましたが、「実際にはどうなるの?」と気になる点もまだまだあります。

現時点でわかっているのは、

・2016年10月下旬スタート
・Suica、iD、QUICPayに対応
・かざしてスムーズな支払い
・海外規格のNFCとは違うFeliCa導入

というのが主な点です。
また今後変更や新たに明らかになる点、導入されるサービスなども予測されます。本格スタート後に分かることもあるでしょう。

ただし2017年以降といわれていた公共交通での利用も早まったことから、アップルペイによって、iPhoneユーザーの増加も予測されています。

また設定などの簡単さもあり「本当に使いやすいモバイル決済」となる可能性も高いでしょう。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

コルコル

コルコル

WEBライター歴4年。
関西のファッションデザイン学校を卒業後、同校の教員を数年勤める。
後に、有名画廊へと勤務。

チュニジア在住(パートナーがチュニジア人)。
3人の子供と家族を支える「働くお母さん」。

愛読書は『ガラスの仮面』と『エースをねらえ!』。
昭和の語り部でありながら、現代の事情にも詳しくなろうと日々奮闘している。

関連記事

  • 【ビジネスシーンにも使える!】色が持つ不思議な力と効果

  • 【無料】海外旅行保険の加入不要!保険付きカードで安心&お得に旅行

  • 【お金が貯まる財布?】風水パワーでお金を貯める方法

  • 【浪費グセ】で悩んでいる人におくる!貯金が増える誰でもできる口座管理方法!

  • レジーナクリニック東京銀座院の口コミ評判!雨宮留菜の医療脱毛体験談

  • ソレもう少し高く売れるかも?節約につながるリサイクルショップ利用のコツ