1. TOP
  2. 初心者必見!はじめての株式投資!たった一人ではじめる勉強法とは?

初心者必見!はじめての株式投資!たった一人ではじめる勉強法とは?

お金を増やす
  139 Views

「株式投資で上手な資産運用をしたい!」そんな思いをお持ちの方へ向け、株式投資の初歩の初歩をご紹介します。
「株式投資を始めたいけど、仕組みがよく分からない」、
そんな方でも少しは株式投資の仕組みが分かりますよ!
自宅でできるかんたんな勉強法もあわせてご紹介します。

Sponsored Link

そもそも株式投資ってなに?どうやって買うの?

ⓒmoonrise

株取引は立派な投資

「株を買う」というのは、誰もが一度は聞いたことがある言葉だと思いますが、実際に株を買う方法などは意外と知らない人が多いものです。そもそも「株式投資」とは利益を得ることを目的とし、企業が発行する株を売買することを言います。

難しく思われがちな株式投資ですが、実は意外と簡単。自宅にいながらパソコンを使って簡単に株取引を行なうことが可能です。 今回は初心者向けに株式投資のはじめ方。そして初心者が陥りやすい失敗。自宅で出来る勉強法をご紹介します。自宅で手軽にできると言っても株取引は立派な投資です。大切な資金を失うことが無いよう、しっかりと事前知識を身につけましょう。

証券会社へ口座を開設する方法は?

一昔前までは、実際に証券会社へ足を運び、株式投資用の専用口座を開設するのが一般的でした。しかしインターネットが普及した近年では、証券会社に直接足を運ばずともパソコンを利用し、株式投資用の口座を証券会社に開設できるようになりました。

「株式投資」初心者で、これから証券会社に口座を開設する方は、SBI証券や楽天証券、カブドットコム証券などネット証券会社をおすすめします。各社、インターネット上で口座開設から実際の取引までほとんどのことが完結できるほか「株式投資」初心者に対するサポートも充実していることで評価を得ています。

口座は無料で開設できますし、維持費なども発生しませんので株式投資をはじめるか悩んでいる方は、口座の開設だけでも先に行ってしまいましょう。

口座開設後もネット取引でストレスフリー

SBI証券や楽天証券、カブドットコム証券などネット証券会社であれば、口座開設のみならず、株の売買もネットで完結するため、非常にストレスフリーな株取引を楽しむことが可能です。 昔は、購入した株券を大切に金庫へ保管していた家庭も多かったですが、平成21年1月5日に株券はすべて電子化(ペーパーレス化)され電子的に管理されることになりました。

株取引に必要な証券会社の口座開設はもちろん、実際の株式売買、そして株券のやり取りまでもが全てネット上で完結するため、初心者でも安心して、気軽に株の世界に飛び込むことができます。

絶対に注意したい株式投資の落とし穴

ⓒtaa22

思い付きでの株式購入は禁止

株式投資初心者のもっともありがちな失敗と言えば、なんの考えもなく、ただの思い付きだけで株取引を行なってしまうことです。「せっかく口座を開設したから」「とりあえず株を手にしてみたい」「有名な会社だからきっと」など、気持ちは非常に分かりますが、初心者が思いつきで株を購入してもメリットはありません。

ビギナーズラックで利益を上げられる可能性もありますが、投資の世界は決して甘くはありません。中途半端な知識で取引を行なうことで、大切な財産をすべて失ってしまう可能性もありますので、しっかりと知識を身に付け、株式購入に値する材料がある場合にのみ投資をすることが大事になってきます。

初心者は焦らずじっくりと!短期売買は上級者向け

株取引のスタイルで失敗をする初心者も多く見受けられます。株を購入した場合、買った時の価格より株価が上がれば利益になりますし、株価が下がれば損益となります。 投資家によって、株取引のスタイルはさまざま。

中でも、早ければ数秒から数分で決済を行う、スキャルピングトレードや数時間ほどで決済を行うデイトレードはギャンブル性が高く非常に人気の取引スタイルとなっています。しかし近い将来の株価を予想することは株取引歴の長い上級者でも非常に困難です。

スキャルピングトレードやデイトレードは株式投資において花形的存在ですが、初心者は安易に取引スタイルを真似たりせずに、まずは基礎固めをしっかり行うようにしましょう。

成長するまで信用取引には手を出さない

手元にある投資資金以上の株取引を行うことができる信用取引。投資資金が少なくても、大きな取引が可能なため非常に人気の取引方法です。しかし投資資金以上の株を購入するということは、証券会社から借金をして株取引をしていることに変わりはありません。

株式投資の知識が伴わない内に信用取引に手を出してしまうと、大切な財産を失うばかりか、大きな借金を抱えてしまう可能性も十分考えられます。初心者の内は信用取引には手を出さずに、自分が投資できる資金の範囲内で株式投資を行ない利益を上げることを目標としましょう。 それでは、最後に株式投資初心者におすすめしたい自宅でできる勉強法をご紹介します。

自宅でできる!株式投資初心者のおすすめ勉強方法

ⓒemi yamamoto

まずは手にしておきたい「会社四季報」

株式投資に興味がない方は聞いたことがないであろう「会社四季報」。しかし株式投資の世界に足を踏み入れた人間にとってバイブルとなり得る存在が「会社四季報」です。 「会社四季報」は1936年創刊。東洋経済新聞社から発売されている投資家向け情報誌です。名前の通り四半期ごとに発刊され全上場企業の業績データを掲載しています。

株式投資は、企業の業績を予想し投資を行ないます。企業データを網羅した「会社四季報」は投資家にとって正にバイブルと言えるでしょう。 はじめの内は「会社四季報」内の企業データをうまく読み解くことができないかもしれません。しかしちょっとした空き時間に「会社四季報」を読み続けることにより、企業の業績や成長などの動きが見えてくるようになります。

株式投資をするなら見ておきたい「ワールドビジネスサテライト」

続いてご紹介するのは平日の23:00から23:58までテレビ東京、BSジャパンにて放送されている経済情報番組「ワールドビジネスサテライト」です。

株式投資の知識を得るために大切となってくるのは、企業情報を知ることはもちろん、国内や海外の経済状況、ニュース、要人の発言など絶えずアンテナを張り情報を集めることです。 「ワールドビジネスサテライト」は約1時間のテレビ番組で、これらの情報をしっかりと集約して視聴者に伝えてくれます。

テレビを見るだけで、株式を含めた経済のことがよく分かりますので、株式投資初心者の方は、毎日「ワールドビジネスサテライト」を視聴するよう心がけましょう。

証券会社公式サイトで日々勉強!

SBI証券や楽天証券、カブドットコム証券などネット証券会社は株式投資初心者へ向けたコンテンツを公式サイトで多く提供しています。

リアルタイム株価情報の見方、チャートの見方、会社四季報の見方など各社、初心者用の解説ページを設けてくれています。 株式投資を行なうのであれば、必ずお世話になる証券会社のホームページ。長い付き合いになりますので、各証券会社のシステムをしっかり覚えるためにも、証券会社公式サイトで勉強するのも効率が良いですね。

まとめ

今回は「初心者必見!はじめての株式投資!たった一人ではじめる勉強法とは?」と題し、これから株式投資をはじめたい方へ向けお届けしました。大切な資産を守るためにも、初心者が陥りやすい失敗には十分に気を付け、会社四季報、ワールドビジネスサテライト、証券会社公式サイトなどで絶えず新鮮な情報に触れるようにし、徐々に株式投資の世界に慣れていきましょう。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

T.KAKINUMA

T.KAKINUMA

タイ王国バンコク在住のWebライターT.KAKINUMAです。

国内の一部上場会社で勤務後、東南アジアのバンコクでの3年間の駐在生活を経て、現在はフリーランスライターとして活動しています。
会社員時代に培った知識を活かし、株取引、FX、外貨預金、海外不動産投資に関する記事を執筆させていただいています。

関連記事

  • 【確定拠出型年金】個人型DCは誰でも使える!2017年に改正【iDeCoに愛称決定】

  • 【お金を貯める方法】風水パワーを取り入れてお金が貯まる体質になろう

  • 【40代の平均貯蓄額】本当に1,030万円?理想の貯蓄額を知って貯蓄体質を作る

  • 【はじめてでも貯まる!】2016年夏の定期預金ランキング

  • 【こっそり月5万円】ビジネスマンが副業でお金を稼ぐための3つの方法

  • 【1年で100万貯める方法!】今日からできる上手なお金の貯め方