1. TOP
  2. 結婚式のためにお金を借りることができるブライダルローンとは?

結婚式のためにお金を借りることができるブライダルローンとは?

お金を借りる
  19 Views

結婚式のために多額のお金が掛かるということは多くの人が知っていることと思われますが、ブライダルローンと言われる結婚式のためにお金を借りられるサービスが存在することはご存知でしょうか。本稿では、ブライダルローンや結婚式でお金を借りるための方法について説明します。

Sponsored Link

なぜブライダルローンが必要なのか

©peach100

かなりのお金を必要とする結婚式

結婚式はかなりのお金を必要とします。

結婚式を挙げるための会場を用意すること自体は数十万円程度で済むのですが、ウエディングドレスなどの衣装代や、来てくれる人のために用意する食事や引出物などでお金がかさんでいき、平均すると300万円を超えるほどになってくるのです。

結婚式の前にも婚約指輪などでお金を使用することになるため、実質的な負担はそれ以上になります。ただでさえも数百万円の資金が必要になる中で、一度の晴れ舞台ということで妥協せずにお金をかけていくと、ご両親や知り合いの方の祝儀を合わせても足りないくらいの規模になってしまうのです。

ブライダルローンは目的ローンの一部

「もっと結婚式のための費用が必要だ」という人に、ブライダルローンは強い味方になってくれます。

ブライダルローンは銀行、クレジットカード会社などで取り扱っている場合があり、決まった用途のみにお金を使用することを許される目的ローンです。そのため、結婚式に関連しないところにお金を使用することはできないので注意しておきましょう。

また、ブライダルローンと銘打っていないフリーローンや目的ローンの中にも、結婚の費用を捻出するために利用できるものがあります。それらも実質的にブライダルローンとして活用することができます。

金利の低さが一番の魅力

ブライダルローン及びフリーローンの金利に関しては、取り扱っているところによって細かく異なってきます。中には10%を切っているところもあるなど、金利の低さが大きな魅力になります。

また、上限金利が低めになっていることも見逃せません。基本的にローンは融資額が少ないほど上限に近い金利が適用されますので、上限金利で融資を受けた場合のシュミレーションをする必要があります。その中でも「一番高い金利でもお得に利用できる」ブライダルローンは、利用しやすいと言えるでしょう。

ただし、地方銀行などのローンでは営業区域外に住んでいると利用できない場合がありますし、審査が厳しいということもあります。自分が利用することのできるローンなのかということについても、調べておかなければなりません。

ブライダルローン申し込みの流れ

©peach100

まずは申し込みのために必要な書類を用意

ブライダルローンの融資を受けるための流れについて説明します。どのようなローンであっても申し込みが必要になるのですが、申込書に加えて運転免許証やマイナンバーカードといった本人確認書類なども必要になりますから用意しておきましょう。

次に必要なのは年収を証明する書類です。ブライダルローンはある程度お金を借りることになりますから、給与明細書や源泉徴収票を提示して自分の年収をしっかりと証明する必要があります。

また、フリーローンや目的ローンの場合は、きちんとどのような用途でお金を使用するのかについても記載しておかなければなりません。借りてから契約違反と見られるような行動はとらないようにしましょう。

申請後は審査を待つ

申請後は実際にブライダルローンを利用できるのか審査されることになりますので、その結果を待つ必要があります。審査の内容は提示された書類に関して不備がないか、申込者に事故情報がないかということの調査がほとんどです。

例えば過去に借金を滞納していたことがあった場合、信用情報機関にその情報が載ってしまう(事故情報・ブラックリストとも言われる)ので、かなりのマイナスポイントになってしまいます。

信用情報機関に事故情報が載る期間はケースによって異なりますが、ローン契約ができないだけでなくクレジットカードの契約などにも悪影響を及ぼします。黙っていると婚約者側からの信用も損ねてしまいかねないので、借金の滞納などは絶対にしないようにしましょう。

融資を受けた後は返済をしっかりと行おう

審査に通ると実際に融資を受けることができるので、そのお金を結婚式の費用に充てることができます。しかし、ブライダルローンは結婚式を無事終えれば終わりというわけではありません。返済が始まることによって、ここからが始まりとも言えます。

低金利で分割返済もできるとはいえ、借りた以上のお金を返済しなければならないので、無計画に多額の融資を受けると大変なことになってしまいます。行きあたりばったりで融資を受けるのではなく、事前にローンシュミレーションを行いましょう。自分たちでも返済することができると判断しただけのお金を借りるのがベストです。

ブライダルローンの問題点

©peach100

実際に融資を受けるまでに数週間を要する

ここからは、ブライダルローンの問題点や注意点について説明していきます。

最初の問題点は、融資を受けるまでには2週間程度の期間を要することです。結婚式のためにお金をどんどんつぎ込んでいった結果、結婚式の目前にしてお金が足りないと認識する場合もあります。しかし、結婚式の前までにお金を用意しておかなければ使うこともできません。その場合は、ブライダルローンを利用するのが困難になります。

目前にしてお金が必要になった場合、使用目的は問わずすぐに借りられる消費者金融のカードローンが選択肢になります。しかし、こちらは金利がブライダルローンに比べてかなり高くなってしまうので、より慎重な選択が求められます。

使用用途が明確に定められている

前述でも触れましたが、ブライダルローンは結婚式のためだけに使用することを義務付けられています。新婚旅行のような結婚式に関連するイベントに関しては利用ができるところも多いですが、結婚後の生活費や家のローンとなると話は変わってくるので注意しましょう。

住宅や生活費のためのローンはそれに応じた目的ローンやフリーローンを組む必要がありますので、結婚後の生活も考えている方は他のローンについて調べてみても良いかもしれません。

ただし、ローンの掛け持ちが審査に悪影響を及ぼしたり、借金がかさんでどんどん苦しくなる危険性もあるので注意が必要です。

借りるためにはそれなりの年収が必要

ブライダルローンを利用するためには、それなりの年収が必要となります。明確にどれだけの年収が必要か定められているところもありますので、実際にホームページで確認しておくといいです。

また、ブライダルローンの中には条件に「継続して安定した収入」という言葉を用いているところもあります。この言葉はカードローンの条件にもよく用いられ、パート・アルバイトの方の収入でも該当するとされています。

しかし、ブライダルローンに求められる「継続して安定した収入」は、カードローン契約とは明確に違う可能性も十分にあります。「継続して安定した収入」とあっても、安易にフリーターでも大丈夫と思わない方が良いでしょう。

まとめ

昨今は何事においてもコストパフォーマンスを重視する傾向が見られます。しかし、結婚式は人生において最も重要なイベントです。それだけにある程度のお金をかけてでも、最高の演出を行って思い出を長きに渡って残していきたいものです。ブライダルローンは、そのような結婚式にどこまでもこだわっていきたいと考えている人に寄り添ってくれるプランであり、最高の思い出を残すお手伝いをしてくれる存在と言えるでしょう。

もちろん、結婚式が最高の思い出になるかは本人次第ということもあります。「自分たちのとって最高の結婚式はどんなものなのか」についてを考えて、お金をどこにかけていくかを決めれば良いでしょう。 

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

ブレスオブ

ブレスオブ

学生時代にアルバイトをするため初めて自分の銀行口座を作成して以降、自分でお金を稼いで管理することの大切さと大変さを強く実感しました。
買い物をする際はお得にできるようにまずリサーチする、仕事をしている今もこれを徹底する毎日です。

関連記事

  • キャッシングのおすすめはどこ?ニーズ別のイチオシをご紹介

  • 【専業主婦の悩みを解決!】お金を借りるための選択肢と方法

  • 【今!すぐに借りたい!】急いで借りたい時には収入証明書不要のカードローン

  • 帰りの交通費がない!警察にお金を借りる事はできるのか?

  • 他社からの借り入れを一本化するのにおすすめのカードローンは?

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」について解説!