1. TOP
  2. 【お小遣い稼ぎ】乗らない時だけ!自動車貸出のすすめ

【お小遣い稼ぎ】乗らない時だけ!自動車貸出のすすめ

お金を増やす
  37 Views

毎月かかる出費。その中に自動車の維持費があります。自動車は便利ですが、何かとお金がかかります。毎月のガソリン代から始まり、保険代に車検代、場合によっては駐車場代もかかります。毎月の出費を少しでも抑えたいと考える人にとっては、どうにかしたいと思う項目でしょう。

もし、そんな自動車を使ってお小遣いを稼げるとしたらどうですか。今までは、出費の種でしかなかったものが、収入を生み出す。今回は、自動車を使ってお小遣いをゲットする方法を紹介します。

あなたの自動車がお小遣いを稼いでくれる?

ⓒbeeboys

維持費がかかるだけで終わらせますか?

家計の見直しをする際に、よく改善ポイントに挙げられるのが自動車関連の項目です。しかし、自動車はとても便利なものですから手放せない人は多いもの。そんな人にとって、自動車の維持費は必要なお金だと納得するしかありません。

東京都内であれば、自動車がなくてもそれ程の不便を感じる事はないかもしれませんが、郊外に住んでいる人には自動車の必要度は高まります。多くの人にとって出費ばかりの自動車ですが、実はこの自動車を使ってお小遣いをゲットできる方法がある事をご存知ですか?そして、それは自動車を持っている人ならば誰でも簡単に出来るのです。

家計の改善は、何も出費を抑える事だけではありません。収入を増やしていくという方法もあるのです。せっかく、自動車を持っているのであれば、維持費がかかるだけで終わらせてはもったいないです!

カーシェアリングとは

それでは、自動車を使ってどのようにお小遣いをゲットするのでしょうか。それを説明する前に、まずは「カーシェアリング」について説明しましょう。

カーシェアリングという言葉を聞いたことがありますか?カーシェアリングとは、レンタカーを扱っている会社のサービスで、登録を行った会員が一台の自動車を共同で使用するというもの。レンタカーよりも短い時間で使用できるというのが特徴です。また、24時間いつでも使用できるというのも大きな特徴となっています。レンタカーよりも便利で、自動車を所有するよりもコスパが優れている事で人気を集めています。

しかし、近年ではカーシェアリングに対する考え方に変化が見られるようになりました。今までは、会社が所有する自動車を複数の人と共同で使用するという風に考えられていましたが、最近では自動車を貸したい人と、借りたい人をマッチングしてくれるサービスに変化してきています。

カーシェアリングでお小遣い稼ぎ?

時代と共に変化したカーシェアリング。この制度を上手に利用してお小遣いを稼ぐ事が出来るのです。 システムを説明すると、まずカーシェアリングを取り扱っている会社に、車種や貸出条件、時間などの詳細を事前に登録しておいて、それを見た車を借りたい人からの連絡を待ちます。

自動車を持っていれば、誰でも今すぐに始めることができます。貸出される頻度は地域によって差はありますが、東京都内であればそれなりのお小遣いを手に入れる事が期待できるでしょう。自動車にかかる維持費を少しでも補う事が出来るのであれば、考えてみる価値はあると思いませんか?

次章では、自動車貸出に興味を持った人が始める前に知っておきたい、気になるいくつかの疑問点についてお答えしていきます。

自動車貸出の気になるあれこれ

ⓒjamesteohart

初期費用や登録料はいくらかかる?

実際に自動車貸出サービスを利用してみようと考えた時に、最初に気になるのが初期費用や登録料がいくらかかるのかという事でしょう。ほとんどの貸出サービスを行っている会社では登録料は必要ありません。また、年会費や月会費も必要ないのです。

料金は実際に自動車を貸出した時だけ。貸出が成約して、実際にお金が振り込まれた時に、手数料として成約料金が何%か(10%~20%が多いようです)引かれて報酬を受け取る事になります。貸出が成立しない限り、料金は発生しません。つまり、お金に関するリスクはほとんど存在しないのです。

登録するのに必要になるのは、氏名・住所・電話番号といった個人情報と貸出す自動車の車検証の画像、その自動車の画像だけです。難しい手続きは必要ありません。

レンタル料はいくら?

次に気になるのが、自動車をいくらで貸出す事が出来るのか?という事です。貸出し料金は、ある程度自分で自由に設定できますが、上限は設定されています。各自動車によっても上限に違いがあります。

上限はどのようにして決められるのでしょうか?それには、自動車を貸し借りする際の契約が関係してきます。自動車を貸し借りする際には、共同使用という形態を使用しています。共同使用とは、一台の自動車を複数の人たちで使用するという形態です。その為、自動車使用にかかる費用は共同使用する人たちで、比例配分を行わなければいけません。つまり、自動車維持に必要な金額以上の使用料を設定する事は出来ないのです。簡単に説明すると、必要となる維持費以上の金額には設定できないという事です。

では、どうすればその上限知る事が出来るのでしょう?それは、利用する会社が判断してくれます。登録時に購入金額や走行距離、年間にかかる維持費を申告すると上限金額が算出されます。

万が一、事故が起こった時は?

そして、最も気になるのが万が一事故を起こしてしまった時にどうなるのか?という事です。自動車は便利な反面、危険もあります。気を付けて運転していても、避けようがない事故は想定しておかなければいけません。その時の為にどのようにして備えればいいのでしょう。

基本的には、どの会社も保険の加入が義務付けられています。最近では保険の種類も多岐にわたり、一日限定の自動車保険などもあります。利用者は保険加入が義務付けられているので、とりあえずは安心できるといっていいでしょう。

気になる保険の中身ですが、対人賠償、対物賠償は共に無制限、車両保証が300万円までといったものが多いようです。この条件を見れば、保険の内容としては充分だと言えます。気になる方は、登録する前に保険の内容をしっかりとチェックしておいてください。

自動車貸出の基本的な流れ

ⓒk_yu

登録から貸出まで

それでは、実際に自動車を貸出すまでの流れを見ていきましょう。まずは、自動車の貸出を行っている会社への登録を済ませます。「カフォレ」などが有名です。

登録時に必要となるのは、登録情報と車検証の画像、それと自動車の画像になります。登録情報には、氏名・住所・電話番号の他に自動車の情報も必要になります。購入価格・走行距離・年間の維持費などです。この自動車情報をもとに貸出料金の上限が決められます。

続いて、貸出上限をもとにして貸出価格や貸出条件を設定します。その後、借りたい人からコンタクトがきて、条件面が合えば取引が成立します。取引成立後は、決められた場所まで出向き、実際に自動車を貸出します。料金の受け渡しは、間に入る会社が管理してくれます。多くの場合、貸出した翌月末に手数料を引いた金額が振り込まれるようになっています。

貸出パターン1

ここからは、どのような人が自動車貸出に向いているのかを紹介したいと思います。

通勤には電車を使用して、休みの日だけ自動車に乗る事が多い週末ドライバーの方は自動車貸出サービスを利用する事をお勧めします。平日は自動車を乗る事がないので、その間に自動車を貸出して、お小遣いを稼ぐのです。家の車庫で停まっているだけでは、維持費がかかるだけです。自動車を賢く貸出す事によって、維持費を少しでも稼ぐ事が出来るので、家計の改善につながります。

それまでは、固定費として出費だけだった項目が、貸出して利益を手にする事によって、収益の分野にも登場するようになります。平日に自動車を利用する機会がないのであれば、登録しておく事を強くお勧めします。

貸出パターン2

最近では、一家で二台以上の自動車を保有する人も増えてきています。共働きの場合、平日はお互いの自動車で職場まで行って、週末や休日には一台の自動車で出かける。このようなパターンも多いのでは?

自動車が二台あれば、週末や休日には一台の自動車は自宅に停まっているだけで、何の収益も生みません。それならば、週末と休日だけでもその余った一台を貸出せばいいのです。週末や休日は、平日に比べて需要が多い事が予想されますので、収益につながる可能性も高くなります。

自動車を貸出すのに、登録料や年会費は必要ないので、週末だけの利用でも気軽に登録できます。週に一度でも自動車を貸出す事が出来れば、一回の貸出料金が4,000円だとしても月に4回で16,000円の収入になります。家計を見直す際には、自動車を貸出すという選択肢についても考えてみるといいでしょう。

まとめ

自動車を持っていれば、誰でも自動車を貸出してお小遣い稼ぎが出来ます。初期費用や年会費なども必要ありませんので、少しでも興味のある方は、ぜひ一度登録してみることをお勧めします。

駐車場に停まっているだけなのであれば、少しでも収入があるかもしれない状態にしておきたいと思いませんか?せっかくチャンスがあるのに、見過ごすのはもったいない。自動車貸出を賢く利用することで、少しでも自動車の維持費の軽減にお役立て下さい。

ライター紹介 ライター一覧

ギザ10の神様

ギザ10の神様

香川県でデザイナー兼ライターをしています。
言葉を知れば知るほど、言葉の難しさに頭を悩ませ、それと同時に言葉の素晴らしさと大切さも日々実感しています。
言葉の重さを忘れることなく、常に読み手を意識した文章を作成していきたいと思っています。

関連記事

  • 投資初心者なら少額から!投資信託の魅力と始める前に知っておきたいその仕組み

  • 【30代から始めてほしい!】老後の資金作りには積立貯金

  • 【FX初心者】資金が少なくてもはじめられる?低資金のFXのノウハウ

  • 【必ずお金を増やす方法!】ノーリスクで安全なお金の増やし方

  • 【FX】初心者でも失敗しない!売り買いタイミングのコツとは?

  • 【FXで資産運用】初心者が失敗しやすいFXの落とし穴を徹底公開!