1. TOP
  2. 止むを得ない事情は誰でもある!初心者が知りたい申し込みから審査・借入れまで

止むを得ない事情は誰でもある!初心者が知りたい申し込みから審査・借入れまで

お金を借りる
  42 Views

家庭の事情で急に現金が必要になったり、知人のお祝い事が集中したりと、人生には思いがけない出費がかさむ場合もあります。できれば借金に縁のない生活を送りたいものですが、ほんの少しお金が借りられればずいぶん楽になる、そんなときに便利なのがキャッシングです。 広告では良く目にするけれど実際に自分が借りるとなると、不安になるという人も多いでしょう。初めてのキャッシングに際して、知っておきたいポイントを見ていきましょう。

Sponsored Link

キャッシングについての基礎知識

ⓒone

キャッシングの種類には何がある?

お金を借りる、というと即「消費者金融」という言葉が思い浮かびますが、キャッシングにはその他にも、銀行のカードローンやクレジットカードのキャッシング機能を利用する方法があります。 消費者金融は貸金に特化した業者を指し、アコム、レイク、プロミスなどが大手としておなじみです。初めての借り入れについては、30日程度の無金利サービス期間を設けている業者も多く、条件次第ではお得に利用ができます。 銀行カードローンは個人を対象とした無担保融資商品で、最近では消費者金融と同じく身近な存在となってきました。消費者金融よりも審査はやや厳しくなりますが、金利が安いので安心して利用ができます。 クレジットカードにはキャッシング機能が付帯するものが多く、先の2つの方法と比べると申込みや審査が不要でもっとも手軽です。

借りられる額ってどのくらい?

個人が業者に借り入れできる金額は、審査結果から決定します。収入や過去の個人信用情報から判断され、返済能力に見合った金額が設定されます。一般的には消費者金融の借り入れ限度額は1~500万円、銀行カードローンでは10~1,000万円台まであります。専業主婦や学生でも借り入れができる商品もありますが、その場合には50万円程度までを限度としています。 また消費者金融とクレジットカードのキャッシングでは、総量規制というルールにより、収入に対しての制限が設けられています。基本的には、税込収入の1/3を超えての借り入れができません。これは1社当たりではなく、すべての借入額の合計を指します。 銀行カードローンは総量規制の対象ではないため、収入による制限はありません。いずれのキャッシングについても、貸付ける側は利用者の個人信用や過去の履歴から、返済能力を判断します。もちろん状況によっては、審査が通らず1円も借りることができないというケースもあります。

金利と返済期間の関係

借り入れをする際に、必ずチェックしなければならないのが金利です。消費者金融やクレジットカードキャッシングは、比較的気軽に借りられる一方で金利が高く、平均的には18%程度と考えて良いでしょう。銀行カードローンは10~14%が中間で、中にはひと桁の超低金利商品も見られます。 元金に対して金利が高率なほど、返済額合計が大きくなります。また返済期間が長引き、利息総額が増えるので、それだけ損をします。初めてのキャッシングの場合にはイメージをつかむためにも、各業者がサイト上で提供している返済シミュレーションを試してみると良いでしょう。必ずしも現実と一致するわけではありませんが、金利から商品を選択する目安になります。 30日以内に給料が出る、などごく短期の借入をしたい場合には、無金利期間サービスを提供しているところをチェックしてみてください。金利が高くても問題ないので、借り入れる業者の選択肢が広がります。

キャッシング申込みから融資までの流れ

ⓒsunabesyou

申込みの種類には何がある?

キャッシングの申込方法は、各業者によって異なりますが、一般的には次のようなものがあります。 ・インターネット ・自動契約機 ・店頭窓口 ・電話 ・郵送

このうち即日融資の可能性があるのは、自動契約機、店頭窓口です。最短の方法として各社が推奨するのは、インターネットで事前申込みから審査結果通知までを行い、自動契約機や窓口で正式な契約を行うという方法です。即日審査・即日融資が可能で、申込んだその日のうちにお金を手に入れられます。 クレジットカードの場合、申込みの時点でキャッシング枠が設定されていれば、その範囲内での借り入れがすぐにできます。クレジットカードの取得から始める場合は、消費者金融や銀行カードローン以上に時間がかかるので、金利面からみてもメリットはありません。

申込み時に準備しておくものは?

申込みの書類や画面で、記入する内容を確認しておきましょう。業者によって多少の差はありますが、一般的な申告内容は次の通りです。
・氏名
・生年月日
・性別(独身・既婚)
・メールアドレス

・住所、電話番号
・住居情報
・家賃
・住宅ローンの負担の有無
・家族人数
・勤務先名、勤務先住所
・勤続年数、勤務形態
・年収
・他社借入状況
・希望限度額

借り入れ審査に際して、もっとも大切なのは他での借金の有無です。ローンや他社借入の情報は虚偽記載をしても、信用機関への照会ですぐにわかります。間違いのないよう記載するのを心がけてください。

次に申込みで必要となる書類を見ておきましょう。 本人確認書類としては、次にあげる書類のいずれかを提示する必要があります。
・運転免許証
・運転経歴証明書
・各種保険証
・住民基本台帳カード
・パスポート
・在籍カード(外国人)
・公的証明書類(顔写真つき)
・個人番号カード

また、消費者金融への申込みで、希望する額によっては収入証明書の提出が必要となります。次の条件は、アコムの例です。
・50万円以上の利用を希望する場合
・アコムと他社からの借入の合計額が100万円を超える場合
・収入証明書を提出してから3年以上経過している場合

収入証明書として利用できる書類には、次のようなものが挙げられます。
・源泉徴収票

・住民税決定通知書
・確定申告書
・所得証明書
・給与明細書
必要書類に関しては、各業者でも異なります。事前に確認をしておくと安心です。

申込みについての注意点

最近では消費者金融・銀行カードローンともに、インターネット上から24時間申込み受付を行っています。パソコン以外でもスマートフォン、携帯電話、タブレットなどの端末でも申込みができます。また、会社やインターネットカフェなどの端末からも申込みはできますが、審査結果通知連絡は、自宅電話か自分の携帯電話で受けなければなりません。 また申込む時間帯によっては、審査が翌日となる場合があります。 自動契約機、店頭窓口の場合は、営業時間が各社異なるので事前の確認が必要です。 電話で申込みを受付けしている業者もあります。この場合は、本人確認書類の郵送などで時間のロスがあるため、他の申込方法よりも融資までに期間が必要となります。 インターネット、電話、郵送での申込みの場合、契約締結後、関連書類が自宅に郵送されます。キャッシングやカードローンについての書類を送って欲しくない場合には、自動契約機、店頭窓口による申込みをおすすめします。

キャッシングについての疑問や不安あれこれ

ⓒk_yu

誰にも知られずにキャッシングは可能?

申込みから契約、融資の流れの中で他人に知られるとすれば、審査の段階、書類の郵送です。 基本的にはキャッシングの申込みを行うと、職場に在籍確認の電話があります。申込者がその企業に在籍しているのかを確かめるためですが、連絡者が企業名を名乗ることはありません。どうしても会社に電話をかけられると困る場合には、コールセンターなどで事情説明すれば、在籍を証明できる書類の提出などで済ませられることもあります。 無事に契約が締結すると、契約に関する書類が自宅に郵送されます。家族に知られたくないという場合には、直接書類を受け取れる手段を選択します。自動契約機か店頭窓口への申込みであれば、書類の郵送が行われずに済みます。 この他に、都度「ご利用の確認ハガキ」などが送付される場合もあります。インターネット上からの確認に切り替えられたり、送付を止めたり出来るところが多いので、申込みの際に確認をしておくと良いでしょう。

最短で借りられる方法ってある?

最短のキャッシングは、クレジットカードのキャッシング機能を利用する方法です。すでに手元にあるクレジットカードを使えば、申込み・審査といった手間をかけずに借り入れをすることができます。クレジットカードのキャッシングは、先にあげた総量規制の対象となります。 また、クレジットカードのショッピング利用枠の一部に含まれているため、利用できる額は低く抑えられています。100万円の利用限度枠で、キャッシング枠が30万円程度というのは珍しくありません。この場合でも、ショッピング利用がすでに80万円あれば、キャッシングできるのは20万円までとなります。 新たにキャッシングをする場合、最速の融資を受ける方法としては、インターネットと自動契約機の組み合わせです。インターネット画面で申込みを行い、審査の結果を受け取った直後に自動契約機で契約手続きを行えば、即日融資が可能です。店頭窓口でも即日融資は可能ですが、審査段階まで自宅で完了できるので、よりスピーディーに現金が手に入ります。

キャッシングに怖い取り立てはある?

違法性の高いいわゆるヤミ金融でなければ、催促の電話はあっても取り立てはありません。一般的な貸金業者は、貸金業規制法に従って運営を行っています。この法律では、取立て行為の規制が定められており、これに違反すると貸金業免許を取り消される場合もあります。 ドラマや小説の「高利貸し」のイメージが強く、キャッシングにあまり良い印象がもたれていないのも、この取り立てへの不安があるからでしょう。消費者金融もれっきとした合法の企業です。ヤクザまがいの強引な取り立てを行っていれば、今の世の中で放置されるはずもありません。 少なくともTVCMをしているような貸金業者では、取り立てを一切していないのが真実です。 現在の法律は、お金を借りる個人を保護するものです。仮に返済に困るようなことが起こったとしても、救済があり、取り立てに悩まされるような状態にはなりません。

まとめ

キャッシングと呼び方は変わっても、結局は借金であることに違いはありません。しかし、かつてのどことなく後ろめたいイメージとは違い、現在のキャッシングは正しく利用すれば決して恐ろしいものではありません。それでもキャッシングについての知識もなく、いきなり目についた業者を利用するのは考えものです。 お金の申込みをする際には、その業者から借りるのが適当かどうか、他にもっと有利な業者がないかなどを吟味してから実行することが大切です。安全に借り入れ、確実に返済をする。それがキャッシングの原則です。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

mar

mar

50代女性。
パソコン講師、web企画・制作、クラッシックアーティスト事務所サブマネージャー、経済データベース講師、求職者支援訓練講師など多彩な業務に従事。
介護のため退職し現在は在宅ライター・心理学系セミナー講師をしながら、インコとイヌをお供に暮らしています。ビジネス系・転職系の記事が得意です。

関連記事

  • アルバイト代だけでは足りない!お金を上手に借りる方法とは?

  • 子どもの眼鏡に保険適用?助成金の詳細とその申請方法

  • 高額の借入審査に【確実に】通るヒケツ教えます

  • 【本気の借金返済】おまとめローンの審査は甘いか徹底検証

  • 派遣社員はカードローンを利用できるか?在籍確認の不安もなくす方法を紹介します!

  • 事業性資金の借入れに迷ったらココ!おすすめビジネスローン6選