1. TOP
  2. キャッシングのおすすめはどこ?ニーズ別のイチオシをご紹介

キャッシングのおすすめはどこ?ニーズ別のイチオシをご紹介

お金を借りる
  35 Views

給料日前なのに、急な出費でお金がなくてキャッシングを考えていませんか?キャッシングの利用を考える時は、今すぐお金が必要になっている場合が多いものです。

今回は、可能な限り早くキャッシングができるおすすめのカードローンをご紹介します。低金利にこだわりたい方におすすめのカードローンも紹介いたしますので、シーン別にうまく使い分けてくださいね。

Sponsored Link

自分の使い方で選ぶキャッシング

©takeke

早くお金が必要な場合は「即日借入」を選択

キャッシングを利用する場合、一番多く考えられる利用シーンは「今すぐ必要」という場合でしょう。1万円、2万円程度の少額借り入れを即実行したいなら、消費者金融系のカードローンがおすすめです。

また、お金を借りようとしているタイミングが平日なら、自分自身がすでに使っている銀行のカードローンがすぐ使えないのかを調べてみましょう。楽天銀行のように、口座があれば、24時間いつでもキャッシング可能、という金融機関も存在します。

即日借入をうたって入れるカードローンはたくさんありますが、「最短当日」という書き方をしているカードローンは、当日中にならない場合もあると認識しておいた方がいいでしょう。実際に当日中に借り入れが完了するかどうかの見極めは、申し込みのタイムリミットを明示しているかどうかで判断してください。

超短期融資が必要な場合は無利息期間に注目

その場をしのぐためのキャッシングをお考えの場合で、毎月きちんと給与収入がある方は、給料が入り次第返済可能です。このような場合は、借り入れ後に無利息期間を設けているカードローンに注目してください。

無利息期間を設けているカードローンは消費者金融系に多く、カードローンによってその期間の長短がありますが、多くは借り入れ翌日から30日間を無利息期間としています。

無利息期間を併せて60日以内にキャッシングしたお金を返す目途が立つようなら、たいていの場合低金利の銀行系よりも消費者金融系のカードローンの方が、総返済額が少なくて済むでしょう。後ほど、無利息期間のあるおすすめのカードローンをご紹介しますね。

低金利・長期間借り入れの場合は銀行系

キャッシングのスピードよりも、低金利であることを優先したい場合や、返済に1ヵ月以上かかる見込みの場合は、消費者金融系のカードローンよりも銀行系や信販系のカードローンの方が適しています。

低金利ということなら銀行系のカードローンがおすすめですが、審査が厳しいところも少なくないため、信販系で金利の安いカードローンを選択するのもひとつの手です。

また、いくら低金利でも、ATMを利用する際にかかる手数料が多いと結局キャッシングにかかる必要経費が多くなり負担となる懸念があります。低金利であるだけでなく、手数料無料で利用できるATMが多いことも、キャッシングするカードローンを選択する際に考慮するポイントです。

すぐ借りたい&すぐに返す場合におすすめのキャッシング

©one

プロミスは即日借入ができて30日間無利息期間あり

すぐに借りたい+借り入れから60日以内に返す目途がある場合、まずおすすめしたいカードローンは消費者金融系のプロミスです。

プロミスは、お金を実際に借り入れた翌日から30日間は無利息期間がある上、即日借入に力を入れている点がおすすめするポイントになります。

即日借入については、Web申し込みを平日14:00までに完了させれば、指定した銀行に即日借り入れたお金ば振り込まれます。また三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合は、平日・休日関係なく24時間受付で、審査終了後すぐに振り込まれる「瞬フリ」サービスが利用可能です。

無料で利用できるATMの数も多く、ローソンやセブンイレブン、三井住友銀行のATMが手数料無料で利用できます。これから何度もお世話になる可能性があるのなら、ATM手数料の面でも有利なプロミスがイチオシのカードローンです。

アコムも即日借入&30日間無利息期間あり

プロミスと同様、アコムも即日借入が可能で、30日間無利息期間があります。アコムの場合、無利息期間は、「契約日」から30日間になりますので、カードだけ作成して実際の借り入れが遅くなると、その分無利息期間が減っていく点に注意してください。その点に気を付けていれば、プロミスとそん色ないメリットを享受できます。

また、アコムも基本的に14:00までに申し込みを完了すると、即日借入が可能です。楽天銀行の口座を持っている場合は、24時間いつでも申し込み・即日借り入れできます。また、無人契約機「むじんくん」が近くにあるのなら、インターネットで事前に申し込みして、審査の連絡を受ける、という事前準備をしておくことで、むじんくんからすぐにカード発行・その日から借り入れが可能です。

アコムの場合、プロミスよりも若干残念な点が、コンビニなどの提携ATMを利用する際、手数料が発生する点です。インターネット返済なら手数料が0円ですが、提携先金融機関が限られているため、自分使っているメインバンク(インターネットバンキングまで契約済)にアコムが対応しているかどうかは確認しておきましょう。

都市銀行で言えば、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行、りそな銀行、楽天銀行が提携しており、その他地方の銀行・信用組合・信用金庫が提携先になっています。(参考URL:アコム

ノーローンは無利息期間1週間だが何度でも使える

3つめにご紹介するカードローンは、ノーローンです。ノーローンは、プロミスやアコムのように、初回借入時の30日間無利息期間ではなく、新規借り入れの度に1週間無利息期間がある、という超短期借り入れに向いた無利息期間を採用しています。

前に借りたお金を完済していることが条件で、完済日の翌月以降、借り入れをした場合も1週間の無利息期間がつく、という形です。給料日前に少し足りない分を補てんしたい、という場合に利用したい人なら、プロミスやアコムよりもお得感があるのではないでしょうか。

即日借り入れに関しては、インターネットまたは電話での申し込みを平日12:30までに完了させることが条件です。ただし、楽天銀行に口座がある場合は、平日17:00までの申し込みまで当日振り込みができます。

返済時や再借り入れは、インターネットのリアルタイム返済を利用すると手数料無料です。提携先のATMは手数料がかかりますので、極力使用しない方がいいでしょう。インターネットのリアルタイム返済の提携先は、三井住友銀行をはじめとして、ゆうちょ銀行・りそな銀行・楽天銀行、その他地方の金融機関ですので、こちらを利用して返済していけば、手数料が負担になりませんよ。(参照:新生銀行ローン「NO LOAN」

低金利キャッシングが可能な銀行系カードローン

©one

既にある銀行口座のキャッシングが使えないか確認

低金利の銀行系カードローンは、利用できればそれに越したことはないのですが、一般的に消費者金融系のカードローンよりも審査が厳しい傾向があります。新規にこれまで付き合いのなかった銀行のカードローンを申し込むよりも、まず自分がすでに持っている銀行のキャッシュカードに、キャッシング機能をつけられないか確認してみましょう。

一番よく使っている銀行ですから、当然ATMもいつも使っているところで大丈夫な点も魅力です。おすすめの銀行系カードローンと同列に並べて、ご自身のメインバンクが提供しているカードローンも比較した上で、キャッシングをするカードローンを決定することをおすすめします。

みずほ銀行 カードローン

銀行系で低金利のカードローンとして、一番に名前が挙がる銀行がみずほ銀行です。2.0%〜14.0%の金利は、他と比べても突出して低く魅力的なのではないでしょうか。

既にみずほ銀行の口座を持っている場合は、迅速な手続きも可能ですが、口座がない場合も、口座開設と掃除手続きできます。また、みずほ銀行は、提携先のコンビニATMの利用手数料が月4回までは無料ですので、ATMの利用手数料を節約したい方にもおすすめです。

消費者金融系のカードローンのように無利息期間というものはありませんので、短期的なキャッシングよりも、長期的に利用する可能性が高い場合に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

楽天銀行 スーパーローン

楽天銀行のスーパーローンは、4.9%~14.5%という、銀行系カードローンとして平均的な金利でのローンを提供しています。楽天銀行のおすすめ理由は、ネット系銀行ならではのスピーディーな審査と、アルバイトやパートなど、安定していても年収が200万円に満たず、他の銀行系カードローンを審査通過が難しい方でも申し込みが可能な点です。

専業主婦の方も、利用限度額が50万円までではありますが、配偶者に安定した収入があれば利用が認められるという点も評価できます。

また、提携先のATM利用料が無料になるところが多い点も楽天銀行の魅力です。ローソンやセブンイレブンなどのコンビニATM、イオン銀行などが手数料無料ですので使い勝手は抜群ではないでしょうか。

まとめ

キャッシングにおすすめのカードローンを、利用シーン別にご紹介しました。今すぐ借りたいというニーズが強い場合や、60日以内の短期融資を希望する場合は消費者金融系のカードローンがおすすめです。低金利にこだわるなら、ATMの手数料にも気をつけながら、銀行系のカードローンを選ぶと満足度が高いでしょう。

自分のキャッシングスタイルがどれに当てはまるのかよく検討してから、具体的なキャッシング先を選択してください。また、自分がすでに利用している銀行の口座があるなら、その銀行が用意しているカードローンも、申し込み先の候補として一緒に検討することをおすすめします。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

carawaygreen

carawaygreen

メーカー系SIerにて20年間PG・SEとして働いた後、しばらくのブランクを経てフリーランスのライターになる。
旅と猫と写真が好きな、どこにでもいる関西のおばちゃん。
ライター名は高橋源一郎のデビュー作「さようなら、ギャングたち」より。近頃は教科書に載ることもあるらしく、時代の流れを感じる。

関連記事

  • 【個人事業主の悩みの種を解決】借入金を上手に減らす方法とは?

  • 横浜銀行カードローンは地域密着と巨額融資がポイント

  • 今すぐお金を借りたい!来店不要の即日融資が可能な消費者金融

  • 新生銀行カードローン「レイク」とは?申し込み方法や魅力を紹介

  • お金を借りる17つの方法|あなたのスタイルに合ったお金の借り方が必ず見つかります!

  • 市役所なら低金利でお金を借りる事ができる?