1. TOP
  2. お金で悩まない!安心して大学で学ぶ為にお金を借りる方法とは?

お金で悩まない!安心して大学で学ぶ為にお金を借りる方法とは?

お金を借りる
  14 Views

大学で学ぶ為には、入学金や授業料といったお金が必要になります。それは、決して少ない金額ではありません。せっかく、大学に受かっても、お金の問題が重くのしかかって素直に喜べないという事があるかもしれません。しかし、それでは大学で安心して学ぶ事はできないでしょう。今回は、大学進学の際に必要となるお金の借り方と、選択肢について紹介させていただきます。

奨学金制度を利用する

ⓒNomad_Soul

奨学金とは

入学金や授業料を借り入れる為には、大きく分けて2つの方法があります。それが、奨学金と国の教育ローンです。どちらもお金を借りるという点では同じです。では、この2つの違いが分かりますか?

奨学金とは、進学に必要となる学費や生活費といったお金を支援してくれる制度の事です。奨学金には、利息が必要なものと、利息が必要ないものが存在します。また、支援してくれる金額や申し込み資格などは、それぞれの団体によって決められているので、一定の基準というものは存在しません。

日本学生支援機構とは?

奨学金として有名で利用者が多いのが、日本学生支援機構です。日本学生支援機構は文部科学省所管の行政法人で2004年に設立されました。日本学生支援機構の奨学金には、いくつかの選択肢があります。

  • 第一種奨学金
  • 第二種奨学金
  • 入学時特別増額貸与奨学金

以上の3つを併用して利用する事もできるのですが、それぞれに応じて申請する為の条件があるので、それらの条件を満たしておく必要があります。

文部科学省所管で利用者の多さも安心につながるのか、奨学金の利用を考えている人の多くは、まず日本学生支援機構について調べるようです。

3つの選択肢とは

先程、ご紹介させていただいたように、日本学生支援機構には3つの選択肢があります。

そして、それぞれには、以下のような特徴があります。

第一種奨学金とは、無利息の奨学金です。申請する為には、設定されている成績基準を満たしておく必要があります。また、全ての奨学金にいえる事ですが、家庭の収入状況に対する審査が行われます。

第二種奨学金とは、返済時の利息が(最大で3%)必要となります。こちらの奨学金は、成績基準を満たしておくというよりも、家庭の収入が一定の水準より低ければ、誰でも利用できると考えて問題ありません。

入学時特別増額貸与奨学金とは、入学初年度のみ利用できる制度です。こちらは、無利息で上限50万円まで借りる事ができます。入学時特別増額貸与奨学金は、第一種、第二種と違う家庭の収入基準が設定されているので、注意して下さい。

また、奨学金は入学時特別増額貸与奨学金も含めて、入学後の貸付なので受験料や入学金に充てる事は不可能だという事を知っておく必要があります。

教育ローンを利用する

ⓒRawpixel.com

国の教育ローンという選択肢

奨学金と同じぐらい有名なのが、国の教育ローンです。正式な名称は教育一般貸付といいます。

最高で350万円(海外留学資金(条件付)の場合には最大450万円)まで借入が可能となっています。気になる金利は、年利1.8%(固定金利)となっています。

無担保で、尚且つ低い金利で借りられるのが大きな特徴といえます。

国の教育ローンには、成績基準を満たしておくといった条件がないのも奨学金との大きな違いとなっています。

また、もう一つの大きな違いは、奨学金は入学後の貸付となっているのに対して、国の教育ローンの場合だと入学前の貸付が可能という点です。その為、入学費に充てる事が可能になります。

教育ローンを利用する為の条件とは?

国の教育ローンは、多くの人が利用できるようになっています。所得制限は設けられているのですが、その制限は比較的高めに設定されているので、多くの人が利用する事ができます。以下が、その設定金額です。

  • 子供が一人の場合、年収790万円
  • 子供が二人の場合、年収890万円
  • 子供が三人の場合、年収990万円
  • 子供が四人の場合、年収1090万円

しかし、子供が1人と2人の場合にはある一定の条件を満たしていれば、年収990万円までの人が利用できます。その条件とは、海外留学資金である場合などです。また、家族に要介護認定を受けている人がいて、介護費用を負担している場合も同様です。

国の教育ローンと奨学金を併用する事はできるのか?

先程ご紹介させていただいた通り、奨学金の場合には入学後に貸付が行われます。そうなれば、当然入学費に充てる事はできません。一方の国の教育ローンの場合には、入学前に借入れる事ができるので入学費に充てる事が可能となります。

では、この2つを併用する事はできるのでしょうか?つまり、国の教育ローンを入学費に充てて、その後の授業料を奨学金で賄うという方法はできるのでしょうか?答えは「できる」です。この2つを併用する事は可能となっています。その為、上記のように入学費を国の教育ローンで賄って、その後必要となる授業料を奨学金で賄うという選択肢も存在するのです。

知っておくべきその他の選択肢とは?

ⓒJackF

民間の教育ローンも存在する

奨学金や国の教育ローンが利用できない場合にも、他の選択肢が存在します。そのひとつが、民間の教育ローンです。銀行、JA、損保などの金融機関が扱っています。国の教育ローンに比べれば、金利は高めに設定されている事が多いようです。

民間の教育ローンの特徴としては、固定金利にするのか、変動金利にするのか?無担保のものを利用するのか、担保ありのものを利用するのか?といった選択肢が多く用意されている点です。また、借入の上限額が国の教育ローンよりも高めなのも大きな特徴となっています。

自治体や大学などにも奨学金制度が存在する

また、全ての地域や大学に存在するわけではありませんが、一部の地域や大学には独自の奨学金制度を設けている場合もあります。このような制度があるのかどうなのかは、自分で調べるしかありません。お住いの地域に奨学金の制度がないのかを一度確認してみるのも必要な事です。また、進学予定の大学に奨学金制度がある場合もあるので、こちらも受験前に確認しておく事で、今後の選択肢が広がってくるでしょう。

大切なのは、選択肢の数を増やして、その中から自分にとってのベストを探す事です。もしも、分からない事があれば積極的に問い合わせてください。その行動によって、今後の生活が変わってしまうといっても、決して大袈裟ではないのです。

国公立大学授業料免除制度とは?

こちらの制度は、国公立大学限定となりますが、経済的な理由で大学進学が厳しいという状況でも、安心して大学に通えるようにと作られた制度です。定められた選考基準を満たせば、授業料が最大で全額免除となります。

国公立大学であれば、どこでも国公立大学授業料免除制度が用意されているので、国公立大学への進学を考えているならば利用するというのも大きな選択肢になるでしょう。

まとめ

経済格差が騒がれている日本ですが、その格差が子供たちの教育に影響するのは、将来の日本の為になりません。誰もが安心して学べる環境を作らなければいけないのです。その為に、様々な制度が用意されています。制度の内容をしっかりと理解して、自分に合ったものを利用するようにしましょう。そして、安心して大学で学び将来の土台を築来ましょう。

もし、お金を理由に大学への進学を悩んでいるのであれば、これらの制度をしっかりと理解して、比較検討してみてください。

ライター紹介 ライター一覧

ギザ10の神様

ギザ10の神様

香川県でデザイナー兼ライターをしています。
言葉を知れば知るほど、言葉の難しさに頭を悩ませ、それと同時に言葉の素晴らしさと大切さも日々実感しています。
言葉の重さを忘れることなく、常に読み手を意識した文章を作成していきたいと思っています。

関連記事

  • 【低金利なフリーローン】お金を借りるならフリーローンとカードローンどちら?

  • 楽天銀行スーパーローンはWeb完結OKでポイントももらえる

  • 高額の借入審査に【確実に】通るヒケツ教えます

  • パスポートでお金を借りることができる?本人確認書類を徹底比較

  • 失敗しない!【カードローンの返済】マニュアルを作りました

  • 【キャッシングの疑問・心配を解決!】クレジットカードとカードローンは何が違う?