1. TOP
  2. フリーランスは大変?個人事業主にぴったりなお金を借りる方法

フリーランスは大変?個人事業主にぴったりなお金を借りる方法

お金を借りる
  10 Views

インターネット、特にクラウドの普及によって、労働環境は年々変化しています。家にいても仕事を受注できるようになったので、「個人事業主(フリーランス)」と呼ばれる人が多くなっています。以前から「個人事業主(フリーランス)」と呼ばれる人、または名乗っている人は存在していましたが、それはごく一部でした。多くの人はどこかしらの会社に所属し、労働を提供して賃金を得る方法しかなかったのです。

でもフリーランスは一定の収入を毎月得るのがとても大変です。すごく多い時もあれば予定外に少なくなってしまうこともあります。そんな時はお金を借りるシステムに助けてもらわなくてはならないことも。また、何か大きな事業をはじめるのにお金が必要な場合もあります。そこで、個人事業主がお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか?

個人事業主とは?

©naka

どんな人を「個人事業主」というのか?

どんな人を個人事業主と言うかについてですが、特に税務署に登録していなくても個人で生計を立てているのならば、個人事業主とされます。 会社に雇用されているとか、会社を立ち上げているのではなく、個人で下請けをしているとか、仕事を請け負っているなどの人も個人事業主とします。近年ではインターネット環境さえあれば、日本国内に住んでいなくても日本人のクライアントから仕事を受注できます。本当に便利になりました。

個人事業主の具体的な職業

それでは、具体的にはどんな職業の人を個人事業主とするのでしょうか? まずはクライアントに原稿執筆を依頼され、執筆している「フリーライター」と呼ばれるような類の人です。毎月決まってお仕事を依頼するクライアントもいますが、その確率は五分五分です。次の月にはお仕事が突然なくなったりということもあります。

そのため、会社員のように固定の収入ではないため、収入は不安定です。予定していた支払いができないなどという事態も起こり得ます。 また、最近話題のアフィリエイターやユーチューバーなども、個人事業主と言えなくもありません。

税務署に登録している個人事業主

もうひとつは、ちゃんと税務署に「個人事業主」として登録している人です。個人事業主は誰かに雇われているわけではないので、会社員ではありません。かといって自分で会社を作っているというわけでもないのです。この「個人事業主」は無料で税務署に届けを出せますし、その範囲は狭いですが、使った経費も控除されるというメリットもあります。

法人に比べると信用度が低かったり、税制の面で優遇されなかったりといったことも多いです。 もっとも税務署に届け出なくても、事業の売上が発生すれば、確定申告をすることとなりますので、このあたりの線引きは明確にはされていません。また、目安として独立後売上が1,000万円を超えるような時は、法人にすることがおすすめです。そうでなくて気楽にやりたい場合などは、個人事業主の立場のままがいいでしょう。

個人事業主がお金を借りる場合とは?

©faula

生活費の足しにする場合

会社に所属して自分の担当の仕事が割り当てられており、それを一生懸命やっていれば給料が発生するのとは違い、個人事業主の場合は仕事自体を自分で探さなければなりません。芸能人のようにマネージャーがいればこんなにいいことはありませんが、個人でやっている場合はその役割をするのも自分となるケースが多いです。

月によっては当てにしていた仕事の企画そのものがなくなったり、お金が予定通りに入らないということもあります。そういう場合には、やむを得ずカードローンなどのお世話になったりとなんらかの対策を打たなければいけなくなります。必要な額を工面して、その月をいかに通常通りに生き抜くかということがテーマになります。

何か大きな事業をはじめる場合

個人事業主の中には、何か自分がやりたいことがあるので、会社員を辞めてフリーランスになったという人もいるでしょう。 しかし、何か大きなことをするにはお金が必要です。銀行や金融業者から借りようとする場合、個人事業主では信用がないために貸してくれない場合もあります。仮に借りることができた場合でも、額が大きければ金利だけですごいことになります。 事業をはじめるにあたっては、しかるべき機関でお金を融資するシステムもありますので、そちらに相談してみてはいかがでしょうか。

事業に必要な機器や什器などの購入

例えば個人事業主ならば、パソコンは事業になくてはならないツールです。すべてをアナログで済ませているという個人事業主の方は少ないのではないでしょうか。しかしパソコンも性能がどんどん上がり、旧スペックだと新しいソフトやシステムに対応できないということもあります。 思い切って買い替えてしまいたいけど、まとまったお金がかかる。そんな場合はしかるべき機関に相談してみると、低金利でお金が借りられる場合もあるのです。

新しいパソコンをあきらめて、旧スペックのまま使っているのではストレスもたまってしまいます。新システムに対応できればストレスもなく、仕事もサクサクとはかどります。 ここは「借金」という、いわば負い目をプラスに考えるところではないでしょうか?

具体的な借り入れ先とは?

©beeboys

 

信用金庫は個人事業主の味方?

少額であるならば、アルバイトの方や主婦の方がカードローンで借り入れをできる時代です。しかし、比較的まとまった金額となると、毎月そこそこの収入がある個人事業主でも断られるケースもあります。その理由は「収入が安定していないから」です。法人化していない個人事業主は、いかに社会的に信用がないかを物語っていると言えます。

しかし、そんな個人事業主でもお金を貸してあげようという金融機関があります。あくまでも条件がそろえばの場合なのですが「信用金庫」の「個人事業者向けのローン」は金利も低く、借り入れのハードルが低い場合があるので相談してみるに値します。ただし借り入れには経営者以外に1名の保証人や、銀行に提出する必要書類も多くなるということも覚えておきましょう。

政府系金融機関を利用する

個人事業主になったなら、金融機関のことについても詳しいと有利です。民間の金融機関の他に「政府系金融機関」があることをご存知でしょうか?個人事業主に融資してくれる確率が比較的高いとされているのが、政府系金融機関である「日本政策金融公庫」です。

中小企業の資金調達の支援を目的としているのですが、資金の3分の1を自己資金として持っていなければならない、または審査に時間がかかるというデメリットもあります。 しかし、貸してくれる金融機関が限られることから、背に腹は代えられません。最初は大変ですが、それをクリアしてしまえば大丈夫ですので、お金を借りるために頑張ってみる価値はあるでしょう。

「中小企業制度融資」を利用する

公的な機関は、個人事業主にも優しいとされています。各自治体で行っている「中小企業制度融資」は融資を行った企業が成功を収め、税金をその自治体におさめてくれることを目的とした投資的な部分もある融資制度なのです。

この融資制度への応募資格は、その自治体内に本拠地があり、1年以上同じ場所にて営業をしていて、東京信用保証協会の保証対象業種であること。また、区民税などの滞納がないことが条件となっています。こちらの機関の融資は政府系銀行と同様の低金利となっていますが、やはり審査書類の複雑さが若干のネックとなっています。

まとめ

サラリーマンと違い、毎月一定のお金が入ることを保証されていない個人事業主の信用度は低く、金融機関からお金を借りることも容易ではありません。しかし「自分の好きなことを生業にしている」という自負と絶対に事業を成功させるんだという信念をもっていれば、きっと門戸は開けるはずです。狙い目は信用金庫、政府系銀行、自治体の融資です。ぜひ、検討をしてみるといいでしょう。

ライター紹介 ライター一覧

Mami.M

Mami.M

アジア好き、クルーズ好き、B級グルメ好きです。ポイントカードも大好きで小金を貯めるのが得意です!

関連記事

  • 次こそ借りる!【カードローンの再審査】を徹底的に調べました

  • 結婚式のためにお金を借りることができるブライダルローンとは?

  • 【スマホ完結】でOKの【カードローン】なら空き時間にさっと借りれる!

  • 【生活費が足りない!】生活保護者がお金を借りるには?条件を徹底解説!

  • 最後の頼みの綱!おばあちゃんにお金を借りるその口実とは?

  • 携帯でお金を借りれる時代!その便利さと注意点について