1. TOP
  2. 【低金利なフリーローン】お金を借りるならフリーローンとカードローンどちら?

【低金利なフリーローン】お金を借りるならフリーローンとカードローンどちら?

 2016/11/18 お金を借りる
  101 Views

%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3
フリーローン
は銀行が取り扱う多目的のローンです。
色々な目的に対応できて、なおかつ金利が低いのが大きな特徴でしょう。

ただし、現在では同じような利用が可能なカードローンも多彩な展開を見せています。
お金を借りたい時に、

・フリーローンの特徴や利用方法
・フリーローンはどうやって選ぶとよいのか
・フリーローンとカードローンどちらに申し込むのがベストなのか

などを知っておくとよりよいローン選びが可能になります。

・現時点でローンに申し込むのが決まっている方
・お金を借りたいけれどどんなローンがあるのか知っておきたい方
・低金利などお得な条件で借入したい方

に役立つ記事となっています。

 

Sponsored Link

フリーローンはどんなローンなのかを知っておこう

fotolia_126001026_subscription_monthly_m

フリーローンは多目的ローン

フリーという名前から考えると、特に目的などを決めずに借りられるとイメージしてしまいます。
しかし、フリーローンは言い換えれば多目的ローンです。

つまり、目的がある借入でないと利用できません

 

お金の使いみちは自分で決められる

お金を使う目的が明確でないと、フリーローンには申し込みできないわけです。
しかし目的自体は、様々なものに金融機関は対応しています。

まとまったお金が必要になる引っ越しや結婚資金などにも利用可能です。
お金の使いみちが明確で、その利用目的のためだけに使うことが肝心でしょう。

結婚式の費用として借りたのに、その資金で自動車を購入するのはできないというわけです。

 

追加で借りたい時はどうなる?

お金を借りた後に「もうちょっとあったら…。」と考えることがありますね。
そんな時にフリーローンでは追加借入はできるのでしょうか。

フリーローンは最初に借りた額のみで、追加借入はできません
一度借りた後は返済だけを行っていくことになります。

 

フリーローンはこうやって選ぼう

fotolia_102578863_subscription_monthly_m

銀行の種類から選ぶのもおすすめ

フリーローンを取り扱っているのは銀行が中心です。
銀行は大きく都市銀行(メガバンク)、地方銀行、ネット銀行に分けることができますね。

【都市銀行のフリーローンの特徴】
・全国どこからでも申し込める。
・低金利
・申し込み条件が限定されているものが多い

【地方銀行のフリーローンの特徴】
・営業エリアに住居か勤務先がある条件が設定してあるローンが多い
・金利はメガバンクに比べると高め
・来店不要で申し込めないものも多い 

【ネット銀行のフリーローンの特徴】
・店舗や専用ATMはないがネットなどの手続きでOK
・金利はメガバンクよりも高め
・新規申し込みを停止しカードローンのみ取り扱っているネット銀行もある

比較するポイントは、金利だけと考えてはいけません。
他にも重要な点はあります。

たとえば、繰り上げ返済など随時返済しても手数料がかからないかという点は、借入額が大きくなるほど気にしたいところですね。
また口座開設が必要なのかも比べておきたい点です。

 

申し込み条件を再確認

フリーローンでの申し込み条件の代表的なものは年齢、前年度の年収などがあります。
また勤続年数も条件となっている銀行も見つかります。

いずれも満たしておかないと、そもそも申し込みさえできません。

 

繰り上げ返済など利用方法は重要

申し込み方法や借入・返済方法などは、ローンを選ぶ際に確認しておきたい点です。
特にフリーローンは借りた後は返済のみを続ける必要があるため、必ず返済方法をチェックしておきましょう

返済は、毎月決まった日に決まった額を返す約定返済だけではないのです。
約定返済額以上を返す随時返済や繰り上げ返済もあります。

どのような返済方法が選べるのか、また手数料や手間などもフリーローン選びで確かめておきたいところです。

 

カードローンとどこが違う?

fotolia_104150311_subscription_monthly_m

ローンスペックの違いは?金利はどうなっている?

同じものとみなされやすいフリーローンとカードローン、実は違いがあります。
最大の違いは融資の回数でしょう。

フリーローンは一度だけの借入、カードローンは限度額の範囲内なら何度でも借入ができます
限度額の大きさ自体は、フリーローンとカードローンでは違いがないものも見つかります。

「フリーローンだから多く借りられる。」といったことはなく、希望額に近いローンを探すことが大切でしょう。

金利の違いも、取り扱う金融機関によって違いが大きいものです。
これも一概にフリーローンのほうが低金利と断定できません。

上限金利の相場はいずれのローンも14%前後となっています。
またフリーローンでは変動金利のものも見つかります。

金利に関しては、ローンごとに比べる必要があるでしょう。

 

消費者金融ともまた違いがある?

消費者金融ではカードローンやキャッシングを中心に取り扱いがあります。
借り方や返し方は銀行カードローンと大きく違いがありません。

また一部の消費者金融では目的ローンなどを取り扱っています。
多目的ローンであるフリーローンのように、一度のみ融資を受けられます。

大きな違いは消費者金融なら貸金業法に基づいた借入になる点でしょう。
年収の3分の1の額まで借りられる総量規制の範囲内の額が利用できます。

銀行フリーローンでは、総量規制を気にせず借りられます。

 

まとめ

お金を借りる時に、フリーローンなら名前のせいか自由度が高い!と思ってしまうケースもあるでしょう。
しかし実際には、申し込み条件などがカードローンに比較すると厳密な場合も多いのです。

なんとなく同じものという印象を持ちやすいカードローンとフリーローンには違いもあります。
ローンはできるだけたくさんの候補から選んだほうがよいことは間違いないでしょう。

選ぶためには比較することが必須です。
その前にまず、

・フリーローンの特徴
・フリーローンを選ぶ際の注意点
・カードローンとの違い

を踏まえておかないと、比べることもできません。
ローンのメリットは使う方や使い方によってデメリットとなるケースもあります。

適切なローン選びのためにも、ローンの種類を把握してから申し込み先を絞っていきましょう。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

コルコル

コルコル

WEBライター歴4年。
関西のファッションデザイン学校を卒業後、同校の教員を数年勤める。
後に、有名画廊へと勤務。

チュニジア在住(パートナーがチュニジア人)。
3人の子供と家族を支える「働くお母さん」。

愛読書は『ガラスの仮面』と『エースをねらえ!』。
昭和の語り部でありながら、現代の事情にも詳しくなろうと日々奮闘している。

関連記事

  • 留学したいけどお金がない!賢く留学費用を借りる方法とは?

  • 新生銀行カードローン「レイク」とは?申し込み方法や魅力を紹介

  • 消費者金融とサラ金・ヤミ金って何が違うの?違いを詳しく解説

  • あなたは大丈夫!?友達からお金を借りるときと貸すときの注意点

  • 収入の少ないフリーターがお金を借りる方法をチェック!

  • 農業している人だけじゃない!農協でお金を借りる方法はコレ!