1. TOP
  2. 福岡銀行カードローンは1,000万円までの融資に対応 

福岡銀行カードローンは1,000万円までの融資に対応 

お金を借りる
  38 Views

福岡銀行カードローンは、地域密着型の頼れるカードローンです。申し込み年齢幅も広く、パートやアルバイトでも申し込み可能。さらに地銀商品とは思えない、高額の借入限度額を提供しています。対象地域に住んでいるのなら、チェックしておかない手はありません。九州随一の老舗銀行としてゆるぎない財政力をもつ、福岡銀行カードローンの魅力についてみていきましょう。

Sponsored Link

福岡銀行カードローンの基礎情報

©masa

福岡銀行のルーツは明治創業の老舗銀行

株式会社福岡銀行は福岡県福岡市に本店を置き、九州全域に営業拠点を展開する地方銀行です。創業は1877年(明治10年)、第17番目の国立銀行として発足しました。 福岡銀行となったのは1945年(昭和20年)、軍事統制を受けて周囲の銀行を統合し、当時は全国最大の地方銀行として知られていました。

今日、地方銀行の経営環境は非常に厳しく、その多くが財政の立て直しに苦慮しています。その中にあって、健全で屈強な財務基盤を有する福岡銀行は、現在も地銀の雄として存在感を見せています。

福岡銀行カードローンは2016年1月のリニューアル後、借入限度額は300万円から1,000万円と増大し、下限金利は7.0%から3.0%と引き下げられました。利便性が向上し、カードローンとしての利用価値が高まった結果、貸付額の順調な増加につながっています。 福岡銀行のブランドスローガンである「あなたのいちばんに。」ということば通り、地域密着型の頼れる金融機関といえるでしょう。

福岡銀行カードローンの詳細情報

福岡銀行カードローンの申し込み条件は、満20歳以上69歳以下で、収入がある人に限られます。年収による制限はなく、アルバイトやパート、年金受給者も申し込みの対象となります。 申し込みできる年齢や層の幅は広いものの、エリア制限が設けられています。

居住地および勤務先が九州か山口、または福岡銀行の普通預金口座を持っている場合のみ申し込みが可能です。 福岡銀行カードローンは、個人向けの無担保融資商品です。担保や保証人は必要ありませんが、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が受けられるのが必須条件となっています。 借入限度額は10万円から1,000万円で、審査結果に従って10万円単位で設定されます。使い道についての制限はなく、事業性資金でなければ何に使っても構いません。高額な融資も期待できるため、家の改築や教育資金など大金が必要になる場面での利用が可能です。

福岡銀行カードローンの審査

福岡銀行カードローンの審査は、あまりスピーディーとはいえません。最短でも翌営業日、平均的には2日ほど見ておく必要があります。地方銀行だけに、手堅く審査されると想像できますが、急いで融資を受けたい人には向きません。

福岡銀行カードローンの審査は、保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が行います。この企業は消費者金融のプロミスを運営しています。銀行カードローンの審査とまったく同一とはいえませんが、類似点があることは間違いありません。 地域密着型の商品であり申し込み対象年齢も広く、年収による縛りがないことなどから、かなり柔軟性のある審査が期待できます。 基本的には、過去に信用事故や悪質な返済遅延などがなければ、審査通過ができるようです。

カードローンの審査の際は、信用情報機関の個人信用データが照会されます。 他社からの借入金やローンの事実について、虚偽記載をしてもすぐにわかります。 年収の水増しも、あまり意味はありません。誠実な申告こそが、審査通過の近道となります。

福岡銀行カードローンの申し込み・借り入れ・返済

©one

福岡銀行カードローンの申し込み

福岡銀行カードローンの申し込みは、口座の有無で手続きが変わります。 福岡銀行に口座がある場合には、パソコンやスマートフォンからのWeb完結申し込みで契約まで終了できます。 口座が無い場合には、パソコン、スマートフォン、電話、郵送、FAX、店頭窓口で申し込みができます。

審査結果通知後に契約書類の提出となりますが、即日での完了ができないため、来店や書類の送付によるやり取りが必要です。 口座があれば審査通過後、最短2日程度で振込融資が可能となります。 口座が無い場合には、契約手続き終了後にローンカード送付となるため、融資までは3~4週間の余裕を見なければなりません。 審査結果は融資が可能であれば、電話連絡があります。融資不可の場合には、封書での回答となるため、郵送物についての注意が必要です。

福岡銀行カードローンの借り入れ

福岡銀行カードローンで借り入れする場合は、福岡銀行の口座があれば振込融資が受けられます。振込手数料の負担はありません。 口座が無い場合は、ローンカードを使ったATMからの出金のみとなります。 利用できるのは福岡銀行ATMの他にも、熊本銀行、親和銀行、セブン銀行、E-net、ローソンATM、ゆうちょ銀行、BankTimeなどがあります。

福岡銀行ATMの利用手数料は無料ですが、時間外には有料となります。また、コンビニATMでは平日8:45~18:00までの間は108円、20時以降と土日・祝日は216円が必要です。 その他の提携ATMについても、所定の手数料が必要となる場合があるため、事前の確認をおすすめします。 利用限度額は10万円から1,000万円までの間で、個人の審査結果によって設定されます。 限度枠内であれば、何度でも繰り返しての利用が可能です。少額からの引き出しが可能なので、生活のちょっとした不足分を補うといった使い方でも問題はありません。

福岡銀行カードローンの返済方法

福岡銀行カードローンの返済では、福岡銀行に口座がある場合のみ口座引き落としができます。その他の金融機関には対応していません。 口座が無い場合は、ローンカードによるATMからの入金で返済をしていきます。 返済は借入残高によって決定される、約定返済額を毎月支払います。

借入残高 最低返済額
2,000円未満 1,000円(自動引落の場合は全額)
2,000円〜10万円以下 2,000円
10万円〜20万円以下 4,000円
20万円〜30万円以下 6,000円
30万円〜40万円以下 8,000円
40万円〜50万円以下 1万円
50万円〜100万円以下 2万円
100万円〜200万円以下 3万円
200万円〜300万円以下 4万円
300万円〜400万円以下 5万円
400万円〜500万円以下 6万円
500万円〜600万円以下 7万円
600万円〜700万円以下 8万円
700万円〜800万円以下 9万円
800万円〜900万円以下 10万円
900万円〜 11万円

10万円以下の借り入れであれば、月2,000円という少額返済です。 高額借り入れをした人も返済が進むと約定返済額も減少していき、月々の負担が軽くなります。しかし、その分元金の減るペースが落ちるため、最終的な完済までの期間が延びていきます。 利息を含む支払総額をできるだけ小さく抑えるためには、約定返済額に上乗せして繰上げ返済を積極的に行っていきます。 福岡銀行カードローンでは、ATMからの随時返済が可能です。

口座引き落としや、振り込みによる繰上げ返済には対応していません。 返済についても、ATM利用の際には所定の手数料負担が発生するため、利用するATMや時間帯に注意が必要です。

福岡銀行カードローンを利用するメリット

©tsuppyinny

低い金利で有利な借り入れができる

福岡銀行カードローンの金利は、3.0%~14.5%です。上限金利14.5%は、銀行カードローンの平均値といったところでしょう。しかし、消費者金融平均は18%前後です。

金融機関・商品名 金利 借入限度額
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8~14.6% 10~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 10~800万円
りそな銀行カードローン 3.5~12.475% 10~800万円
新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0% 1~500万円
地方銀行 千葉銀行ちばぎんカードローン 1.7~14.8% 10~800万円
スルガ銀行カードローンリザードプラン 3.9~14.9% 10~800万円
横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 10~800万円
ネット銀行 楽天銀行カードローン スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円
じぶん銀行カードローン じぶんローン 1.7~17.5% 10~800万円
住信SBIネット銀行カードローン プレミアムコース 0.99~7.99% 10~1,200万円
ジャパンネット銀行カードローン ネットキャッシング 2.5~18.0% 10~1,000万円
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 10~800万円
流通系銀行 イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 10~800万円
セブン銀行カードローン 14.0~15.0% 10~100万円
消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 1~500万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
アイフル 4.5~18.0% 1~500万円
モビット 3.0~18.0% 1~800万円

同じ100万円を借りた場合でも、金利が異なれば、最終的な返済期間とそれに伴う利息総額に大きな差ができます。 例えば100万円の借り入れで月々3万円の返済をした場合、金利18%の利息総額は単純シミュレーションで約40万円、同じ条件で金利14.5%では約29万円です。 当然返済期間もその分短縮されます。 借り入れを検討する際にもっとも注目するのは金利ですが、審査結果を見なければ設定される金利はわかりません。

そのため商品を比較する場合には、上限金利から判断する必要があります。 福岡銀行カードローンの金利であれば、最終的な支払総額の判断がつけやすく、安心して借り入れができます。

口座があれば簡単手続きで最短融資が受けられる

福岡銀行に口座がある人は、手元のパソコンやモバイル画面で簡単に入力して、Web完結による契約手続きができます。店舗に出かけたり、書類を郵送したりする手間もありません。審査が終了すれば振込融資の依頼をし、最短2日で口座に入金してもらえます。 福岡銀行の口座があれば返済も引き落としにできるので、返済日をうっかり忘れてしまうのを防止できます。

一方で、カードローンのために新たな口座を開設したくないと考える人もいるでしょう。福岡銀行カードローンでは借り入れも返済も、ローンカードとATMだけでも気軽な利用ができます。 口座を使ってより便利に、ATMでいつでも気軽に。人それぞれに使い分けながら、生活に密着した利用が可能です。

最大1,000万円の大口融資に対応

大規模な銀行のローン商品でも貸付限度額1,000万円の大台は、なかなかお目にかかれません。メガバンクのカードローンも、軒並み500~800万円が相場です。一部のネット銀行などには高額融資商品がありますが、中央から離れた一地方銀行がこれだけの個人向け融資を行うのは驚きです。

もちろん誰もが最高限度額を付けてもらえるわけではありませんが、他社以上に高額融資の可能性は十分期待できます。しかも借り入れが高額であるほど、金利は低くなり、それだけ返済も楽になります。

借入限度額 金利(実質年率)
10万円〜100万円 14.5%
100万円〜200万円 12%
200万円〜300万円 10%
300万円〜400万円 8%
400万円〜500万円 7%
500万円〜600万円 6%
600万円〜700万円 5%
700万円〜800万円 4%
800万円〜1,000万円 3%

福岡銀行は地方銀行ながら、優れた経営手腕で盤石の体制を整えています。個人に対しての無担保融資で国内最高クラスの商品を提供できるのは、それだけ顧客管理に自信があるからでしょう。 申し込みの諸条件がクリアできているのであれば、必要に応じた金額でトライしてみる価値は十分にありそうです。

地元から愛される福岡銀行のカードローン

福岡銀行は九州の地に寄り添い、地元の経済発展に力を尽くし続けてきました。福岡銀行カードローンは、エリア限定の商品ではありますが、九州全域から山口までかなりの広域が対象とされています。また借入限度額の大きさや手頃な金利には、個人の生活を本気でサポートしようとする姿勢が感じられます。

初めてのカードローンに不安を感じているのならば、地域に密着し暮らしに寄り添ってきた身近な銀行の商品が、もっとも安心できるのではないでしょうか。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

mar

mar

50代女性。
パソコン講師、web企画・制作、クラッシックアーティスト事務所サブマネージャー、経済データベース講師、求職者支援訓練講師など多彩な業務に従事。
介護のため退職し現在は在宅ライター・心理学系セミナー講師をしながら、インコとイヌをお供に暮らしています。ビジネス系・転職系の記事が得意です。

関連記事

  • 【お金を借りる】借用書作成のポイントについて徹底解説

  • 【カードローンならこれ!】ここに入れば間違いない!おすすめのカードローン!

  • 母子家庭の人がお金を借りる方法って何!?

  • 生活保護者がお金を借りるには?条件を徹底解説!

  • 【クレジットカードの使い過ぎが不安な方に朗報!】デビットカードの詳細とメリット

  • 新生銀行カードローン「レイク」とは?申し込み方法や魅力を紹介