1. TOP
  2. 普通の納税よりお得!ふるさと納税で全国各地の特産品を!

普通の納税よりお得!ふるさと納税で全国各地の特産品を!

 2017/06/21 節約術
  14 Views

ふるさと納税をご存知でしょうか。ニュースなどで話題に取り上げられることも少なくないふるさと納税は、具体的にどのようなシステムか、知らない人も少なくないようです。ふるさとや好きな地域を応援しながら節税できるこの制度。日々の節約に勤しむ人にぜひ知って欲しい、ふるさと納税を活用するメリットをご紹介します。

ふるさと納税は普通に納税するよりお得!そのシステムと理由を探る

©beeboys

ふるさと納税は正確には納税ではない!

そのネーミングから、住民税など地方税の納付先を自分で選べる納税方法と捉える人がいますが、厳密には違います。地方から都会へと進学や就職で人口が流出している問題のひとつの解決策として、育ててくれた故郷へ納税して、地方へ恩返しとして貢献できないかというところから考えられたシステムです。

議論を経て誕生したふるさと納税のシステムは、納税ではなく「寄付」のシステムを取っています。寄付は非課税なので、寄付をすることによって、払わなければならない課税対象の収入から寄付した分、控除の対象となります。ふるさと納税は自治体に寄付をすることで、自身の課税対象額を減らす方法です。

ふるさと納税をすることは何がお得なのか

課税対象額が減少し、結果的に居住自治体とそれ以外の自治体でお金を受け取ることができるふるさと納税は、一見、損得のバランスが取れているように見えます。納税額が減るものの、その分寄付をしているのですから、実質収支に差が出ないはずです。

では、ふるさと納税の何がお得なのでしょうか。それは、寄付を受け取った自治体から届く「お礼品」です。通常の納税では、算出された税金を納めるだけです。しかしふるさと納税では、寄付を受け取った自治体から、お礼の品が届くのです。このお礼品は自治体ごとに特色があり、様々な品やサービスを手に入れられることになります。元々税金として納める分を寄付に当てることで、お礼品分がお得になるのです。

お礼の品は多種多様で特に地域特産品は魅力的

お礼の品は多種多様です。ふるさと納税では、自分の故郷でなくても、好きな地方を応援できるため、以前では金券のようにはっきりと金銭的なお得感を感じられるもので自治体がふるさと納税を促すケースが頻発していました。しかし現在はそういった商品は減っています。ふるさと納税はふるさとの発展を願ったものであるという趣旨のため、今では地域の特産品やイベントのチケットなど、その地域に因んだものに関わるものが増えています。

それでは、どんなものがお礼品としてあるのか、具体例を見ていきましょう。

日常の食生活が豊かになる特産品

©sakura

肉や魚介類の特産品で地元の味に舌鼓

ふるさと納税は自治体への申し込みの他、ふるさとチョイスなどのサイトからも申し込むことができます。ふるさとチョイスのような代行サイトでは、登録された自治体のお礼品を確認できます(2017年6月現在)。

人気が高いのは、やはり食品類です。特に高級な肉を名産としている地域では、普段なかなか食べられないほどの高級なお肉もお礼品となっています。

A5ランクの黒毛和牛と黒豚のしゃぶしゃぶをセットにした鹿児島県霧島市や、A5ランクの飛騨牛サーロインステーキを提供している岐阜県川辺町など、高級な肉の贈答品をお礼品として受け取れます。

魚介類も多く、高級アワビとサザエをお礼品としているのは島根県浜田市。他にも高知県四万十町や鹿児島県大崎町ではうなぎの蒲焼も用意されています。鯛やふぐなどの高級魚も取り扱いが多くあり、まるでお中元やお歳暮会場のようです。これが寄付で入手できるとなると、人気の秘密も納得です。

毎日の食卓に必須な米などのグルメも勢揃い

特産となっているのは、地域の素材だけではありません。毎日使うお米のようなものをお礼品としていただくことで、毎日の食費を下げることも可能になってきます。お米は人気のお礼品のひとつで、各地のお米ブランドから選べるので、こだわりがある人もチョイスしやすいお礼品です。定番のコシヒカリやはえぬきの他、ゆめぴりかやつや姫のような人気ブランドも提供されています。

ご当地商品などの加工品グルメを提供する自治体も

普段はそんなに料理をしないから、食材をもらっても…という単身者や自炊をあまりしないご家庭なら、加工品グルメを選択することもできます。特産品を活かした鍋セットや、缶詰や瓶詰めのような保存食品、レトルトやお惣菜など、加工品グルメの豊富さも圧巻です。

ご当地の名物を商品にしたお礼品も多くあります。福岡県新宮町は水炊きの名店である博多華味鳥のキムチ鍋セット、沖縄県那覇市では独特の食感がやみつきになる琉球じーまーみ豆腐、長野県飯山市では野沢菜セットというように、地域のPRにもつながっています。

旅行券やチケットなど地元を体験できるお礼品

©imacoconut

外食にも活躍するお店やホテルのお食事チケット

近隣の自治体や旅行に行ってみたい自治体へ寄付をするなら、お食事券を選択する方法もあります。岩手県北上市ではトロイカというロシア料理のお食事券がお礼品としてチョイスできます。岩手にはロシア料理店が少ないとのこと。気になっていたという人にはうれしいお礼品ではないでしょうか。

他にも大阪府泉佐野市の割烹松屋の渡り蟹のお食事券など、地域の名店のグルメを楽しめます。

ユニークなのは大分県国東市のお礼品のお食事券。なんと大分まで訪れなくても、東京・銀座の「坐来大分(ざらいおおいた)」にて、大分の味覚が味わえます。遠出はできないけど地域の味覚を外食で味わいたいという人にもおすすめです。

ホテル宿泊券でその土地へ訪れる楽しみをプラス

お食事券だけでなく、宿泊施設のチケットもあります。ホテルと食事がセットになったお礼品も多く、旅先に選びたい自治体が提供しているなら選んでみるのもいいでしょう。各地の名店や人気の宿泊施設で疲れを癒やせます。

また旅行券は、JTBの旅行クーポンを提供している自治体もあります。すべての旅行商品が対応しているわけではありませんが、とにかく旅が好きだけど行き先は決まっていないという人には、こういったクーポン型も便利です。

ツアーやイベント観戦で町おこしのPRにも

アクティビティやイベントに合わせたツアーや体験チケットをお礼品としている自治体もあります。シーズン限定のものも多いですが、そこでしか体験できないことを選ぶのも、寄付した自治体をより身近に感じられるのではないでしょうか。

長野県白馬村の気球体験やラフティング、千葉県白子町の親子サーフィン体験など、全国で様々なイベントや体験ツアーが開催されています。

多くの自治体で人気なイベントが花火大会やお祭りです。果物狩りも多く、遊びの計画に加えてみてもいいでしょう。

お礼品は特産品や地元のものとも限らない

©sunabesyou

消耗品やサービスなど日常的に役立つ品をくれる自治体もある

特別な食事や旅行や体験じゃなくて、日常の節約につなげたい人には、消耗品やサービスがおすすめです。宮崎県川南町ではボディソープのセット、岩手県北上市ではトイレットペーパーというように、日常使いのための消耗品をお礼品のひとつにしている自治体も少なくありません。

福岡県宗像市では家事代行サービスも提供。それぞれの自治体の内容によって、提供エリアも違うため、寄付前に詳細を確認しましょう。

エステやレジャー施設のチケットサービスでオフを充実させる

エステやスパを体験できるチケットや、ゴルフ場やレジャー施設のチケットもお礼品になっています。高知県宿毛市の珊瑚アクセサリー製作体験のように、ちょっと挑戦してみたいという体験もあり、その地域のサービスや遊び、癒やしを楽しめます。

アクティブな楽しみ方、ゆったりとした楽しみ方、好みに応じてオフを楽しむための費用を、お礼品で捻出できるのは魅力的です。

なかなか帰れない人には墓地清掃などのサービスも

楽しみだけではありません。地域への寄付のお礼に地域にルーツがある人が助かるサービスをお礼品として用意してくれている自治体もあります。一部の自治体で提供しているのが、お墓に関するサービスです。清掃や代行のお参りなど、遠く離れて都会に出てしまったけれど、お墓になかなかお参りできないという人が、地元に戻らなくてもお参りができます。

遠い地元に帰るとなると交通費、場合によっては宿泊費もかかります。そうでなくても仕事が多忙で遠方のお墓に行くには休暇が取れないという人もいるでしょう。そういった人への手助けサービスは、ふるさととふるさとを出てしまった人を繋ぐサービスになっています。

まとめ

ふるさと納税は、多くの地域の努力や頑張りが見えるところが、ただの寄付とは異なります。ふるさとを離れてしまった人だけでなく、応援したい自治体があるときに、そこへお金を送ることができるのは、繋がりをより深く感じられるのではないでしょうか。 注意する点がひとつあります。ふるさと納税は最初に説明したように、納税ではなく、寄付です。そのため寄付として申請しなければ、納税額から控除されません。

手続きを忘れなければ、好きな自治体を応援でき、お礼品で得をして、さらに地方との繋がりを感じられる、心が清々しくなりそうな、お得な節約方法ですよ。

ライター紹介 ライター一覧

おこげ

おこげ

デザイナーをしているうちにアグレッシブな性格が災いし、サイトの取材やライティング担当に連行されてから二足どころか三足四足のワラジを履いている多ジャンル職人。女子力をジュラ紀の地層あたりに忘れてきた干物系の生活をしながら東京の片隅に生息中。

関連記事

  • 幅広い分野から使えるクーポンを探して節約しよう

  • 【通勤中のけがも補償!】知らなきゃ損する労災保険の療養給付

  • 【男飯】1人暮らしの節約術に最適!誰でも作れるおすすめ節約料理!

  • 【ランキング決定版】銀行の金利で住宅ローンに使えるのはどこ?

  • 【お得にエコ!】補助金でお得にゲット!生ごみ処理機でエコ生活

  • 【裏技】アカデミック版でお得に!学生証ナシでも買える方法とは?