1. TOP
  2. 【お金が必要な学生必見】学生がお金を借りる方法と注意点を解説

【お金が必要な学生必見】学生がお金を借りる方法と注意点を解説

お金を借りる
  27 Views

コンパにサークルの飲み会、服や身の回りのものを今すぐに買いたいなど。学業だけでなく、付き合いやプライベートも充実させたい学生にとって、何をするにしてもお金がかかってしまうのではないでしょうか。その他にも就職に向けて自動車の免許を取得したり、資格を取得したりする必要もあります。また、学費や生活費を自分で何とかしなくてはいけない!なんて学生も中には居るかも知れません。

お金がないことで、後から後悔してしまうのは残念なこと。そこで、お金を借りる方法も選択肢の1つです。学生でも一定の条件をクリアしていればお金を借りることが可能な場合もあるので、方法にポイント、注意点などを解説していきましょう。

Sponsored Link

学生がお金を借りるための方法

©one

学生がお金を借りたいと思う理由

学生生活を過ごす中で、さまざまな事情が重なってお金が足りなくなる場合があります。

  • 1人暮らしのための食費や生活費
  • 住むために必要となる家賃
  • 必要となる水道光熱費や通信費

生活をするために最低限必要となるものを理由にする方もいますが、飲み会にデート、旅行などのプライベート目的の方もいることでしょう。そのため、学生は金欠になりやすいなんてこともよくあるのです。誰か頼れる人が居れば良いのですが、そうでない場合は困ってしまいますよね。

そんなときに思いつくのが「お金を借りる」ことですが、学生でもお金を借りることはできるのでしょうか?

学生でもお金を借りる方法はある

結論から言ってしまうと、学生でもお金を借りることはできます。でも、学生であれば誰でも借りられるわけではありません。借りるための一定の条件があり、それを満たしてさえいれば特に難しくはありません。学生向けのローンもありますし、大手消費者金融などでも学生の利用を可能としている場合があります。

その条件ですが、まず20歳以上でアルバイトをしていることになります。そのアルバイトについては、収入の多い少ないはあまり関係ないようです。定期的にアルバイト代としての収入があるかどうかが重要になってきます。バイトをはじめたばかりという方でも大丈夫な場合がありますので、アルバイトをしていない方は見つけてみると良いでしょう。

ただし、学生を狙った悪徳な金融業者も存在します。お金を借りるのであれば、大手の会社もしくは信用できると判断できる会社を選ぶようにしましょう。

未成年の学生がお金を借りるのは難しい

学生がお金を借りるためには「20歳以上でアルバイトをしていること」が条件になりますが、同じ学生でも未成年の場合はどうなのでしょうか?

まず、銀行においては「銀行法」にて未成年者にお金を貸すことが禁止されています。同様に大手消費者金融でも、未成年者に融資を行うことをしていません。未成年者は責任能力や判断能力もないと見なされ、法的に保護されているのが理由です。

そこで諦めてしまうところですが、未成年の学生がお金を借りる方法がゼロではありません。「学生ローン」を展開している、中小企業の金融会社もいくつかあります。ただし、廃業したり倒産したりなど、安定していない金融会社も見られるので、借りる前にしっかりとリサーチする必要があるでしょう。

その他にも、18歳以上であれば作成できるクレジットカードもあります。そして、キャッシング枠を利用するのです。この場合、5万円~10万円などと少額になる可能性は高いものの、お金を借りる手段がかぎられている未成年の学生にとっては希有なものとなります。

ただし、申し込みの際に親や保護者の同意が必要になってきますので、その点は覚えておきましょう。

お金を借りる方法に知っておくべきポイント

©chachamal

お金を借りるための流れ

学生でもお金を借りることができるローンを見つけたら、申し込みをすることからはじめます。

パソコンや携帯電話・スマートフォンなどからの手続きが可能な場合が多いので、審査に必要な書類などがあれば用意しておきます。ローンによってはカメラで書類を撮影して送付することができますし、またはファックスを利用する場合もあります。最短即日融資を特徴にしているローンですと、このように手続きを簡単にすることで効率化を図っていることが多いです。

その後、審査結果の連絡が入ります。電話連絡が一般的ですが、メール連絡の場合もあるようです。限度額は審査によって決まるので、実際にどのくらい使えるのかもこの時点でわかります。その上で詳しい支払い計画をはじめ、契約・利用にあたっての説明があります。

親に内緒で借りることは可能

お金を借りることについて、親にばれてしまうのでは?などの不安もあるはずです。「学生の立場なのに学業を優先していない」などと思われる可能性も高いかも知れません。まず、ばれる原因として考えられるのが「利用するローン会社からの電話連絡」「契約にともなう郵送物」になってきます。

学生であっても、20歳をこえていれば法律上では未成年ではありません。自分の考えを持った大人として扱われるので、申し込みも契約もできてしまうのです。そのため、、お金を借りる際に親への連絡などはほとんどなく利用することが可能となっています。そこで大切になるのが、審査結果の連絡先を自分の携帯電話にしておくことです。そうすれば自宅の電話には連絡がいきません。

  契約書やローンカード、利用明細などの郵送物が自宅に届くことはありますが、これは中身を見られなければ良いだけのことです。とは言っても、1人暮らしの方でしたら心配はないかも知れませんが、実家暮らしの方ですと悩んでしまうところですよね。そんなときは、自動契約機でローンカードや契約書類などを受け取れるローンを選ぶことです。この方法でしたら、親にばれないように利用ができます。

学生がお金を借りるときに重要なポイント

学生がお金を借りるために「年齢が20歳以上」「アルバイトなどで定期的な収入があること」これらが基本的な条件となることは説明しました。その他に、重要となってくるポイントについても確認していきましょう。

  • 申し込みの際に収入を多くしたりなど虚偽の申告はしないこと
  • 利用限度額は必要分のみの金額とする(年収の3分の1以下の金額しか借入れ可能でないため)
  • 借り入れをする会社について、しっかりと調査をする
  • 返済金の延滞・滞納は厳禁(信用情報機関に情報が登録されるため)
  • 審査が通らなかった場合、一定期間はローンの申し込みをしない(半年程度)

学生がお金を借りる際に1番注意したいのが、延滞・滞納の部分です。支払いが遅れている場合、連絡が自宅に入る場合があります。そのことによって、親にお金を借りていることがばれてしまうでしょう。

また、何度も延滞したり、滞納が続いたり、結果として自己破産になった場合は信用情報機関へ事故登録がされてしまいます。自己破産をしていると就けない職種もあるので、就職が不利になる場合もあるのです。

登録情報は5年程度で消去されるので、その後にローンを組める可能性は上がりますが絶対とは言い切れません。結婚後に住宅ローンの申し込みを依頼しても、何度も落とされることから配偶者にばれてしまうなんてことがあるかも知れないのです。

将来のためにも、借りたお金の返済は必ず行った上で完済するようにしてください。

学生だからお金を借りることができない!そんなときの対策法

©sokazunana7

身のまわりのものを売ってお金を作る

ブランド物の時計にバッグ、アクセサリーなど。何か換金できそうなものはありませんか?その他にもゲームソフトに本体、CDやDVDをはじめとするコレクターズアイテムなど。廃盤や限定数販売だったことを理由に、買ったとき以上の価格がつくこともよくある話です。

中には「捨てようと思っていたものが、こんなに高額になった」なんてこともあるほど。リサイクルショップや買取専門業者では、マニアやコレクターが求める価格を知っていることから、高い値段で買い取ってくれる可能性があります。査定だけでしたら料金などもかからないので、問い合わせだけでもしてみると良いでしょう。

日雇いのアルバイトなどを探して働く

学生がお金を作るのに現実的なのが、アルバイトをすることです。その際にすぐにでもお金が必要であれば、日雇いのアルバイトを探すことです。当日、もしくは翌日などにお金が手に入ることもありますし、アルバイト代の支給について柔軟に対応してくれる場合があります。

工場での作業にイベント会場やコンサート会場などの設営スタッフ、交通誘導にサンプリングなど。事前登録は必要なものの、仕事の数は豊富です。また、自分に合った仕事や関心のあることから選ぶこともできます。期間も単発のものや短期間限定のものもあるので、学業やプライべートに支障が出ない程度に必要金額を貯めることもできるでしょう。

親を頼って何とかする

「身のまわりにお金になりそうなものがない」「学業が忙しいなどの理由でアルバイトはできない」そんなときの最終手段は親を頼ることです。心配をかけてしまったり、怒られてしまったりするのではないかと気になるかも知れません。ですが、親はこの世で一番の味方になります。本当に困っているのならば、親に相談してみるのも方法です。

親からお金を借りることができれば、返済がきつくても待ってもらうことができます。また、利息を払わなくて済みますから、気分的にも楽ですよね。

親に言えないとか気が引けるなどの理由で、間違っても悪徳とされる金融業者を利用しないようにしましょう。

まとめ

学生がお金を借りるための方法や必要となる条件、お金を借りた際に知っておきたいポイントや注意点について解説してきました。ローンは便利である反面、使い方を間違ってしまうと大変なことになります。お金を借りる前に、もう1度自分で何とかすることができないのかを考えてみることも大切です。

お金を借りた場合は、学生だからを理由に返済から逃れることはできません。親や保護者の同意が不要であっても、考えなしにローンを利用することはしないでください。正しい使い方をして、計画的に使うようにしましょう。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

Tosaka

Tosaka

40代女性。大手金融機関で働いていましたが、退職後はゆるく楽しくをモットーにした日々を過ごしています。

関連記事

  • ゆうちょ銀行は簡単審査でキャッシングができる!

  • 結婚式のためにお金を借りることができるブライダルローンとは?

  • 親からお金を借りる時に納得してもらえる理由とは?

  • アルバイト代だけでは足りない!お金を上手に借りる方法とは?

  • 千葉銀行の「ちばぎんカードローン」とは?商品内容や魅力を紹介

  • 【低金利なフリーローン】お金を借りるならフリーローンとカードローンどちら?