1. TOP
  2. 学生でも借りられる?おすすめの学生ローンの選び方

学生でも借りられる?おすすめの学生ローンの選び方

お金を借りる
  4 Views

ローンを組むには審査を通過する必要がありますが、学生は収入が不安定、少額というケースも多いため、なかなか簡単にはローンを組むことができません。しかしそれでもお金が必要になることも起こります。

そんな時の心強い味方が学生ローンです。耳にすることはあっても、実態がよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

学生がローンを組む時に知っておくべき学生ローンの選び方とおすすめの会社をご紹介します。

学生ローンと普通のローンの違いとは

©milatas

学生ローンと普通ローンの違い

世の中、ローンと名がつく金融商品はたくさんあります。学生ローンと一般的なローンの違いは貸出対象です。社会人と違い、学生には月給のような安定収入は見込めません。

そのため、いくつかの条件を満たし、審査を通過すれば、通常のローンより比較的簡単にお金が借りやすいケースがほとんどです。 審査自体もあまり厳しいものではありません。

また金利は低く設定してあり、多くの学生ローンが法的な上限である金利18%より数%下回っています。一般のローンとの大きな違いは金利と審査だけでなく、借り入れの上限もそのひとつです。当たり前ですが収入が不安定で少ない学生が対象なので数百万借りるといった無謀なことはできません。

一般的には10〜50万円程度が限度額となっています。 学生ローンは勉学と生活を両立させやすいローンでであり、きちんと理解して利用すれば、学生の心強い味方となります。

学生ローンの目的とは

借りる側にメリットが多いと感じられる学生ローンは学生支援が目的です。高めの金利ですが、それでも消費者金融よりは低めの設定です。学生にとって、どうしても必要な時に手を出しやすいが、頻繁に借りたいと思うような金利ではないため、依存しない程度になっています。

大金を学生が必要とする機会はそうそうありませんが、それでも、学費の不足や実習費など、納付間近にどうしても不足するお金を調達しなければいけない場合や、就職活動などで必要な交通費やスーツの費用など、その時期にはどうしても必要というお金は発生します。

借りずに済めば一番ですが、締め切りがあるものについては学生ローンを活用することで解決するのも一案です。テストシーズンや実習が集中する時期にはアルバイトが控えめになってしまうため、お金が不足するケースもあるでしょう。 学生ローンはこういった学生の生活をサポートすることを目的としたローンです。

また、会社によっては学生が直面する、就職や学費の問題に絡めたキャンペーンを実施していることもあり、検討する時にはそういった金利優遇などのキャンペーン情報も合わせて調べるのがおすすめです。

学生は安定収入がないのに借りられるのか

一般的なローンで「審査に通らなかった」などという話もよく聞きます。 一般ローンと学生ローンでは審査の基準が違うのは、借りる額が少額になるので貸す側からみてローリスクな点が審査の通りやすさの理由のひとつです。

また返済計画や利用目的などもヒアリングされます。サラリーマンの月給のような安定収入は求められませんが、定期的なアルバイトをしている必要があります。

審査はインターネットで申し込み後に、指定の時間に業者から折り返し連絡が来るスタイルが中心です。大手金融業者のように全国どこにでも支店があるような会社は少ないため、インターネット経由で申し込むことで直接会社へ足を運べない学生も借りることができます。

また、お金を借りる時には身分証明書が必要ですが、学生ローンの場合は学生証に加え、保険証や運転免許証が必要となります。

どんな学生ローンが安心なのか。学生ローンの疑問

©sumire8

返済可能な利息かどうかチェックしよう

利息は一般のローンより少なめに設定されているケースが多く、15~18%程度の年利が中心です。ただしこれはあくまで消費者金融などから見ての低めという設定なので、銀行のローンに比べると高い額になります。 そのため学費など高めの金額を借りる時には、銀行の学資ローン、教育ローンが利用可能であれば、そちらの方が条件がよい場合の方が多いでしょう。

学生ローンを利用する時に意識しておきたいのが、どのように借りてどう返すかという計画は無理がないように考えるべきです。

いくら学生ローンが一般の消費者金融より条件が甘いと言っても、無計画に借りて利息ばかり返して元本が減らないという状態になるのは望ましくありません。

借り入れ額を決める時には無理なく、早急に返せる範囲という点を意識しておきましょう。必要なお金をどのように、どこから借りるかはとても重要なポイントです。

親や学校にはバレるのか。こっそり借りたい時に使えるか。

審査が通りやすい学生ローンですが、利用者が心配するポイントのひとつが「親バレ」です。急な出費を親に心配かけたくない時、親に頼れない状況で、借りていることがバレたくないという人は、審査でバレるかどうかも心配や不安の理由のひとつです。 学生ローンは基本的に親にはバレません。

基本的に個人契約なので、外部には例え身内でも借り入れの情報は出さないためです。学校にも在籍確認などはありません。

しかし親元に連絡が行くケースは0ではありません。理由のひとつは返済が滞った場合です。返済がきちんと行われない場合は、親にも連絡がいきます。 大幅な遅延をし、本人とも連絡がつかない場合は、金融会社としても放置するわけにはいきません。きちんと計画的に返すことが最も重要です。

急な事情などでどうしても少し返済が遅れてしまうということもあるかもしれません。しかしこれを放置すると、遅延利息が発生するというデメリットもあります。

学生なら誰でも借りられるのか

学生ローンと名前がついていますが、学生ローンは学生なら誰でも借りられるわけではありません。アルバイトなどの収入があることも条件ですが、学生ローンは一部の会社を除いて、未成年者は借りることができません。つまり未成年の場合、大学生や専門学校生でアルバイトをして、学生証を持っていても利用できないのです。

少数ながら18歳以上を条件としている学生ローンもありますが、その場合、保護者の承諾が必要となります。学生ローンに多い「親にバレたくない」という点はクリアできません。

収入がある場合でも短期のアルバイトのみの場合は、対象外となるケースも多くあります。 また、留学など、海外へ長期で出るような場合も審査で通らないこともあります。

基本的に審査は厳しいものではありませんが、学生ローンの会社を検討する時に、貸出の条件もよく確認しておきましょう。

有名大手は少ない学生ローン。信用できる会社とは

©Norman01

信用できるのは大手や老舗の学生ローン

学生用をうたっているとはいえ、借金であることには変わりません。借りる会社は信用できる会社を選ぶ必要があります。悪徳業者は審査なしや即日融資、低金利など借りようとする人の心理を突いてくるキャッチコピーで宣伝していますが、きちんとした業者から借りなければ、返済どころか雪だるま式に利息が増えてしまうケースもあります。

いわゆる闇金業者や詐欺業者で借りると、借りた後に悪質な取り立てやヤクザまがいの脅しに遭うなどの被害もありえます。

そういった業者を避けるには、やはり一番は信頼のおける金融会社を選ぶことです。大手消費者金融業者なら安心ですが、大手は学生ローンはあまり扱っていません。学生を対象にした条件が近い一般ローンを扱う消費者金融はあるので、そちらを検討してもいいでしょう。

学生ローンを扱っている会社の中で選ぶなら、実績がある老舗と言われるくらい創業が古いメジャーな会社を候補の入れるといいでしょう。長く続いているということは、それだけ信用もおける会社が多いのです。

無審査は悪徳業者の確率が高い

ローンを組むために必要な審査が心配だから無審査の学生ローン会社があればいいのに、と考えて、審査のないローン会社を選びたいという人もいますが、これはおすすめしません。

審査は借りる人がどれだけ借りても大丈夫かという基準の判断でもあります。会社によって多少審査結果に違いがあるとはいえ、審査をしなくていいというのは、貸す側から見て、どの程度返してもらえるかを判断基準にしていないのです。

それでは合法的に営業をしているローン会社では回収できなくなる可能性が高くなります。

審査をせずに貸し倒れになるリスクを抱えてもお金を貸す業者は、他の形でリスクヘッジをしています。そのため、法外な手法で回収するなど、問題を抱えている業者である可能性が高くなります。

審査は自分が借りられる適正価格を算出するためにも必要です。無審査など甘い話には用心をしましょう。

登録貸金業者情報から登録を確認

審査などの適当な手順を踏まない融資をする会社だけではありません。きちんとしているように見えても合法ではない業者も存在します。

こういった悪徳業者をサービスなど以外から見極める方法として、きちんと認可された貸金業者かどうかを確認する方法があります。

金融庁が公開している検索サービスが「登録貸金業者情報検索サービス」。ここではきちんとした業者としてデータベースに登録している会社か、確認することができます。 サイトにアクセスすると、登録番号や法人名、所属自治体からなどから、目的の業者を探すことができます。

見つからない場合、登録されていない業者ということになりますので、その業者は避けた方がいいでしょう。 またこのデータベースでは行政区分の項目も用意されています。

問題があった業者に関しては、「処分中」など行政処分状況も確認できるため、登録業者の中でも問題ありという業者も確認できます。

おすすめ学生ローン会社と特徴

©sharaku1216

学生ローンの老舗「アミーゴ」

「アミーゴ」は金利が比較的低く設定されている学生ローンです。学生であれば34歳まで使え、社会人になってからも返済可能です。金利は社会人になっても変わりません。創業は1982年とかなり古く、即日融資にも対応しています。 審査も早いため、学生にも評判が高いローンで、融資の際は最短で10分程度で振込によるキャッシングが可能です。

ネットからの申し込みで低金利年利14.40%~16.80%。融資も3万円から50万円までと幅があります。低金利なため、学資目的としても比較的選びやすい内容で、2017年現在、学費目的ローンキャンペーンも開催しています。

学校の費用だけでなく、メイン以外の学校でもOK。ダブルスクール目的も対象なので、就職のための資格を取るダブルスクールを検討している人にも役立つでしょう。 その他にも、就職内定キャンペーンなどもあります。

年齢制限が低め「カレッヂ」

「カレッヂ」も学生ローンとしては老舗といわれる会社です。1977年創業で長い間、学生の間で親しまれてきました。「カレッヂ」の特筆すべき点は20歳以上という制限がないこと。

つまりアルバイトさえしていれば、18歳以上で融資が可能です。金利は15%〜17%と一般的な範囲ですが、返済方法は、月に1回最低利息以上の返済が条件となっています。

一度の借り入れをするタイプなので、必要額が増えた時には追加融資が必要です。 学生とのつきあいが長い会社ということもあり、インターネットから申し込む際も、非常に丁寧です。

昨今問題になっている、借入金を人に渡す詐欺やセミナーやマルチ被害などにも遭わないよう、申込前に注意を促してくれています。 即日融資にも対応しており、初めてローンを考える学生にとっては安心できる点も多いのではないでしょうか。

大手でも学生が借りられる「プロミス」

CMでもお馴染みの大手消費者金融業者のひとつ「プロミス」は学生でも利用できます。フリーキャッシングという商品はある程度安定した収入があればアルバイトでも対象なため、学生や主婦といった収入が少ない人も申し込むことができます。大手という安心感だけでなく、学生とは限定していないこともあり、審査に通れば、最大500万円まで借りられます。

利率は幅が広く4.5%~17.8%となっています。 大手なのでコンビニを利用した返済もできる便利さと、融資の速さも人気がある理由です。

またインターネットによる申し込み登録によって、無利息になる期間が30日間設けられており、仕送りやアルバイトの給料日前に少し足りないという時などは、30日以内に返却することで、利息0で借りられる計算になります。

申込みのWebですべて完結できるので、家に何も送ってほしくない人にも評判が良いようです。

利用にはきちんと審査を受けて適切な額を計画的に

学生の立場に立ったサービスである学生ローンはほどほど借りやすく、返しやすいローンです。しかし借金には違いないので、借りる時にはしっかりとした返済計画と収入の確保も必要です。

特に返済計画は無理な計画を立てると遅延になり、利息が増えてさらに返しにくくなるというスパイラルにハマりかねません。収入も無計画にシフトを増やそうと考えているのであれば、疲れがたまり、体調を崩すこともありえます。 きちんとした業者を選び、かつ自分の返済能力や収支を冷静に考えて、計画的に利用しましょう。

ライター紹介 ライター一覧

おこげ

おこげ

デザイナーをしているうちにアグレッシブな性格が災いし、サイトの取材やライティング担当に連行されてから二足どころか三足四足のワラジを履いている多ジャンル職人。女子力をジュラ紀の地層あたりに忘れてきた干物系の生活をしながら東京の片隅に生息中。

関連記事

  • 次こそ借りる!【カードローンの再審査】を徹底的に調べました

  • 帰りの交通費がない!警察にお金を借りる事はできるのか?

  • ブラックリストは無理?ブラックリストでもお金を借りる方法とは

  • 知らなかった!免許証だけでお金を借りる?その詳細とは?

  • 収入の少ないフリーターがお金を借りる方法をチェック!

  • 【低金利カードローン】カードローン選ぶならやっぱり利息に注目!