1. TOP
  2. 【借りやすくて安心!】銀行でお金を借りる5つの手順

【借りやすくて安心!】銀行でお金を借りる5つの手順

 

お金を借りる方法として、安心感が高いのはやはり銀行ですね。

なかでもカードローンは、借入までのステップも分かりやすくおすすめです。
銀行でお金を借りることは難しいのでは?と考えている方も、スムーズに借りられる方法をチェックしてみましょう。

 

5つの手順はこれ!すぐ借りるための審査の流れ

1:借りやすい銀行の選び方

同じカードローンでも、銀行によって金利や申し込み方法などに違いがあります。
まずは銀行選びからスタートしましょう。

申し込みのステップで重視したいのは、「ネットがどこまで使えるか。」です。
スマホ申し込みOK、しかし契約は来店しないといけないカードローンもありますね。

申し込み、契約の流れでネットをフル活用できるかどうかは、仕事が忙しい方には外せない点となります。

2:申し込み方法

24時間ネットで申し込みを受け付けているカードローンが増えています。
仕事の合間にスマホで気軽に手続きを始められるのはとても魅力的ですね。
また銀行支店などにローンの契約機を設置しているところもあります。

直接契約機で申し込む場合も、ネット申し込みをして審査を済ませておくのがおすすめです。
カード発行までの待ち時間を短くできますよ。

銀行でも最短審査時間は30分程度のところが増えています。

3:必要なもの・準備しておきたいこと

カードローン審査にあたって必要なものは、多くありません。準備する書類は本人確認できるもの、収入が分かるものの2種類のみです。
また希望する限度額によって、収入を証明する書類を提出しなくてよいこともあります。
銀行ごとに、収入証明書類が必要な限度額に違いがある点には注意しておきましょう。

書類は提出のタイミングより、カードローンに申し込みを決めた段階で準備しておいたほうがスムーズです。

4:気になる在籍確認はある?

どのようなローンでも必ず在籍確認は行います
勤務先に電話がかかってきますが、個人名または銀行の名前を名乗ります。絶対に「カードローンのことで在籍確認です。」ということはありません。

外出中でも勤務していることはわかりますので、その時点で在籍確認は完了となります。
知らないうちに終わっていることもありますよ。

5:即日融資の注意点

銀行カードローンも即日融資可能なものが増えています。
早く借りたい、借入までの手間を少なくしたい時には、「口座開設」が必要なのかという点とカードの受け取り方法が重要です。

審査が早く終わっても、口座を開設する時間がかかり、実際に借りるまで日数を要するケースも少なくありません。
ローンカードを郵送受け取りしかできない場合も日数がかかります。

また自分が口座を持っている銀行なら、キャッシュカードがそのままローンカードになる場合もあり、逆にスムーズな借入につながることもあります。

 

なぜ銀行が借入先として選ばれる?

ラポール 面接 女性

消費者金融と銀行の比較

カードローンなら消費者金融という選択肢もありますね。
利用方法は、ほぼ同じですが最大の違いは規制されている法律です。

貸金業法で規制されている消費者金融のカードローンは、申し込み対象者や借りられる額が銀行とは違っています。
申し込み対象が消費者金融よりも広く、設定可能な限度額も高い銀行カードローンは、申し込みやすさや安心感につながっているわけですね。

総量規制対象外

銀行カードローンが選ばれる理由には、総量規制対象外であるのも大きく関係しています。
総量規制とは、貸金業者からの借入額総合計が年収の3分の1までという法律です。

年収300万円の方は、消費者金融を含めた貸金業者からの借入は最高でも100万円までしか利用できません。
銀行が取り扱うローンは、総量規制の対象外となっています。

最高限度額の大きさ

銀行カードローンでは最高限度額が大きなものがたくさん登場しています。
みずほ銀行の1,000万円、オリックス銀行の800万円など、カードローンで設定可能な限度額は他目的な利用に対応できるでしょう。

カードローンは契約がある限り、繰り返し借入することができます。
この点も、限度額が大きいことで使いやすさがアップするのです。

借入目的ごとに新たにローンに申し込まずに、カードローンを利用する方法もあります。

金利の低さ

やはり銀行らしい金利の低さも見逃せません。
通常カードローンは限度額に応じた金利設定となっています。

申し込みをした当初は、最高金利が適用されることが多いですね。
消費者金融の最高金利はプロミスが17.8%で最も低く、アコムやアイフルなどは18.0%です。

銀行の場合はカードローンによって設定されている金利に違いはあります。
消費者金融と変わらない18%程度の銀行カードローンも中には見つかるでしょう。

しかし14%前後の最高金利のところや、低いところでは10%前後のものもあります。

まとめ

銀行カードローンは、お金を借りる方法として今一番おすすめの方法です。
審査の流れがわかりやすく、借りられるようになるまでのステップや準備も大変少ないのが特徴でしょう。

はじめての方、大口のお金を準備したい方など、いつでもお金を借りられる安心感が高いカードローンは様々な借りたい希望に対応してくれます。

ライター紹介 ライター一覧

コルコル

コルコル

WEBライター歴4年。
関西のファッションデザイン学校を卒業後、同校の教員を数年勤める。
後に、有名画廊へと勤務。

チュニジア在住(パートナーがチュニジア人)。
3人の子供と家族を支える「働くお母さん」。

愛読書は『ガラスの仮面』と『エースをねらえ!』。
昭和の語り部でありながら、現代の事情にも詳しくなろうと日々奮闘している。

関連記事

  • お金を返すも増やすも近道は【収支の改善!】 すぐに始められる節約術

  • 消費者金融カードローン一覧を一挙紹介!会社のタイプで分類

  • お金を借りる時に相手に納得してもらえる理由と言い訳とは?

  • 【オリックス銀行に注目!】おまとめローンなら断然オリックス銀行カードローン

  • 諦めないで!まだある!お金を借りる最終手段

  • うっかり財布を落とした時に駅でお金を借りることはできるのか