1. TOP
  2. 給付やお金も借りることができるハローワーク!その詳細とは?

給付やお金も借りることができるハローワーク!その詳細とは?

お金を借りる
  73 Views

ハローワークといえば、失業保険をもらうだけのところ、と思っていませんか?

実はハローワークでは、失業保険の認定をして支給するという業務もあるのですが、その他にも職業訓練の窓口、就職の斡旋、それにいろいろな給付金がもらえたり、仕事を探しながらお金が借りられたりするのです。しかも低金利となっているので、資格条件に合致さえすれば利用しない手はありません。今回は、お金の給付や仕事を探しながら貸付を受けるなど、いろいろなハローワークの活用法をご紹介します。

失業保険給付だけじゃない!ハローワークの役割とは?

©cassis

職業訓練窓口・仕事斡旋の役割としてのハローワーク

ハローワークの真髄とも言える「職業斡旋」。職がない人に職業を斡旋するため、窓口相談やインターネットでの職業検索を行っています。また、ハローワークに求職申込みをしている人で必要な教育訓練が必要な場合、基金訓練を受けることで条件が合致すれば、その教育訓練の期間中に毎月10万円と通所の交通費が支給されるという制度もあります。

ただし、毎月1日はハローワークに出向く必要があり、自身の経済状態を預金通帳などで提示する必要があります。

ハローワークの職業訓練を受けてお金をもらう

実はハローワークで仕事を探しながら、お金が借りられるというのはこれらの資金のことです。正式名称を「生活福祉資金貸付制度」で、4種類の貸付金が受けられます。これらは、低所得者、障がい者、高齢者世帯を対象としたもので、「総合支援資金」「福祉資金」「教育福祉資金」「不動産担保型生活資金」の4種類に分類されます。それぞれ用途や必要に応じて支給されます。

ハローワークの職業訓練を受けてお金をもらう

©Rirekisho_4832

職業訓練とは何か?

職業訓練とは、ハローワークに求職の申し込みをしている人向けに、早期に就職を決めるための職業訓練の講座を受講できるシステムです。過去に雇用保険をかけてなくても受講できます。また、職業訓練には種類があり、厚生労働大臣の認定を受けて、民間の機関が訓練を行うもの(民間職業訓練)、都道府県の職業能力開発センターが訓練を行うものがあります。

職業訓練給付金とは?

職業訓練給付金とは、職業訓練を受けることになった人が、一定の資格をクリアすることで、毎月10万円+と通所手当を支給されるというものです。もともと、雇用保険を受けられない人のために生まれた制度で、一律10万円という給付を受けることで生活費の心配なく教育訓練に専念できるのがメリットなのですが、給付を受けるには、本人の毎月の収入が8万以下、世帯収入が月25万以下、世帯の金融資産が300万以下、現在住んでいる所以外に土地、建物を所有していない、すべての訓練実施日に出席している(やむを得ない場合でも8割の出席率が必要)など、いろいろな制限があります。

職業訓練給付金の申請の仕方

職業訓練給付金を受けようとする人は、教育訓練の申し込みをする際に、教育訓練給付金の事前審査を申請し、ハローワークでもらった受付印を押した受講申し込み書を、各訓練機関に提出する流れとなります。それから各訓練機関での面接を経て、合格すると晴れて教育訓練を受けながらの受給となります。

しかし1ヶ月に一回はハローワークに行って自身の経済状態を報告しなければなりません。その時には預金通帳などを持参して係員に報告することになります。また、訓練が行われた日にはすべての授業を受けていなければならず、(やむを得ない場合は8割)1日でも欠席すると給付金は支払われないという厳しい規則があります。

ハローワークで仕事を探しながら「生活福祉基金」を申請する

©maroke

生活福祉基金とは何か?

生活福祉基金とは、市区町村の社会福祉協議会が窓口となるもので、低所得者や障がい者、高齢者世帯に、就職に必要な知識や技術などの習得の他に高校、大学等への就学、介護サービスなどの資金を貸し付けるというものです。また、貸付だけではなく、地域の民生委員が資金を借りた世帯の資金繰りなどの相談に乗るサービスもあります。

生活福祉基金には、ざっくりわけて4種類、細かくわけて9つの種類があります。大まかな4つとは、生活支援、住宅入居、再就職のための教育費用などの一時生活再建の費用である「総合支援資金」、介護の福祉用具の購入や怪我や病気の療養などの「福祉資金」、低所得世帯の子供などの高校・大学・高専への入学費、「通学費教育支援資金」、自宅を担保として借りる、生活保護受給や低所得の高齢者世帯の生活資金の「不動産担保型生活資金」があり、それぞれ用途によって金額も異なります。

生活福祉基金とは、どんな人が受けられるか?

生活福祉基金は、低所得者、高齢者、障がい者世帯を対象とした貸付制度です。主に銀行や金融会社などのカードローンからお金を借りられない人、65歳以上の高齢者がいる世帯、障がい者がいる世帯などが対象ですが、収入があっても極端に低く、返せる見込みがないなどという場合には、貸付を断られてしまいます。収入の目安は「市町村民税非課税程度」となっていますが、実際のところは東京都の2人世帯で272,000円程度だと貸付を受けられるようです。

また、他の貸付制度を利用できるが、低金利だからこちらの利用を希望している、生活保護や失業給付を受けている、多重債務者、住宅の確保が出来ていないなどの人は生活にいくら困っていても、貸付を断られてしまいますので、注意しましょう。

生活福祉基金の貸付の額や返済方法

ではこの生活福祉基金はどうやれば、貸付してもらえるのでしょうか?この貸付の管轄は厚生労働省なのですが、実際の窓口となっているのは、市区町村の社会福祉協議会です。多くの場合、社会福祉協議会は都道府県や市区町村の庁舎内に事務所があるので、「市役所でお金が借りられる」と思いがちですが、それは間違いです。

貸付は、連帯保証人がいるなら無利子になる場合が多く、福祉資金と教育支援資金は連帯保証人がいなくても無利子です。また、それ以外の資金も最高3.0%の利子となり大変に低金利です。また、返済期間も総合支援資金は10年、福祉資金、教育支援資金は20年(緊急告示資金は12ヶ月)、不動産担保型生活資金は契約終了後3ヶ月以内となっています。

また、生活支援費は、失業前の給料をもとに決定し、最長12カ月借りられますが、就職が決まった時点で打ち切りとなります。働き始めて最初にもらえる給料は、勤務日数の関係で少ない場合もあるので、就職した翌月までは借りることができます。ただし、働き始めて最初の給料は、勤務日数により金額少ない場合もあるので、就職した翌月までは借りることができます。

あくまで生活福祉基金をあてにするのではなく、きちんと仕事を探し、失業給付を受けながら、どうしても困ったときに生活福祉基金の活用を検討した方がいいかもしれませんね。

まとめ

今の時代は、たとえ正社員であってもいつ何時、職を失ってしまうかもわかりません。それは倒産や事業縮小などの会社の都合である場合や、自己都合などの場合もあります。失業した時に十分な貯金があれば、それで暮らせますが、すべての人がそのような恵まれた環境にいるとは言い難い部分もあります。そんな時に困らないように、国が作ってくれた「職業訓練給付金」や「生活福祉基金」などの制度がありますので、困ったときには思い出してくだされば幸いです。

ライター紹介 ライター一覧

みくまゆたん

みくまゆたん

ログ歴10年、ライター歴1年。自身の婚活体験を元にした婚活コラムで人気。大手街コンサイトや商業サイト、メルカリやネットバンク活用などで学んだ節約方法などをお伝えするマネーコラムや美容、結婚サイトなど幅広いジャンルにて、現在WEBライターとして活躍中。(Twitterアカウント)@mikumayutan (ブログ)「貢ぐは馬鹿だが幸である」http://mikumayutan32.hatenablog.com

関連記事

  • 消費者金融カードローン一覧を一挙紹介!会社のタイプで分類

  • じぶん銀行カードローンはauユーザー必見の仕掛けアリ

  • 最後の頼みの綱!おばあちゃんにお金を借りるその口実とは?

  • 知らなかった!免許証だけでお金を借りる?その詳細とは?

  • 消費者金融とサラ金・ヤミ金って何が違うの?違いを詳しく解説

  • オリックス銀行カードローンなら口座開設不要&ATM手数料無料