1. TOP
  2. 意外とかかる!引っ越しにかかるお金を借りるおすすめの方法

意外とかかる!引っ越しにかかるお金を借りるおすすめの方法

お金を借りる
  11 Views

就職をして社会人になる時や結婚した時など、人生の節目ごとに経験する人が多いのが引っ越しです。中には何回も引っ越しを経験する方も少なくはないでしょう。

いざ引っ越ししようとした際に、意外にかかるその費用に頭を悩ませる場合もあります。引っ越し費用が足りない時には賢くお金を借りて、やりくり上手を目指しましょう。

Sponsored Link

引っ越しして新生活を!そんな時に必要になるお金とは?

©japolia

引っ越しにかかる費用について

引っ越しをする際には、どこの業者に頼むか決めるために引っ越し業者に金額の見積もりを出してもらいますよね。その際、多くの方が比較検討するために複数の業者に見積もりの依頼をするのではないでしょうか。

そして、それぞれの業者から提示された見積金額の中から引っ越しに見合う金額を見極め、最終的に業者の決定をしていきます。

見積もりをする際に、運ぶ荷物の量を業者に見せることでしょう。しかし、引っ越し費用は、荷物の量だけで決まるというわけではありません。

荷物の運送にかかる費用や作業する人にかかる人件費、また、梱包する費用や保険料もかかることでしょう。また、エアコンの取り外しなどを引っ越し業者に依頼するとそれに対する費用が請求されることになりますので、個々の状況に合わせたプラスアルファの費用についても考えに入れておく必要があります。

引っ越しを進める上でかかる可能性のある費用

先ほどは、基本的にかかってくるであろう引っ越し費用についてご紹介しました。実際に引っ越しを進めていく中では、状況によってご紹介した以外にも、想定外の費用がかかってくる可能性があります。

例えば、キャンセル料金です。見積もりを取って業者も決まり、契約しても、引っ越し当日に不測の事態が起きることがないとは言い切れません。引っ越しのキャンセルをしたり、引っ越し日を変えてもらったりする場合には、キャンセル料が請求されることがあります。

また、もう1つ頭に入れておきたいのが、追加料金の発生する可能性です。思った以上に手間取ったりして引っ越しの作業が長引いたりした場合には、その分お金が上乗せされることもあり得ます。そういったことは業者と契約する段階で確認しておくことが望ましいです。

また、プラスアルファの費用がかかる可能性もあるということを頭に入れておくことが大切です。引っ越し業者によっては、現金での支払いしか受け付けないというところもありますので、十分に注意しましょう。

引っ越しにかかるその他の費用

新生活を始めようとする場合には、引っ越し自体にかかる費用に加えて、引っ越し後の新生活にかかる費用も併せて考えておくことが重要です。

例えば、引っ越し後の新居が賃貸であった場合には、その契約にかかる費用も引っ越しと同じくらいの時期にかかってくることになります。具体的に、新居の契約費用にはどのようなものがあるのでしょう。

まず、敷金・礼金です。礼金とはその名の通り、謝礼金として大家さんに払うお金のことです。分かりにくいのが、敷金の方ですが、こちらは家賃の滞納時や退去時の部屋の修繕などに充てられるお金のことです。どちらも家賃の数か月分かかる場合もあるため、新生活の計画を立てる上では忘れることのできない費用と言えるでしょう。

その他にも、不動産業者に支払う仲介手数料や万一の場合のための損害保険料などがあります。新居の前払い家賃や日割り家賃などが発生する場合もありますので、事前確認が大切です。

引っ越し費用を節約するために

©Y’s harmony

運ぶ荷物は厳選したものを

引っ越しの見積もりの際には、運ぶことが想定される荷物は少ないに越したことはありません。引っ越しをする場合には、なるべく早くそのことを意識して作業を開始することで、不要なものを捨てたり、売れるものは売ったりすることができます。不用品を事前に整理できていれば、荷造りや新居背の荷物整理にかかる手間も省けて一石二鳥です。

まず、売れるものはぜひ売るようにしましょう。本やもう着なくなった服なども再利用できる場合がありますので、一度お店に相談してみるといいですね。

次に、新しい生活も始まることですから、この機会に残しておくものと捨てるものを選別してみましょう。普段から整理が苦手だと、要らないものまで取っておいている可能性が高いです。引っ越しギリギリになって、あるものをただ段ボールに詰め込むだけにならないようにすることがポイントです。

引っ越し費用を節約するためには、計画的に進めることを心がけましょう。

引っ越しする時期や日時は慎重に選択する

引っ越しする際に時期を選択できる場合には、引っ越し業者の繁忙期を避けて計画を立てるといいでしょう。一般的に、引っ越しが多くなるのは新年度が始める4月に向けて新生活を始める方が多い2月や3月になります。

また、4月に入ってもまだ引っ越しが残っている可能性がありますので、少し注意しておいた方がいいかもしれません。

さらに、日時に関しても、事前に安くなる日や時間帯などを聞いておくと役に立つことでしょう。見積もりの際には、そのようなことも含めてしっかりと話を聞いておくことが大切です。

自分で積極的に動くようにする

新しい生活への期待が高まる一方で、それに伴う引っ越し作業については面倒だと思う方も多いのではないでしょうか。忙しくてどうしても時間が取れないという方には不可能な場合もあるかもしれませんが、できるなら引っ越し作業の中で自分自身でできることについては積極的に行った方が費用の節約につながる可能性があります。

引っ越し業者によっては、引っ越し前の荷造りから始まって引っ越しに関わる作業を引っ越し業者が行ってくれるコースを用意しているところもあります。個々の状況によっては、このようなコースを活用した方がいいという場合もあるでしょうが、やはりその分引っ越し費用も多くかかってくるでしょう。

面倒でもできることはコツコツと自分で行って、引っ越し業者には最低限お願いすると考えていた方がいいですね。

フリーローンを利用して引っ越し費用を借りる

©kritchanut

フリーローンってどんなもの?

フリーローンとは、個々の目的に合わせてお金を借りることができるシステムです。その意味から、「多目的ローン」とも呼ばれています。このフリーローンは大きく分けて、「無担保型フリーローン」と「有担保型フリーローン」があります。

フリーローンのメリットは低金利であること

フリーローンのメリットは、なんと言っても低金利でお金を借りられる点でしょう。お金を借りる方法はいろいろありますが、返済する時のことも考えて、なるべく低金利で借りられる方法を選択するのがいいでしょう。

ただし、引っ越しまであまり期間がない時など、お金をとにかく早く借りたいという場合には、銀行のローン以外の方法を選ぶなど、個々の状況を踏まえて借り入れ方法を選んでいく必要があります。

時間があるなら自分に合った方法を吟味

引っ越しまでまだ時間がある場合には、お金を借りる方法について吟味してから慎重に選ぶことがポイントになってきます。引っ越し費用などは一時的にかかるお金ではありますが、借金しているということに変わりはありません。お金を借りることの重大性を考えると、なるべく負担が少ない方法を選ぶのが賢明です。

まとめ

引っ越しに必要なお金を借りる1つの方法として、フリーローンのご紹介をしました。新生活を始めるにあたって必要になってくる費用は、引っ越し費用だけではありません。

引っ越しと同時期に必要になってくる費用は、場合によっては高額になる可能性もあります。そのことをよく頭に入れた上でやりくりを考えていくことが大切です。

引っ越しまで十分な時間がある場合には、低金利でお金を借りることができるフリーローンをはじめ、返済時のことも考えた借り入れ方法を吟味して選ぶことをおすすめします。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

minicharo

minicharo

学習塾講師として10年勤めたのち、文系科目を主に指導してきた知識を活かして、もともと興味を抱いていたライターとしてのキャリアをスタートさせました。
幅広い分野の文章作成に取り組みつつ、ライターとしての技術を上げるために日々励んでおります。

関連記事

  • 【資金繰り表の作り方】元銀行マンが作成のポイントを伝授!

  • 質屋でお金を借りる方法!キャッシングとどっちがいい?

  • イオン銀行カードローンは生活密着型で圧倒的な低金利が魅力

  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランのユニークさを検証

  • 帰りの交通費がない!警察にお金を借りる事はできるのか?

  • 「ソニー銀行カードローン」とは?申し込み方法や魅力をご紹介