1. TOP
  2. カードローン
  3. 審査に通りやすいおまとめローンはどこ?

審査に通りやすいおまとめローンはどこ?

 2016/09/13 カードローン
  3,217 Views

「多くの借入の返済がしんどい」
「毎月の返済の管理だけでも大変」

最近のカードローンなどは、非常に借りやすいものになっています。
しかしその分「つい借りすぎてしまった」という方も多いのではないでしょうか。
そのような方は、一度おまとめローンの利用を検討してみましょう。

おまとめローンとは?

「おまとめローン」とは、その名の通り複数の借入を「おまとめ=一本化」するローンのことです。
複数のカードローンやキャッシングを一つにまとめることで、毎月の返済も一本化されます。
返済日が統一されることで、毎月の返済管理も楽に行うことができます。

今利用している借入よりも低い金利のおまとめローンを利用すれば、利息返済負担を減らすこともできます。
金利差にもよりますが、毎月の返済金額を大幅に減らすだけでなく、返済期間を短くすること、つまりより早く完済することも可能になります。

金融機関各社は、このようなおまとめローンを商品化しています。
「おまとめローン」「借り換えローン」といった名称で商品化している金融機関を探してみましょう。
また一般のカードローンをおまとめ目的で利用できるケースもあります。
一度、金融機関の担当者に相談してみましょう。

おまとめローンの審査は通りやすい?

おまとめローンの利用でも、審査に合格しなければいけません。
一般的に「おまとめローンの審査基準は厳しい」といわれています。
どうしても借入希望金額が高額になりがちなため、その分審査基準もどうしても厳しくなってしまうのです。

おまとめローンは法律上、総量規制の対象外です。
貸付金額は年収の3分の1以内という総量規制の影響は受けません。
しかし「年収の3分の1以上」の借入は、それだけ返済負担が大きい借入という判断がなされます。
そのためこの基準を超える金額の借入は審査でも厳しく判断されてしまいます。

しかし借入希望金額に応じた収入と、過去の返済状況などに問題が無ければ十分審査に合格することができます。
重要なのは借入希望金額と収入のバランス、そして個人信用情報を主体とした利用実績なのです。

またおまとめローンの審査では、借入金額と同時に「借入件数」も大きなポイントとなります。
例えば以下のケースを考えてみましょう。

  • Aさん→○○社で100万円、△△社で50万円の借入
  • Bさん→〇〇社で50万円、△△社で50万円、□□社で20万円、◇◇社で30万円の借入

この2人を比較した場合、借入金額は同じ150万円ですが、AさんがBさんに比較して審査では有利と判断されます。
Bさんの場合は「なんらかの問題があって一度に高額の借入ができない」と判断されてしまうのです。
おまとめローンとはいっても、借入件数はせいぜい3社程度、4社~5社程度がボーダーラインと考えておきましょう。

銀行カードローンに「おまとめ可能」の表示が消えた!!

現在の銀行カードローンには、これまで表示されていた「おまとめ可能」といった案内が見当たりません。
これは2016年以降に、銀行カードローンの過剰な貸出が問題視されたためです。

これまでは銀行カードローンは「総量規制の対象外」として、年収の3分の1以上の貸付も行われていました。
宣伝文句でも「総量規制の対象外」を積極的に取り入れて、多くの顧客を獲得していました。
このような貸付手法が、弁護士会などから問題視されるようになったのです。

その結果、各銀行は自主規制を設けて年収の3分の1以上の貸出を制限するようになりました。
同時に「総量規制の対象外」「おまとめ可能」といった宣伝文句の表示を規制するようになったのです。

誰でも絶対に通るおまとめローンはあるのか?

先に「おまとめローンの審査基準は厳しい」と説明しました。
しかし利用者からすれば「何とか審査に合格したい」と考えるのは当然のことです。
自分の収入などに自信がある方であれば、審査にも自信を持って臨むことができるでしょう。
一方、少しでも不安を感じる方は、できるだけ審査に合格しやすい先で申込を行いたいと思われるかもしれません。

果たして誰でも絶対に通るおまとめローンとはあるのでしょうか。

誰でも絶対に通るおまとめローンは存在しない

結論からいうと「審査に絶対通る」「必ず借りれる」おまとめローンは存在しません。
金融機関も貸したお金が返済されなければ困ります。
そのための審査であり、審査によって申込者の返済能力を判断するのです。

極端な例では、例えば仕事をしていない、無職で収入のない方が「お金を貸して欲しい」といっても、返済の見込みがあるわけがありません。
このような方に対して融資を行う金融機関はまずありません。

中小消費者金融ならチャンスもアップ

一方、審査基準は各社で異なっています。
「審査に通りやすい」「審査に通りにくい」という金融機関の違いがあるのも事実です。
一般的には「銀行は審査基準が厳しい」「消費者金融は審査基準が緩やか」であるといわれています。
もちろん申込者の収入や属性などにより異なってくるでしょうが、銀行に比較して消費者金融が審査に合格しやすいのも事実です。

特に審査が緩やかであるといわれているのが「中小の消費者金融」です。
大手先ほど知名度が低い中小の消費者金融は、少しでも審査基準を緩くして顧客獲得競争に勝ち抜く必要があります。

中小の消費者金融の審査が通りやすい理由は、他にもあります。
大手先では申込者数も多いため、申込者一人一人に時間をかけて審査を行うことが難しくなっています。
どうしても表面上のデータなどを主体として審査を行わなければいけません。

一方中小の消費者金融では、申込者数もそれほど多くはありません。
その分、申込者一人一人にじっくりと向き合うことができるのです。
例えば過去に金融事故を引き起こした方、個人信用情報に問題がある方は、大手先ではまず審査に合格できません。
しかし中小の消費者金融の中には、このような方でも申込可能と明記している先もあります。
必ず審査に合格できるわけではありませんが、現在の返済能力も加味して審査に合格できるチャンスもあるというわけです。

悪徳金融業者には要注意

一方中小の消費者金融の中には、悪徳金融業者も存在しています。
いわゆる「ヤミキン」と呼ばれる存在で、高額な金利や手数料を請求してきます。
一度関係を持つと最後、抜け出すことも難しく、最悪の場合以後の人生を失う結果ともなりかねません。

「誰でも即融資」
「他社で断られてもダイジョブ」
「ブラックでもOK」
「無職でもお貸しします」

このような宣伝を掲げる金融業者には要注意です。
悪徳金融業者かどうか見分けるには、正式な登録金融業者であるかどうかを調べるのが確実です。
金融庁のホームページには「登録金融業者の検索ページ」がありますので活用しましょう。

おまとめ目的の場合は、それほど時間の制約はないはずです。
しっかりと調査したうえで、信頼できる金融業者に申込を行いましょう。

審査が甘い中小消費者金融のおまとめローン

ここでは口コミ情報などで審査基準が甘いとされている中小の消費者金融を紹介しましょう。
いずれも「金融業者登録業者」ですので、ヤミキンとは違い安心して利用することができます。

中央リテール

東京に支店があり、来店の必要がありますが、比較的審査に柔軟とされています。
多重債務者などでも柔軟な対応が評判で、全国から来店者があるそうです。
おまとめローンでも審査が甘いと評判です。

  • 借入金額 最高500万円
  • 融資利率 実質年利10.95%~13.0%
中央リテールの公式サイトはこちら

ライフティ

インターネットを利用して24時間申込可能で、自宅にいながら契約、借入まで完結することができます。
平成27年3月16日より取扱を開始したおまとめローンも人気を集めています。
他社への返済はライフティが顧客名で振込をしてくれますので手間が省けます。
比較的審査も柔軟で、合格しやすいと評判です。

  • 借入金額 最高300万円
  • 融資利率 実質年利8.0%~18.0%
ライフティの公式サイトはこちら

ユーファイナンス

おまとめローン「ビッグローン」はインターネットのホームページ上から簡単に申込できます。
10項目で申込完了、最短2分程度で申込を完了させることができます。
その後は来店が必要ですが、5社~10社といった複数借入のおまとめも可能です。

  • 借入金額 100万円~700万円
  • 融資利率 実質年利7.3%~15.0%
ユーファイナンスの公式サイトはこちら

エス・ジー・ファイナンス

多重債務者や個人信用情報に問題がある方でも柔軟に対応してもらえると評判です。
最上限金利も低めで、おまとめ効果も十分望むことができます。
インターネットからの申込で来店不要、全国対応しています。

  • 借入金額 50万円~500万円
  • 融資利率 実質年利9.85%~14.85%
SGファイナンスの公式サイトはこちら

総合マネージメントサービス

不動産担保ローンを展開している金融業者です。
不動産を保有していなければ利用できませんが、住宅ローンを利用中でも申込可能です。
もちろんおまとめ目的のローンも利用可能で、多重債務者や税金を差押えされた方でも、比較的柔軟に対応してくれます。

「不動産担保ローン」

  • 借入金額 30万円~5億円(5億円以上は要相談)
  • 融資利率 年利3.4%~9.8%
総合マネージメントサービスの公式サイトはこちら

一番のおすすめは「アイフル」

最近は銀行、消費者金融ともにおまとめローンの商品化に力を入れています。
申込金額が高額になる分、収益力も高く、新規顧客にもつながるおまとめローンは、各社の競争も激しくなっています。
中でも、おすすめなのが大手消費者金融の「アイフル」です。

アイフルのおまとめローンがおすすめの理由

アイフルには「おまとめMAX」「かりかえMAX」という2種類のおまとめローンが商品化されています。

アイフルがおすすめな理由は次の3点です。

①金利

「おまとめMAX」「かりかえMAX」ともに適用金利は「実質年利3.0%~17.5%」となっています。
標準的な消費者金融のカードローンの最上限金利は「実質年利18.0%」とされています。
アイフルのおまとめローン「17.5%」はやや低い水準であることがわかります。

おまとめローンでは、できるだけ低い金利で利用することがポイントです。
できるだけ低い金利のおまとめローンを利用することで、利息の返済負担を減らすことができるためです。
わずかな差でも、最上限金利が適用された場合の利息の差は、長い返済の間では大きな差となるでしょう。

また最下限金利「3.0%」は業界でもかなり低い水準になります。
これに近い金利での契約は、なかなか難しいでしょうが、それだけ返済負担を抑えるチャンスがある商品ともいえます。

②借入可能金額

「おまとめMAX」「かりかえMAX」ともに、借入上限額は800万円です。
これまでは500万円が上限でしたが、2018年4月に800万円にひきあげられました。
かなり高額のおまとめも可能であることからも、アイフルがおすすめであることがわかります。

③対象年齢

「おまとめMAX」「かりかえMAX」ともに上限年齢が設けられていません。
通常のおまとめローンは65歳~70歳程度で申込可能上限年齢が設けられています。
一方アイフルでは70歳を超えても利用することができます。

ちなみに「おまとめMAX」と「かりかえMAXの違いは、以下の通りです。

  • おまとめMAX→アイフルの利用者、アイフルの利用経験者
  • かりかえMAX→初めてアイフルを利用される方
アイフルの公式サイトはこちら

おまとめMAXの商品概要

貸付対象者 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
貸金使途 アイフル及び他社借入金の借換え
貸付利率 3.0%~17.5%(実質年率)
遅延損害金 20.0%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 1万円~800万円
返済方式 元利定額返済方式
各回の返済金額 毎月決められた固定金額(ただし、初回と最終回は異なる場合があります。)
返済期間及び返済回数 最長10年(120回)
担保・連帯保証人 担保…不要 連帯保証人…不要
必要書類 原則として、他社借入条件等の確認ができる書類
本人確認書類
源泉徴収票等収入を証明する書類

かりかえMAX商品概要

貸付対象者 アイフルを初めて利用される方
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
貸金使途 他社借入金の借換えのみ
貸付利率 3.0%~17.5%(実質年率)
遅延損害金 20.0%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 1万円~800万円
返済方式 元利定額返済方式
各回の返済金額 毎月決められた固定金額(ただし、初回と最終回は異なる場合があります。)
返済期間及び返済回数 最長10年(120回)
担保・連帯保証人 担保…不要 連帯保証人…不要
必要書類 原則として、他社借入条件等の確認ができる書類
本人確認書類
源泉徴収票等収入を証明する書類

ちなみに「おまとめMAX」「かりかえMAX」ともに追加借入は認められていませんので注意しましょう。

アイフルの公式サイトはこちら

その他、おまとめローン

もちろん他にもおすすめのおまとめローンは商品化されています。
以下の4社は特に人気が高く、利用を検討してもよいでしょう。

東京スター銀行

人気の高い商品ラインナップが特徴の東京スター銀行。
おまとめローン「スターワン乗り換えローン」も人気を集めています。
適用金利が「実質年利12.5%」と設定されているため、返済計画が立てやすくなっています。
最高1,000万円までの借入も可能で、高額のおまとめも可能です。
その分審査基準が厳しいようですが、十分な収入と個人信用情報を主体とした過去の利用実績に問題がなければ、利息負担を大幅に減らすことのできる商品となっています。

  • 借入限度額 最高1,000万円
  • 借入利率 実質年利12.5%

アコム

消費者金融の中でも知名度抜群のアコム。
アコムのおまとめローン「貸金業法に基づく借換え専用ローン」は、その名の通り総量規制の影響を受けません。
年収の3分の1以上の借入でもおまとめ可能となっています。
消費者金融ですので、銀行カードローンに比較して審査基準も緩やかであることが期待できます。

  • 貸付金額 1万円~300万円
  • 借入利率 実質年利7.7%~18.0%

プロミス

こちらも最大手消費者金融の一つであるプロミス。
「おまとめローン」は総量規制の対象外とされており、年収の3分の1以上の申込も可能です。
比較的審査にも合格しやすいと人気のある商品です。

  • 融資可能額 最高300万円
  • 借入利率 実質年利6.3%~17.8%

ライター紹介 ライター一覧

コルコル

コルコル

WEBライター歴4年。関西のファッションデザイン学校を卒業後、同校の教員を数年勤める。後に、有名画廊へと勤務。チュニジア在住(パートナーがチュニジア人)。3人の子供と家族を支える「働くお母さん」。愛読書は『ガラスの仮面』と『エースをねらえ!』。昭和の語り部でありながら、現代の事情にも詳しくなろうと日々奮闘している。

関連記事

  • 【銀行カードローン】を利用したい!おすすめカードローンと気になる【審査】まるわかり

  • 【使い分けよう】SMBCモビットのweb完結とカード申込みを徹底解剖!

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」について解説!

  • 【今!すぐに借りたい!】急いで借りたい時には収入証明書不要のカードローン

  • 高額の借入審査に【確実に】通るヒケツ教えます

  • 家族バレ職場バレなしのカードローン~【バレないカードローン】で借入するには