1. TOP
  2. 【法テラス】でお金のトラブル相談をしよう!【体験談付き】

【法テラス】でお金のトラブル相談をしよう!【体験談付き】

 2017/01/10 特集
  166 Views

お金にまつわるトラブルや困っていること、そのままにはしておけません。
ですが解決方法を探ろうと思っても、気軽に弁護士や司法書士に相談するのは少しハードルが高いものです。

「ちょっと難しい。」「相談費用が気になる。」と感じる方が大半でしょう。
誰でも安心して専門家へ相談できるのが、『法テラス』と呼ばれている日本司法支援センターです。

お金だけでなく、交通事故や離婚などに関する法的な問題を抱えている方が相談でき解決を図れます。
この記事では、

法テラスとは
②法テラスではどんな相談ができる?
③法テラスの審査・報酬はどうなっている?
④他に経済的な困窮で相談できるところは?
⑤体験談

について書いています。

・ローンの返済に困っている方
・弁護士に相談したいけれど費用が気になる方
・法的なトラブルを解決したい方

たちにとって助けになる法テラスについて知ることができます。

 

Sponsored Link

法テラスとは

国が設立した相談先案内所

法テラスは、正式には日本司法支援センターという名称です。
法務省の管轄下にあり、国が設立しているのですが国家機関ではありません。

身のまわりで起こった困った出来事に対して、法制度を案内したり適切な窓口を紹介したりしてくれます。

 

相談先に悩むトラブルに

法テラスでは、経済的な余裕がない方のために、弁護士や司法書士による相談を無料で受け付けています。
トラブルが起こった際に、「○○をすればよい!」とすぐにわかれば対応もできるでしょう。

しかし、トラブルの原因が一つだけでなく複雑に絡み合っていることもありますね。
「解決したくてもどこから手をつけたらよいのかわからない…。」こんな場合には法テラスでの相談が最適です。

 

法テラスではどんな相談ができる?

法的な問題なら相談範囲は広い

法的なトラブル全般に対応しているため、

*借金(債務整理、闇金、多重債務、過払い金請求など)
*職場でのトラブル(パワハラ、セクハラ、労災認定など)
*夫婦や男女間のトラブル(離婚、親権、不倫など)
*交通事故(免許停止、免許取り消し、交通違反など)
*法的な手続き(内容証明、強制執行、少額訴訟など)
*消費者被害(ワンクリック詐欺、振り込め詐欺、マルチ商法など)

といったように、広範囲に渡った相談を受け付けています。

 

電話でも相談可

法テラスは直接行くだけでなく、サポートダイヤルやメールでの相談も可能です。
法テラスサポートダイヤル(0570-078374)の受け付け時間は平日9:00~21:00、土曜日9:00~17:00です。

メールは24時間いつでも受け付けています。
直接行く時間がなかなか取れない、直接相談するのに不安がある方も安心して問題解決に取りかかれるでしょう。

 

法テラスの審査・報酬はどうなっている?

法テラスで問題を解決できるようになるまでの流れを、具体的に見ておきましょう。

トラブル解決の情報を集める

複数の借入先があって、返済不可能な状態に陥りそう。

返済ができない状態の時には、債務整理が行えます。ただし債務整理にも自己破産、民事再生、任意整理などの種類があります。場合によっては過払い金が発生している可能性もあるでしょう。借入の状態によって、どの方法で解決するのがよいのかを適切に指示してもらえます。

 

無料の法律相談を受ける

借金が返せない状態だからお金がないのに、法律相談なんかできない。
 ↓
一定の条件を満たしていれば、無料法律相談を受けられます。
条件とは、

A.収入が一定額以下であること(手取り月収額の基準があります。)
B.勝訴の見込みがあること(和解、調停、示談などで解決できる可能性がある、自己破産の免責見込みがあるといった場合です。)
C.民事法律扶助の趣旨に適していること(ただ単に報復したいだけ、宣伝したいためといった目的での訴訟は不可となります。)

このうちA、Cを満たしていれば無料法律相談を受けられます。
また弁護士費用等の立て替え制度を利用するなら、Bも含めてすべての条件を満たしておかないといけません。

事前に条件を満たしているかを確認してから予約を取ることができます。
立て替えは、問題解決が進行している間は毎月5000円または10000円ずつ返済していきます。

また問題が終了した後には3年以内で完済できるように、月々分割で返していくことになります。

 

他に経済的な困窮で相談できるところは?

生活困窮者自立支援制度

平成27年4月から始まった、暮らしに困っている方の相談窓口です。
都道府県や市町村に相談窓口が設置されています。

個別の支援プランを作成してもらえます。
リストラや再就職ができないなどといった問題だけでなく、家計管理ができなくて借金を繰り返してしまう方も相談対象です。

 

生活福祉資金

持ち家があると生活保護を利用できません。
生活保護を利用できない方のために創設されたのが生活福祉資金です。

これは不動産を担保にして生活費を借ることができます。
連帯保証人を立てられれば無利息、通常は年1.5%の金利で借りられます。

市町村の社会福祉協議会に相談します。

 

体験談

実際に法テラスを利用するとどうなるのか、体験談で確認してみましょう。

30代後半、男性、年収300万円、消費者金融カードローン(3社)を利用。転職によって年収が下がってしまい、返済困難に陥る。

*年収が下がったのがきっかけ

もともとさほど年収が多くなく、給料日前などに便利なカードローンを時々利用していました。
その時は借りたら即全額返済していたので、まったく問題ありませんでした。

ある時友人に誘われて、知り合いが経営している会社に転職を決意したのです。
もともとやりたい職種だったことと、通勤の負担も減らせそうなので魅力的でした。

ところが、給料が思っていたよりも極端に下がることになったのです。

 

カードローンの使い方が変わった

生活レベルは簡単に下げられるものではなく、買いたいものがある時にカードローンを利用するようになりました。
これは以前のように全額返済はできず、月々の約定返済額を返す利用方法です。

この時点で限度額に到達したため、別の消費者金融も利用し始めました

 

*借金が増えていく

気が付いたら、3社での借入で収入の大半を返済に回すことになっていたのです。
借入額が減るどころか、1社への返済に別の会社で借りて乗り越えることを繰り返していました。

逆に借金はどんどん増えていたのです。

 

*専門家への依頼はたやすくない

返済不能になり督促状が送られてきても、返すお金はありません。
解決策を探していると、専門家への相談がよいというのは分かりました。

しかし、いきなり弁護士事務所に依頼するのはこれまでそんな経験もなく簡単ではなかったです。
だいたいお金が返せないのに、費用がかかる弁護士に頼めるのか?と不安が大きくなってしまいました。

 

*法テラスがあることを知る

弁護士に無料で相談できる方法はあるということは聞きかじっていました。
探してみると、「法テラス」なら無料相談の受け入れがあるのが見つかったのです。

現役の弁護士が相談に対応してくれ、相談の結果弁護士への依頼をする必要があるなら、法テラスが一旦弁護士費用を立て替えてくれるそうです。
「解決策がある。」と分かった時には、光が見えた気がしました。

 

*ついに法テラスに相談

電話でまず自分が無料相談や、立て替えの条件を満たしているのかを確認しました。
その後最寄りの法テラスに向かいました。

債務の状態が一目でわかる資料が必要なので、作成していきました。
また援助申込書はその場でももらって書けますが、ホームページにあったので先に記入してから持って行きました。

 

*こんなことを聞かれる

援助申込書には氏名や住所、家族についてなどをまず記入します。
さらに債務の状況や相談時点での収入も書いていく必要があります。

債務の状況はいつ借りたのかなど、具体的であるほどよいようです。
この段階でなんとなく「債務整理をしないといけないかな…。」と予測していました。

しかし具体的にどこから手をつけるのかもわかっていなかったのです。

 

*具体的で的確なアドバイス

予想通り債務整理するべきだと弁護士さんにアドバイスを受けました。
しかし債務整理には任意整理と呼ばれる借入先と同意の上で返済額を減らす方法、借金はゼロにできるものの二度とローンなどが組めなくなる自己破産など様々なものがあったのです。

弁護士さんには借入期間が長いので、過払い金が発生している可能性があるとの指摘を受けました。
実際には過払い金が発生していなくても、自己破産よりも任意整理を選んで返済を続けたほうがよいとのアドバイスでした。

 

*弁護士費用の立て替えも

任意整理をしようと決意したものの、借入先との交渉を自分がスムーズにできるとも思えませんでした。
そのため、これも弁護士さんに依頼しようと決めたのです。

条件はありますが、満たしていれば弁護士費用も立て替えてもらえます

 

*法テラスでは面談による審査がある

審査は面談で行われ、具体的な収入や家族構成、借金の状態などを聞かれました。
生活費もおおよその数値ではなく、食費や学費など細かい項目まで細部にわたって確認されるのです。

 

*面談後はすぐに審査結果がわかる

収入がリミットを超えていないか、借金はどれくらいなのか、などが審査されていきます。
また任意整理での条件を、借入先が受け入れるかどうかなどの成功率も含めて審査されるのです。

すぐに審査の結果が分かり、さらに法テラスと弁護士費用の立て替えにおいての契約をしました。
月々の返済額の目安も法テラスから指示があるので、計画に基づいて返していくことになったのです。

 

*もっと早く相談しておけばよかった!

法テラスでの相談の流れはスムーズですし、自分がどうすればよいのか、またこれ以上借金を増やさないことなどの対策ができて本当に安心できました。
借金に対して「どうしよう。」と迷っている間に膨らんでしまったのですが、もっと早い段階で相談しておけばよかったとつくづく思っています

 

まとめ

困ったことがあっても的確な相談先がわからなければ、そのままにしてしまうこともあるでしょう。
しかし借金問題なども含めて、いつのかにか勝手に解決していることはまずありません。

・法テラスとは?
・法テラスで相談できること
・具体的な相談や解決までの流れ

などはトラブルに陥っている方に必ず役立ちます。
サポートダイヤルやメールも利用できますので、まずは利用できるかどうかの条件を確かめてみましょう。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

コルコル

コルコル

WEBライター歴4年。
関西のファッションデザイン学校を卒業後、同校の教員を数年勤める。
後に、有名画廊へと勤務。

チュニジア在住(パートナーがチュニジア人)。
3人の子供と家族を支える「働くお母さん」。

愛読書は『ガラスの仮面』と『エースをねらえ!』。
昭和の語り部でありながら、現代の事情にも詳しくなろうと日々奮闘している。

関連記事

  • 【2016年4月から解禁】不妊治療保険加入前の注意点は?

  • 【働くパパへ】子どもを無認可保育園に預けた時に出る補助金を見逃すな

  • 【15秒以内に好印象!】気になる相手にも好かれるようになる第一印象改善4つのコツ

  • 【驚異の金利】外国の銀行で海外口座開設!日本人でも口座開設可能な国をご紹介!

  • 【40代の転職は厳しいか?】今の働き方が満足か考えてみよう

  • 【スマホ動画編集】スマートフォンで撮った動画でオリジナルDVDを作ろう!