1. TOP
  2. 【注目】古着で金券をゲット!使い勝手の良い古着回収サービスはコレ

【注目】古着で金券をゲット!使い勝手の良い古着回収サービスはコレ

節約術
  125 Views

旬が過ぎた、体形が変わった、子どもが大きくなった…様々な理由でどんどん増えていく古着。なかなか処分できず困っていませんか?そんな方に耳よりの情報があります!近ごろ、多くのブラントやアパレル企業などで、古着のリサイクル回収サービスをしているところが増加中なのです。

今回は、金券がゲットできる古着回収サービスの中でも、使い勝手の良いサービスをご紹介します。賢く利用して、タンスをすっきりさせつつ欲しかった洋服をお安くゲットしてくださいね。

タンスの肥やしになっている古着が金券に!「古着回収サービス」

©beeboys

 

古着回収サービスは2種類「金券配布型」と「寄付型」

タンスの肥やしになっている古着の数々。リサイクルショップに持ち込んでも、1袋50円などという悲しい値段しかつかない場合もあるでしょう。ところが、ここ最近、もっと「使える」古着のリサイクル方法が出てきているのです。

大手アパレルショップなどで、なんと金券と交換できる古着回収サービスをやっているところが増えています。今回は、金券と交換できる古着回収サービスの中でも、使い勝手の良いサービスを厳選して紹介します。ぜひ活用してタンスの整理と新しい洋服ゲットに役立ててくださいね。

大手アパレル企業や衣料量販店などで実施されている古着回収サービスには、大きく分けて2種類あります。ひとつは、金券や割引券がもらえるサービスで、もうひとつはタダでボランティア活動に寄付できるサービスです。金券配布型は、持ち込んだ古着の量に応じて自社ブランド品の割引券や金券がもらえます。

持ち込める衣料品の種類や制限がサービスによってかなり違いますので、上手に利用するには、自分にとって使いやすいサービスを見極めておく必要があるでしょう。また、金券配布型の派生として、「無印良品」のような自社発行ポイントに換算して付与する、というものもあります。

寄付型は、その名の通り持ち込んだ古着をボランティア活動に寄付するサービスです。古着を持ち込んだ側は、タダで寄付ができるというメリットがありますが、金券はゲットできません。寄付型の代表的な例は「ユニクロ」のリサイクルシステムです。

使い勝手の良さは3つ!「サービス期間」「他社製品もOKか」「金券の使用期限」

金券配布型の使い勝手は、どこで見極めれば良いのでしょうか?そのポイントは3点あります。

  1. 古着回収サービスを常時やっているか、期間限定でやっているか
  2. 持ち込み可能な衣類の種類がそのブランドだけか他社製品も可能か、その他衣類の種類に制限はあるか
  3. 受け取れる金券の使用期限が極端に短くないか

最初に挙げた「サービス実施期間」は、利便性を大きく左右する要素でしょう。常時受け入れOKのサービスが、最も使い勝手のいいサービスです。持ち込み期間が限られているサービスは、時機を逸するというデメリットがありますので気をつけてくださいね。

持ち込み可能な衣類が、他社製品がOKかどうかもポイントです。手元にはノンブランドの衣類が残りがちですので、他社製品も受け入れてもらえるかどうかはよく確認しましょう。

また、もらえる金券の中には、期限が非常に限られているものもあります。金券を無駄にしないために、ある程度買い足したい洋服を決めておいて、金券をゲットしたらその足で洋服購入をしてしまうのがおすすめです。

サービスの特徴によって使い分けることがポイント

もちろん、いくら使い勝手が良くても、その古着回収サービスを実施しているブランドの洋服が買いたいと思えなければ、その金券は無駄になります。単なる古着回収サービスとして割り切って使うのならいいのですが、金券を有効利用したいのなら、やはりお気に入りのブランドが展開している古着回収サービスをメインに使ってください。

ただ、持ち込み可能な衣料品の種類によっては、非常に「狭き門」のサービスも多くあります。特にリユースを目的とした古着回収サービスは、次の人もすぐに着られる衣料品のみを受け入れるため、持ち込める点数も少なくなるでしょう。処分したい衣料品の種類によっては、金券のことはさておいて単に持ち込みやすいリサイクルサービスとして利用するという考え方もアリです。様々な古着回収サービスを知って、上手に使い分けてくださいね。

他社製品&常時持ち込みOK!使い勝手のいい古着回収サービス

©leungchopan

「H&M」持ち込み可能な種類豊富で使い勝手抜群!洋服1袋で500円券

それでは、使い勝手のいい古着回収サービスについていくつかご紹介していきたいと思います!人気のファストファッションブランド「H&M」。2013年度から独自の古着回収サービスを始めていて、全国の「H&M」店舗で持ち込み可能です。注目すべきは、持ち込める衣類の種類が豊富なこと。他社製品はもちろんのこと、他の古着回収サービスでは断られてしまうことの多い汚れや破れのある衣類、タオルやシーツなどの布製品も問題なく受け入れてもらえます。

衣類を詰めていく袋の材質も大きさも問われず、1日何袋でも持ち込めますが、発行する500円クーポン券は上限2枚です。500円クーポン券は3,000円以上につき1枚使用できます。クーポンの有効期限については、券面に印刷されているためか、配る時期によって半年の場合とか1ヵ月の場合とかいろいろあるようですので、もらったらすぐに確認してくださいね。

「H&M」をよく利用する方は、ショッピング前に古着を適当な袋に詰め込んで持って行きましょう。発行されるクーポン券は当日すぐ使えるので、その場で新しい洋服が買えます。捨てるしかないと思うような古着の活用法として、使い勝手は他に比べて抜きんでていておすすめです。

【公式】http://www2.hm.com/ja_jp/index.html

「ライトオン」洋服1袋で500円券ゲット

ジーンズを中心としたアメカジファッションを展開する「ライトオン」も、使いやすい古着回収サービスを実施しています。常時受け入れOKで、他社製品も含めて衣類は全部受け入れOKです。受け入れ対象外は、靴下や下着、帽子などのファッション小物類や、激しく汚れていたり濡れていたりするもの。詰めていく袋の材質や大きさも一切問われません。洋服1袋につき、500円のクーポン券を1日上限2枚までもらえます。1回で何袋でも持ち込めますが、枚数の上限がある点などは「H&M」と同じですね。

古着回収サービスを実施している店舗は「ライトオン」およびの系列店全てで、「フラッシュリポート」「チャイム」「バックナンバー」「バックナンバーキッズ」になります。クーポン券の期限は3ヵ月で、税抜きで5,000円以上買うと1枚使えます。「ライトオン」も、メンズ・レディース・キッズの洋服が買えますので、新しい洋服を買いたい時に使いやすいサービスです。

【詳細】https://right-on.co.jp/reuse/

小さな子どものいる方必見!「そごう西武」子ども靴1足につき500円割引券

小さな子どもはどんどん大きくなるので、子ども靴もあっという間に買い替えなければならないもののひとつですよね。「西武・そごう」は、育ち盛りの子どもがいるファミリー層に嬉しい「こども靴下取りサービス」を行っています。集められた靴は、アフリカのザンビア共和国に送られ、現地の子どもたちに寄付する仕組みです。

下取りできる条件は、靴の状態は問われません。ただ、上履きやスリッパなど、一部の靴は対象外とのことなので、迷う場合は持って行った時に聞いてみると良いでしょう。1日3足まで持ち込み可能で、1足につき、500円の割引券がもらえます。この割引券は、「西部・そごう」の子ども服売り場で5,000円以上に買い物をした時に使え、セール品にも使用可能です。

子ども靴専門の下取りサービスですが、もらえる割引券は子ども服にも使える点が嬉しいのではないでしょうか。使用期限は3ヵ月ですので、期限が切れないうちに有効利用したいですね。子どもの靴が小さくなってきたな、と感じた時、小さくなった靴を持ち込んで買い替えに役立ててはいかがでしょうか。

【詳細】https://www.sogo-seibu.jp/kodomogutsu_houkoku/

回収期間が決まっている古着回収サービス

©hikdaigaku86

「イオン」1回の持ち込みにつき5%・10%オフクーポン券

次は、回収期間が決まっている古着回収サービスをご紹介しましょう。よく利用する店舗やブランドであれば、利用する価値は十分にあるお得な古着回収サービスです。ぜひ目的に合わせて利用してみましょう。大手流通企業グループ「イオン」は、不定期に公式サイトで「衣料品の下取りキャンペーン」を不定期に実施しています。これまでの実施状況を見てみると、3月・5月・9月・11月と、衣替えの時期に合わせて実施している模様です。詳しくは公式サイトをチェックしてくださいね。

本サービスは、引き取ってもらえる衣料品の種類が細かく規定されています。持ち込みNGのものは、破れがひどいものや濡れている衣料品の他、ファッション小物類、着物や帯、肌着・下着・靴下等です。「イオン」以外で購入した衣料品も引き取ってもらえます。

もらえる金券は、1回の持ち込みにつき、イオン直営売り場の衣料品に使える「5%・10%オフクーポン券」1枚。北海道・九州・沖縄地区のイオンは対象外なのでご注意を。割引クーポンは、合計金額10万円以内の買い物に使用可能です。このクーポン券は、有効期限が非常に短く、キャンペーン実施初日から1週間と少し程度の期間しか使えません。クーポン券をもらったらすぐに使うように計画しておきましょう。イオンをよく利用する方は、チェックしておいて損はない古着回収サービスではないでしょうか。

【詳細】http://www.aeonretail.jp/campaign/shitadori/

「ワールド」百貨店とショッピングセンターで2種類の割引券

大手アパレルメーカー「ワールド」は、「ワールド エコロモ キャンペーン」としてリユースを目的とした古着回収サービスを不定期に行っています。このサービスの特徴的な点は、百貨店とショッピングセンターで持ち込み可能な種類が異なる点と、引き換えの割引券の額が違うところです。

百貨店は、純粋に衣料品のみ(メンズ・レディース・キッズ、他社製品OK)で15点まで持ち込み可能。衣料品1点につき税込み5,400円ごとに使える1,080円割引券がもらえます。ショッピングセンターの場合は、衣料品以外に帽子や靴・ネクタイ・ベルトなどが持ち込み可能になり、持ち込み数は無制限ですが割引券は15枚までが上限。もらえる割引券は、税抜き3,000円ごとに1枚使える500円券です。

帽子や靴、ベルトなどがショッピングセンターのみとはいえ持ち込みOKな点は、珍しいのではないでしょうか。リユース目的のサービスなので、汚れや破れなどがなく、洗濯した衣料品を持ち込みましょう。割引券の配布枚数も多いので、定価で買いたい狙いの商品があれば、ぜひ活用したいサービスです。

【詳細】http://corp.world.co.jp/csr/social/ecoromo/

「マルイ」の古着回収サービスはノンブランドで新品同様の古着があればお得

ノンブランドの衣料品は、新品同様で状態が良くても、ネットオークションでもリサイクルショップでもあまりいい値段になりませんよね。このような衣料品が手元に残っている場合は「マルイ」の古着回収サービスがおすすめです。新品または新品同様のものが対象で、状態が良ければ「マルイ」以外の衣類も引き取ってもらえます。「マルイ」各店舗で開催時期が違い、2~7月は春夏物、8~1月は秋冬物と、2シーズン制で引き取る衣料品の種類を定めている点も特徴的。衣料品以外に靴も持ち込み可能です。

もらえる金券は、税込み2,000円ごとに1枚使える200円割引券。持ち込み点数は店舗によって5点~15点と幅がありますので、公式サイトをチェックしましょう。また、有効期限は発行具機の翌月末までなので、期限切れにならないように気をつけてくださいね。

【詳細】http://www.0101.co.jp/shitadori/index.html

まとめ

今、古着回収サービスに出したい衣料品をまとめてみてください。その衣料品の状態と、これまで説明した各サービスの特徴を考えて、どの古着回収サービスを利用するのが一番いいのか検討してみましょう。使えるクーポン券は、そのブランドでのみ使えるものですので、買いたいと思える洋服のあるブランドを選んで利用してくださいね。いっぱいになったタンスも整理できて金券ももらえていいことばかりの古着回収サービス、上手に活用しましょう。

ライター紹介 ライター一覧

carawaygreen

carawaygreen

メーカー系SIerにて20年間PG・SEとして働いた後、しばらくのブランクを経てフリーランスのライターになる。
旅と猫と写真が好きな、どこにでもいる関西のおばちゃん。
ライター名は高橋源一郎のデビュー作「さようなら、ギャングたち」より。近頃は教科書に載ることもあるらしく、時代の流れを感じる。

関連記事

  • 格安ツアーはSNSでゲット!旅行会社のお得情報を賢く利用しよう

  • 【楽天ポイント倍増!】楽天セールでポイント大量ゲット!

  • 【稼いで貯める】今どきビジネスマンの賢い節約術!

  • 【エネルギー自由化に対応!】電気やガス会社を選んで小金を節約!マル秘テクニック

  • 【知れば知るほどお得】ひとり暮らしの平均電気代&節約方法

  • 【裏技】車がほしい人必見!業者価格で中古車をゲット