1. TOP
  2. 【海外旅行をお得に】両替はもう古い?!現地でキャッシングのすすめ

【海外旅行をお得に】両替はもう古い?!現地でキャッシングのすすめ

お金を借りる
  36 Views

外国で大金を持ち歩くのは危険なので、なるべくクレジットカードで支払っている方も多いです。しかし、現金でしか支払えないお店がありますし、国によってはチップが習慣になっているのでチップ用にいくらかの現金が必要でしょう。 そこで悩むのはどうやって外国で現金を得るかです。外貨を現金で得る方法はいくつかありますが、どの方法が得なのか損なのかをお伝えします。

外貨を現金で得る方法を比較してみよう! 

© leungchopan

空港や両替所で外貨に両替する

まずは外貨を現金で得る方法のいくつかを取り上げます。主な方法は空港や両替所で両替する方法、国際キャッシュカードや海外プリペイドカード、クレジットカードでキャッシングする方法です。比較してどれが一番お得かを説明します。

まずは外貨を現金で得る方法としては、空港や両替所で両替する方法があります。空港や街中に「EXCHANGE」と書かれている文字が目印です。 両替所で両替するメリットとしては、日本で行うなら、手続きのわかりやすさがあげられます。用紙に記入して、両替したい日本円を差し出せばすぐに外貨を現金で手に入れられます。外国で行う時にも、基本的には同じ方法ですのでわかりやすいでしょう。

日本と外国どちらで両替するのがお得かについてですが、両替は「よりマイナーな通貨を発行している国で行う」のが鉄則です。たとえば、アメリカのドルと日本の円ではドルの方がメジャーですのでアメリカに行って両替した方がお得ですし、アジアの国に行った時は現地で両替した方がお得になります。 しかし他の方法と比較すると、金銭的なお得感はありません。たとえば、10万円をドルに両替すると、両替手数料として3,000円ほどかかります。

国際キャッシュカードや海外専用プリペイドカードはどうか

国際キャッシュカードを使って、外貨を現金にする方法もあります。国際キャッシュカードは日本で開設した普通口座に日本円を預けておくと、旅行先の海外ATMで現地の通貨で引き出せます。 日本で銀行ATMを利用するのと同じ感覚で使える便利さがあります。しかし金銭的なお得感はこちらもありません。10万円を国際キャッシュカードで外貨にした場合、3,000円ほどの両替手数料が発生し、さらに100円~200円のATM手数料も発生します。

海外専用プリペイドカードで外貨を現金で得る方法はおすすめできる方法の1つです。たとえば、マネーパートナーズなら10万円をドルにした時の両替手数料が約170円と、お得感があります。カードを持っていて損はありません。 しかし対応している通貨が米ドル、イギリスのポンド、スイスのスイスフラン、ユーロ、中国の元、韓国のウォンと2017年5月の時点で6種類しかありませんので、他の国に海外旅行に行く方は他の方法も知っておく必要があるでしょう。

クレジットカードでキャッシングが一番お得!

両替手数料のお得さと、どの国でも使える便利さでおすすめしたいのが、クレジットカードでキャッシングして外貨を現金で得る方法です。 クレジットカードなら、世界中のほとんどの国でキャッシングできるATMがあります。たとえば、Visaカードなら世界の200か国以上に260万台ATMがありますし、ATMの設置場所もVisaカードの公式サイトで簡単に検索できます。マスターカードは世界210か国にATMがあり、こちらもマスターカードの公式サイトで検索できます。

ダイナースクラブも世界185か国、100万台のATMが使えます。ダイナースクラブのATMはダイナースクラブインターナショナルの公式サイトで案内しています。日本語にも対応していますので安心です。 クレジットカードでキャッシングする場合、両替手数料はかかりません。0円ですから何よりもお得です!後はATM手数料200円ほどとクレジットカードですので利息が発生します。しかし利息は日割りで計算されますので、すぐに返済すれば利息分を少なくできます。

クレジットカードでお得にキャッシングする方法

© pathdoc

海外旅行に行く前に確認しておくこと

クレジットカードでキャッシングする方法が一番お得ですが、この方法で得するには注意点があります。注意点を守らなければ、かえって高上りになりますので気を付ける必要があります。ATMの見分け方やATMの操作方法と共に詳しく紹介しましょう。

ここからはクレジットカードでお得にキャッシングする方法をお伝えします。まずはクレジットカードを手に入れましょう。と言っても財布を覗いたらすでに海外ATMでキャッシングできるクレジットカードを持っているかもしれません。

Visaカードは裏面に「PLUS」と書いてあれば海外ATMでキャッシングできます。マスターカードやJCBカードは「Cirrus」と書いてあれば大丈夫です。大抵のクレジットカードには書かれていますので新たに作る必要はないかもしれません。ダイナースクラブのカードは持っていれば大丈夫です。

さらに渡航前に確認しておきたいことは、暗証番号と利用可能額です。暗証番号を知らなければ、お金を借り入れることはできませんので、わからない場合はカスタマーサービスに電話して確認しておきましょう。 利用可能額も尋ねておきましょう。利用可能額が足りなければ、利用可能額の増額を申し込みましょう。 また、カードを紛失したり、盗まれたりした時のためにカスタマーサービスの電話番号、カード発行会社名、カード番号などは控えておくことをおすすめします。

海外ATMでキャッシングする方法

Visaカードでは、「PLUS」のロゴがあるATMを、マスターカードやJCBカードは「Cirrus」のロゴがあるATMを利用できます。ダイナースクラブは「Pulse」のロゴマークか「Diners Club」と書いてあるATMでキャッシング可能です。 ATMは24時間365日対応しているところが多いですが、海外の夜間の借り入れや混雑しているところはおすすめできません。明るいうちに、可能なら空港や駅、銀行に設置されているATMで行いましょう。

ATMは主に5種類のカードの読み取り方法があります。ATMのスキャンの形状に合わせて読み取らせます。画面を見ながら操作します。言語が選べるなら日本語を選びましょう。選べないなら、まずは暗証番号を入力します。「ENTER PIN」と書かれています。4ケタの暗証番号を入れて、「ENTER」を押しましょう。 ATMによっては5ケタや6ケタの入力が求められることもありますが、その場合でも4ケタの番号を入力して「ENTER」を押せば大丈夫です。

次に取引を選ぶ画面が出てきます。「WITHDRAWAL」(引き出し)を選びましょう。次の口座を選びます。「CREDIT」を選んでください。続いて金額を入力します。あらかじめ金額が設定されている中から選ぶパターンもあります。金額を入力し、「ENTER」を押せば、カード、明細書、現金が出てきます。

得するにはさらにひと手間必要!

クレジットカードでキャッシングして外貨を現金で得る方法は、現金を手に入れた瞬間はどの方法よりも手数料がかからずお得です。しかし、キャッシングですので、返済が遅くなると利息がかかり、お得どころか損することもあります。 そこで、すぐに一括返済を行います。そうすれば利息はほとんどなくて済みますのでお得です。 クレジットカードによって、一括返済の方法は異なります。

パソコンやスマホで公式サイトにアクセスし、インターネットバンキングを使って、手軽に一括返済することができるものもあります。しかし一括返済を電話でお願いし、振り込まなければならないクレジットカードもあります。 海外旅行では時間を無駄にしたくないと思っている方が多いでしょう。短期の旅行なら、特にそうではないでしょうか?そこで手軽に一括返済ができるかがクレジットカードを選ぶポイントになります。

おすすめのクレジットカードはこれだ!

©sumire8

セディナカードは海外旅行のマストアイテム!

クレジットカードでキャッシングし、すぐに返済するのが外貨を現金でお得に手に入れる方法ですが、多くのクレジットカードでは繰り上げ返済を行うのに煩雑な作業があります。そこで、簡単に繰り上げ返済できるクレジットカードを紹介します。また、条件付きでお得になるクレジットカードも紹介しましょう。

海外旅行に行くのにおすすめのクレジットカードはというと、セディナカードがおすすめです。 セディナカードは三井住友フィナンシャルグループのクレジットカードで、その昔はダイエーのOMCカードでした。OMCカードと聞くと馴染みのある方もいるかもしれませんね。 ダイエーの経営再建に関連して、三井住友フィナンシャルグループがOMCカードとセントラルファイナンス、クオークを合併させて2009年にセディナカードが発行されるようになりました。

セディナカードがお得な点は「Pay-easy(ペイジー)」を利用してすぐに一括返済できることです。三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行などのインターネットバンキングを利用して、すぐに一括返済できます。 さらにセディナカードはATM手数料もかかりませんので、すぐに一括返済すれば、費用はその利息だけで済んでしまいます。カード利用から支払い金額の確定まで2日ほどかかるので、2日分の利息で済みます。

ダイナースクラブカードも金利によってはおすすめ

海外の現地で一括返済をせず、返済は日本に帰ってからという方にはダイナースクラブも金利によってはおすすめのカードです。セディナカードは金利が年18.0%です。ダイナースクラブは金利が年15.0~20.0%なのですが、ダイナースクラブに問い合わせたところ、年15.0%が普通ということです。 それで、年15.0%の金利でダイナースクラブカードを作れば、後から日本で一括返済する場合に、セディナカードよりもお得になります。

ダイナースクラブカードは基本的にはリボルビング方式で返済していきますので、お金は後から支払いたいという方にもおすすめです。ダイナースクラブカードの一括返済はコールセンターに電話し、ATMから振り込みで行います。 タイミングによっては、ダイナースクラブが銀行に引き落としを依頼した後になってしまい、その場合は次回の請求分の繰り上げ返済はできないので、コールセンターへの確認は必須となります。

エポスカードも海外旅行保険が充実していておすすめ

日本に帰国後に一括返済するなら、その他のクレジットカードは金利面で大きな差はありません。金利は18.0%ほどになります。それなら、海外旅行保険が充実しているクレジットカードを選びたいところです。

エポスカードは海外旅行保険が自動で付いてきます。その保険内容が非常に充実しています。病気での治療費、薬代、入院費は最高270万円まで保険金が支払われます。デジカメなどの携行品が破損してしまった場合は、免責3,000円で最高20万円まで支払われます。

そのほか傷害死亡や後遺障害が負った場合は最高500万円、障害治療費用は最高200万円、賠償責任は最高2,000万円、救援者費用といって、被保険者が遭難した場合の救援者に支払われる保険金が最高100万円です。

さらにエポスカードのプラチナカードやゴールドカードにすると、世界900以上の空港で空港ラウンジを無料で使用できます。ゴールドカードは、払われる保険金も大きくなります。

エポスカードの一括繰り上げ返済はエポスATMとエポスカードセンターで行えます。

まとめ

海外旅行で外貨を現金でお得に手に入れる方法を紹介しました。空港や両替所での両替は、他の方法と比べ、両替手数料が高くおすすめできません。国際キャッシュカードも両替手数料が高いです。海外専用プリペイドカードは金額的にはお得ですが、使用できる国が少ないのが残念です。

クレジットカードでキャッシングする方法は借り入れる場所もたくさんありますし、一括返済するなら一番お得です。特にセディナカードはATM手数料もかからず、スマホやパソコンですぐに一括返済でき、大変便利です。海外旅行に行く方はぜひセディナカードを持ちましょう。

ライター紹介 ライター一覧

出井章浩

出井章浩

40代男性です。様々な仕事を経験したことを生かしてライター活動を行なっています。お金には苦労してきましたので、みなさんに役立つクレジットカードなどの仕組みや節約術なども詳しく紹介していきます。よろしくお願いいたします。

関連記事

  • 夫婦で不妊解決に取り組もう!補助制度を知っておく大切さ

  • 消費者金融カードローン一覧を一挙紹介!会社のタイプで分類

  • 【今!すぐに借りたい!】急いで借りたい時には収入証明書不要のカードローン

  • 【安心のゆうちょ銀行】ゆうちょ銀行の簡単審査でキャッシングができる!

  • あなたは大丈夫!?友達からお金を借りるときと貸すときの注意点

  • フリーランスは大変?個人事業主にぴったりなお金を借りる方法