1. TOP
  2. 【会社の辞め方や仕事の変えどきの悩み】後悔しない転職戦略3選

【会社の辞め方や仕事の変えどきの悩み】後悔しない転職戦略3選

転職
  6 Views

現在の会社や仕事が嫌になると、もう我慢できず今すぐ辞めたいと思うのが人情というものです。その気持ちは十分に理解できますが「立つ鳥跡を濁さず」。今後の人生を考えるとできるだけキレイな辞め方が望ましいところです。

辞める意志の表明の仕方やタイミングを間違えると、思いがけない引き止めにあったり、退社の際に後味の悪い思いを引きずったりしかねません。会社側、本人ともに気持ち良く終えるためには、どのような点に気を付ければ良いのか、スムーズな辞め方を考えていきましょう。

辞める意思を強く固め準備を始める

©oka

解決できる道筋をじっくりと再検討する

転職はひとりの人間にとって、一大イベントです。「辞める!」と口に出してしまうと、後戻りできなくなります。転職活動を本格化させる前に、自分の気持ちが後々ぐらつかないよう、現在の課題が解決不可能かどうかを再検討してみる必要があります。

人間はそれほど粘り強い精神を持っているわけではありません。転職に伴う手間や困難さ、不安に突き当たったとき、現状維持のほうが良いと思えてしまうかもしれません。中途半端な気持ちに陥らないためには、徹底して転職への意志を固めなければなりません。

例えば転職の理由が人間関係であれば、改善の余地はないのか、もともとの要因は自分の側になかったのかなど過去の細部について検証してみます。自身に原因があるのならばどこに行っても、問題は再発します。新しい職場で同じ状況に陥れば、転職の意味がないのです。

部署替えや異動の希望が通りそうもないのか、数年が経っても状況が変わらないのかといった、別の視点からの検討も必要です。

転職してまで変えたいものはいったい何なのかを、自分自身でよく知ることも大切です。そこを明確にしておかなければ、転職に至る道のり途中で意志がくじけてしまう可能性もあります。

辞める意志が固まっても安易に話さない

現在の職場では解決ができない問題がある、または新しい場所で叶えたい希望が明確であり、自身の意志が転職に固まったとしても、安易に口に出さないようにします。転職を心に決めると、気持ちが高揚してつい誰かに話したくなります。しかし、情報管理も転職における戦略のひとつです。

人づてに話が伝わるスピードは、予測以上です。たとえ意志が明確であっても、上司や先輩に自分の口から伝えないうちにうわさになるのは、何かと差し障りがあります。

いきなり退職を申し出るのは社会人としてルール違反ですが、情報がダダ漏れになるのも良くありません。転職までのスケジュールを固め、その中で、いつ誰に話をするのかをきちんと決めておきます。

会社の辞め方をコントロールするのは、転職者自身です。最後の最後で周囲に振り回される事態にならないよう、しっかりと自己管理をしていきましょう。

本気モードに切り替えて期限を設定する

仕事を変える意志が完全なものとなったら、転職の期限を設定します。よく「辞めたい」「辞めてやる」といいながら、全く動く気配がない人がいます。会社を辞めることを愚痴や仕事逃れの言い訳にしては、社会人として一人前といえません。

転職を志したら、自身で期限を切り転職活動スケジュールを開始していきます。終点が見えれば、いつどこから手を付けるのか決めやすくなります。何となく1年後ぐらいとするのではなく、「○月には新しい職場で働き始めている自分」を設定します。

本気で自分自身が納得できる転職を実現したいのであれば、半年でも足りないというくらいの危機感が大切です。焦る必要はありませんが、他人ごとのような意識のままでは理想的な転職はできません。

損をしない辞め方を多方面から考える

©hanack

会社の規定に違反していないかチェックする

転職活動を本格化する前に、会社の就業規則を確認しておきます。

就業規則に転職活動禁止の項目があっても、憲法で定められた「職業選択の自由・退職の自由」によって、すぐに懲戒免職や解雇とはなりません。

しかし、例えば就業中に会社のパソコンを利用して求人情報を閲覧していた事実があれば、会社からの貸与物を私的に利用したことで窃盗罪として訴えられる場合もあります。実際に、それを理由として懲戒免職にした企業が勝訴した事例も存在するのです。

就業規則で転職活動を禁止している会社では、少なくとも就業時間内での活動は控えた方が無難です。

処分が下されることで、新しい職場でも何らかの問題が発生する場合があります。憂いなく新生活をスタートするためにも、転職活動にあたっては慎重な行動を心がけなければなりません。

辞めるまでは、所属している会社のルールに従うのが当然です。

昇給・賞与を考慮して退職のタイミングを計る

転職への意志が揺らがない状態でも、まだ確実な期限を決める前であれば金銭面をポイントにして考えるのもひとつの手段です。

昇給査定・賞与査定で良い評価が得られているのに、成果報酬をまったくもらわないまま退職するのはもったいない話です。昇給は1年単位ですが、賞与は企業によっては半年ごとに査定されます。先を見ればきりがないという考え方もありますが、どの時点で思い切るのかの目安にもなります。

賞与について就業規則を確認すると、業績が反映される期間と支給対象となる在籍日が記載されています。これを確認し、査定によって賞与の支給額が確定したあとで退職を切り出せば、その時点での最高額の賞与を受け取ってから退職ができます。

賞与は給料と違って、支給が義務付けられているわけではありません。転職希望の申告が、もらえるはずの賞与額に響かないという保証もありません。

辞める会社からもらうお金の算段をするのに抵抗があるかもしれませんが、労働の対価と割り切り、損しない辞め方を検討しなくてはなりません。

会社に配慮したタイミングで退職を切り出す

法律では退社する14日前に意思表示をすれば、問題なく辞められることになっています。しかし、それではあまりに会社に対して誠意がありません。いきなり辞められる側としては、たまったものではないでしょう。

正社員という身分ならば仕事の引き継ぎや申し送り、各種手続きを考え、1~2か月前に辞めたい意思を表明するのがベストです。

早々に転職先が決定してしまっているのならば、ためらっている余裕がないかもしれません。しかしそれまでお世話になった会社の状況を完全に無視するのは、社会人としてのモラルに反します。繁忙期前や大幅にスタッフの異動があった直後は、転職を切り出すタイミングとしては最悪です。

個人的にはどれほど辞めたい会社であっても、生計を支えてもらっていたことに変わりはありません。退社の意志を伝えるタイミングには、人間性が現れます。残る人たちになるべく迷惑がかからない時期を見計らう程度の余裕がなければ、次の職場でも人間関係が思いやられます。

退社は個人の自由ですが、社会人として最低限の配慮を持った辞め方をしたいものです。

退職までのカウントダウン期間にトラブルの元を作らない

©beeboys

まずは直属の上司に伝えて味方につける

辞めようとする際に、しつこく引き留められるというケースは多いようです。逆風を避ける手段として最も有効なのは、直属の上司を味方にすることです。

そのためには上司であるその人が、最初に退職の意志を知る相手でなければなりません。自分の口から退職の意志とその理由、決心が本物であることを伝えます。 何となく周囲でうわさになってからでは、上司も快く感じません。

直接管理している上司さえ説き伏せられれば、会社側から引き止めがあったとしても、間に入り緩衝材となってくれる可能性が高くなります。

例えその上司との人間関係が、転職の最も大きな理由であるとしても「最後に利用させてもらう」くらいの意気で臨みます。

最後の最後に仕事上とても近い間柄で波風があるのは非常につらい結果となり、退職までスムーズに進みません。感情的にならず、冷静になって上司と向き合いましょう。 転職を決めたらわき目をふらずに、目的に向かってあらゆる手を尽くすのが賢い辞め方です。

退職理由を「自分側」にして摩擦を避ける

実際の退職理由のランキング上位には、上司や同僚との人間関係、労働環境への不満、給与への不満などが挙げられています。しかし、会社に伝える退職理由は会社や周囲の状態に言及せず、個人的な事情を前面に立てます。真実を表に出してしまえば、けんか別れになりかねないのです。

誰でも現状には不満があります。上司や同僚、経営者と視点が違うことで、転職を考えている人自身が問題であるといわれる可能性も考えられます。給与や労働環境についての不満を理由とした場合には、改善するといわれて引き止められれば従うしかなくなるでしょう。

仕事を辞めて学校に通いたい、まったく異なる業界での仕事を希望している、あるいは介護などの家庭の事情や故郷へのUターンなど、個人的事情であれば引き止めや抵抗にも限度があります。

会社を辞めるという理由を「相手側」ではなく「自分側」にすることで、余計な摩擦は避けられます。飲み会で不満を口にするのと、会社を辞める際の理由に挙げるのでは、まったく次元が異なることを理解しておきましょう。

不満を理由に退社するのと、将来に向けた前向きな理由を持つのとでは、自分自身の転職への取り組みがまったく違ってくるはずです。

ラストに向けてやるべきことを細かくリスト化する

退職へのカウントダウンが始まったら、転職に向けてのリストとは別に、現在の会社でやり終えるべきリストを作成します。

退職した後でわざわざ用事をしに戻るのは手間であり、気分的にも楽しいものではありません。すっきりと憂いなく終わらせるのが、現在の会社に対しての礼儀でもあります。

後任者が困らないように引き継ぎのノートを作成する、データをわかりやすく整理するといった仕事上の作業に加え、手続き上のスケジュールも忘れずにリスト化しておきます。

会社からの貸与品の返却や定期の清算など、会社を辞める際には細々とした用事が出てきます。会社によっては、名刺の残りもすべて返却するようにしている場合もあります。小さなことでもトラブルのタネとならないよう、一つ一つていねいに処理をしておきましょう。

退職時の書類に関しては、上司や担当部署に確認をしておきます。会社によっては、退職願か退職届のいずれかで様式が決まっているところもあるようです。

退職が知れ渡ると多少居心地の悪さを感じるかもしれませんが、淡々とそれまで通りに仕事をこなしつつも、取りこぼしなく終了日を迎える準備をしていきます。

まとめ

転職自体は大きなイベントですが、今勤めている会社を辞めるのもかなりの苦労があります。大切なのは、転職の意志をしっかりと固めておくこと。新しい勤め先が決まっていても、現職の間は浮かれずに最後まで勤めを果たさなければなりません。

一つずつステップを踏みながら、全てが未来につながると考えて行動するのが賢い辞め方です。終りにトラブルが発生すると、後味の悪さが残ります。心機一転、清々しい気持ちで新しい仕事に入れるように心がけていきましょう。

転職に向けて参考となる情報をさらに確認しておきたい方は、こちらのページもぜひチェックしてみてください。

転職サイト徹底比較!転職サイトおすすめランキング

ライター紹介 ライター一覧

mar

mar

50代女性。
パソコン講師、web企画・制作、クラッシックアーティスト事務所サブマネージャー、経済データベース講師、求職者支援訓練講師など多彩な業務に従事。
介護のため退職し現在は在宅ライター・心理学系セミナー講師をしながら、インコとイヌをお供に暮らしています。ビジネス系・転職系の記事が得意です。

関連記事

  • 【理由に本音は禁物!】転職時の退職願の書き方と必要な手続き

  • 【女性の結婚と妊娠を不利な要素にしない】転職と仕事復帰の心得

  • 【海外に転職したい!】給料・ボーナス・年収の実情と活動の流れ

  • 仕事がつまらないし行きたくない辞めたいと悩んだあなたへ

  • 20代の転職は転職エージェントの利用とやる気を示すことが大切

  • 【40代転職】成功させる方法は自分自身を知り、探し続けること