1. TOP
  2. 【ポイント】飲み会幹事はお得!幹事だけがポイントゲットする技

【ポイント】飲み会幹事はお得!幹事だけがポイントゲットする技

 2017/06/21 ポイント
  29 Views

会社や学校の飲み会の幹事はめんどうで、できるならなりたくない人も多いですよね。しかし支払い方法を工夫すれば、お得にポイントをゲットすることができます。飲み会の幹事は店を選んだり、人を集めたりしなければならず、行うことが多いです。そんなめんどうな飲み会の幹事を行って、お得にポイントを貯める方法を紹介します。

飲み会の幹事はどうやるとポイントが貯まるか

©BRAD

支払いはクレジットカードで行う

飲み会の幹事がどうやるとポイントが貯まるのでしょうか?まず、カード決済でポイントが付くなら、お店への支払いはカードで行うことです。例えば、食事利用でもJALやANAのマイルを貯めることができます。JALやANAのマイレージを貯めている人はお店選びの際は要チェックです。どんなお店と提携しているかはJALやANAのホームページから検索できるようになっています。

さらに、楽天カードはカード決済でポイントが付与されます。ほとんどのお店で楽天カードは利用できます。JCBカードで支払うとOki Dokiポイントが付与されます。JCBスターメンバーズになると、最大70%取得するポイントがアップするので、利用する価値は高いです。JCBカードもほとんどのお店で利用可能です。ただ、クレジットカードは1回払いにしましょう。複数回払いやリボ払いにすると、ポイントを得たとしても利息で損をする可能性もあります。その点は注意です。

現金で宴会参加者から回収する

次に参加者から飲み会の費用を回収する際には、現金で回収します。現金できちんと回収できなければ、幹事の赤字になってしまうのでしっかり行いましょう。現金を回収する際はわかりやすい金額にすると、今後幹事をお願いされやすくなります。1円単位まで端数で請求すると、お店も飲み会の雰囲気も最高だったけど、最後に盛り下がってしまうこともあります。 現金を回収する際は、せめて100円単位までの請求にすると良いでしょう。わかりやすい金額だと、参加者からの現金の回収がスマートに行われて、雰囲気も悪くせずにすみます。

さらに、お金を回収するタイミングですが、先にクレジットカードで支払ってから行うのがおすすめ。レシートを使って、金額を見せることで、お金を支払う参加者が、疑わずに支払ってくれます。また、「今度払うわ」などと言って支払いをしない人がいると大変です。そういう人が来る飲み会は前払いにするのも良いでしょう。

予約、提示でポイントが貯まることも

最近は、お店を予約し、実際に利用するとポイントが貯まるものもあります。ホットペッパーなど予約サイトで行っています。予約サイトの提携しているお店もチェックしましょう。また、カード提示だけでポイントが貯まる場合もあります。お店によってどのカードのポイントが貯まりやすいかは異なります。

例えば、多くのお店が提携しているTポイントカードは100円で1ポイント付くお店と200円で1ポイント付くお店があります。お店選びの際に、どれくらいポイントが付くお店かも考慮するのも良いです。仮に30,000円の支払いで300ポイントと150ポイントだと、その差は150円分。ドコモDポイント、ローソンのPontaポイントなどもカード提示でポイントが貯まります。どの店が提携していて、どれくらいポイントが付与されるかはそれぞれのホームページで検索できます。

どれくらいポイントが貯まるか

©buri327

1人当たりの飲み会の金額は?

どれくらいポイントが貯まるかを考えるうえで、飲み会に1人当たりどれくらいお金を払っているかを考えましょう。飲料メーカー大手のKIRINはキリン食生活文化研究所という組織を作って、飲食に関わる様々な調査を行なっています。それによると、1人当たりの飲み会での希望予算は4,208円で、頻度としては平均月に2.9回行くという結果が出ています。ちなみに忘年会だと、希望予算は5,403円にまで跳ね上がります。そして、「できれば行きたい」、「ぜひ行きたい」と答えた人の数が合わせて60.7%ですので、忘年会に幹事を行えば、忘年会はさらにポイントを貯めるチャンスです。 どちらも2012年のデータですが、それ以前も大きく変わっていませんので、現在も同じような金額でしょう。通常の会社の飲み会で1人当たり約4,000円、忘年会で1人当たり5,000円が使われ、幹事はその金額に対するポイントをゲットできます。

参加人数が多ければ多いほどポイントは貯まる

当たり前のことですが、飲み会への参加人数が多ければ多いほど支払いも多くなり、ポイントも貯まります。仮に1回の飲み会で幹事を引き受け、5人が参加すると、4,000円×5人で20,000円の支払いになります。100円に付き1ポイント付与されるとして、200ポイント貯まります。しかし10人が参加すると、4,000円×10人で40,000円の支払いになります。100円に付き1ポイント付くとしても、1回で400ポイントもゲットできます。200ポイントの差は大きいです。 参加人数を集めるには、集まりやすい日にちを選ぶことができます。さらに、前もって周知するのも大切です。また、毎回お店が同じだと参加者が飽きてしまうかもしれません。いくらポイントが貯めやすいお店でもお店を変えてみるのも一手です。そのお店の味が評判だったり、お店の雰囲気が良い感じだったりすれば、多くの参加者を集めることができるかもしれません。

幹事キャラ定着で毎回幹事をやると?

会社の宴会の幹事は大変なこともありますが、ポイントが貯まるというメリットがあるので、ぜひキャラを定着させたいところです。幹事キャラを定着させるためにもは用意周到に準備し、参加者を楽しませるのがポイント。仮に幹事キャラが定着でき、1年間毎回幹事を行うとどれくらいのポイントが貯まるのでしょうか? 毎回10人参加者がいるとして、4,000円×10人で40,000円の支払いになります。100円に付き1ポイント得られるとして、1回の飲み会で400ポイント得られます。それが2.9回で1か月1,160ポイントが貯まります。12か月通常の飲み会があったとして13,920ポイントとなります。さらに、12月は忘年会の幹事をしたとして、5,000円×10人で50,000円の支払いになります。100円に付き1ポイント付くとして、500ポイントが貯まります。通常の飲み会分13,920ポイントと忘年会1回500ポイントを合わせて14,420ポイントが貯まります。例えば、14,000ポイントもANAのマイルが貯まれば、ローシーズンなら、東京と沖縄を往復できてしまいます!

お得にポイントゲットするための注意点

© buri327

支払いはスマートに行う

ここからは宴会の幹事でポイントをゲットする際の注意点です。まず支払いはスマートに済ませましょう。カードで支払って、ポイントを貯めていることを知られたなら、せこい人と思われ、幹事ができなくなるかもしれません。注文を終えた段階で、支払うのがベストです。お金を払ってくると宣言しても良いですが、トイレに行くふりをして支払いに行くのがベスト。トイレに行くふりをして、支払いを済ませるのはスマートだという風潮があるのでそれを利用します。お店で支払いしている姿はなるべく見られたくありません。 お店を予約する際に、そのことを念頭に置いて席を予約するのも良いでしょう。例えば、レジが1階で、席が2階なら、支払いを見られる可能性は低くなります。レジから見えない個室を選ぶのも良いかもしれません。よりリラックスできるので個室を好む人は多いですね。その点でも良いでしょう。

明朗会計で怪しまれるないように

参加者から現金を前もって回収する場合も宴会の幹事が支払いを済ませた後でも会計はクリアにすることが大切です。参加者から現金を前もって回収した場合は、レシートを見せて、いくらかかったか見せた方が良いです。もしも多くもらい過ぎている場合は、きっちりお釣りを返すか次の飲み会に繰り越すなどして用途をはっきりさせると、好印象となり宴会の幹事がまた回ってくるでしょう。 会計を前もって済ませた場合は、レシートを見せて、割り勘であれば、電卓をたたいても良いです。根拠をきちんと示して、参加者に現金を払ってもらいます。しかし先に書いたように1円単位まで請求すると、参加者が現金を支払うのがめんどうになりますし、せこいと思われます。100円単位まで請求して、あとの端数は負担するくらいの気前の良さを見せれば、宴会の幹事をお願いされる確率は上がるでしょう。

他言無用

宴会の幹事でポイントを貯めていることは他言無用です。間違っても宴会の幹事で貯めたポイントで沖縄旅行に行ったなどという話をしてはいけません。そんなことが会社の同僚や上司にわかったなら、宴会の幹事ができないどころか、会社での信用も失います。 会社の雰囲気によっては、ポイントを貯めていることが会社の同僚にわかっても大丈夫なところもあるかもしれません。宴会の幹事は、お店選び、お店の予約、宴会を盛り上げ、支払いを行う大変さがあるので、そうした大変さの見返りとして許される会社もあります。しかしそうした会社の中にも同じように節約やお金に関心があり、1人の人が宴会の幹事を行うのを良く思わない人もいます。他の人にうっかり話すと、そうした人の耳に入るかもしれません。あくまでも宴会の幹事を行うひそかな楽しみとしてポイントを貯めたいですね。

まとめ

宴会の幹事は、人集め、お店選び、お店の予約、宴会を盛り上げ、支払いと大変なことばかりだと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし宴会の幹事を行うなら、お得にポイントをゲットすることができます。ポイントをゲットするには、クレジットカードで支払い、参加者からは現金で回収することです。航空会社のマイルで貯めるなら、どこか遠くへ旅行に行けるかもしれません。宴会の幹事を避けていた人は、この記事を読んでお得にポイントをゲットすることをおすすめします。

ライター紹介 ライター一覧

出井章浩

出井章浩

40代男性です。様々な仕事を経験したことを生かしてライター活動を行なっています。お金には苦労してきましたので、みなさんに役立つクレジットカードなどの仕組みや節約術なども詳しく紹介していきます。よろしくお願いいたします。

関連記事

  • 【ポイント】買い物だけじゃない!通勤通学で効率的にポイントゲット

  • 農業している人だけじゃない!農協でお金を借りる方法はコレ!

  • 【現金化】貯めやすいカードNO1!?貯まったTポイントは現金に

  • 【お得!】ドラッグストアでの買い物がいつでも割引価格に!

  • 【ポイント集約】まとめるならTポイントカードがお得!?