1. TOP
  2. 【転職時の面接で失敗しない】印象と評価を高める逆質問の仕方

【転職時の面接で失敗しない】印象と評価を高める逆質問の仕方

転職
  33 Views

面接の際に必ず出てくるのが「最後に何か質問はありますか?」という言葉。実はこれがとても重要で、面接において第一印象と面接の最後の印象で採用するかどうかが左右されるなんてこともあるほど!逆質問は採用担当者だけでなく、企業の役員などから質問される場合もあります。何と答えて良いのかわからなかったり、苦手意識を持ってしまったりする方も多くいることでしょう。

ここで「何もありません」と答えてしまってはいけません!なぜなら、逆質問は企業側に応募の意欲と自分自身をアピールすることができる、絶好のチャンスだからです。今回は転職に失敗しないための対策として、前もって知っておきたい逆質問のポイントを取り上げていきます。逆質問を制して、転職を成功に導きましょう。

転職サイトおすすめランキング

  1. リクナビNEXT
    リクナビNEXT

    ■登録者数570万人以上
    ■求人エリア全国
    ■満足度ランキング 転職サイトNo.1
    ■転職決定数No.1
    ■毎週2回更新される新着・更新求人は、1,000件以上

    公式サイトはコチラ

  2. リクルートエージェント
    リクルートエージェント

    ■転職成功実績NO.1
    ■求人数No.1
    ■求人エリア全国

    公式サイトはコチラ

  3. @type
    @type

    ■求人エリア関東専門
    ■登録者数200万人以上
    ■IT系の業界に強い

    公式サイトはコチラ

逆質問は入社の意欲と熱意を伝えるチャンス

©one

逆質問をするのは企業側の意図がある

逆質問への対策を立てる前に、企業側が逆質問をする意図について押さえておきましょう。

  • 会社に対する興味があるかどうかの確認

    興味を持って応募してきているのであれば、質問はたくさんあっても良いはずです。「何も質問がありません」と答えるのでは、興味がないと受け止められてしまう可能性もあります。質問がしっかりとできるかどうかで、本気で興味を持っているのかどうかを知りたいのです。

  • 質問能力を確認するため 質問を適切に行えるかどうかで、戦力となるビジネスパーソンかどうかの判断をする場合もあります。

    良い質問ができる人材は、相手から情報を効率的に引き出すことが可能なので、即戦力を求める転職において有利です。逆質問という面接を用意する企業もあるくらいに、質問能力は重要視されています。

  • 相違点や疑問点を減らしておくため 先々のことも考えて、双方に誤解がないほうがスムーズです。

    逆質問で機会を与え、疑問拭い去っておくことができます。企業側が説明し忘れたことがないかどうかの確認の意味もあると考えて良いでしょう。

その他にも、逆質問は面接の最後でされることから、面接の終了を伝えるためのものとも受け止められます。

面接の逆質問が成功につながるポイント

逆質問で「何もありません」と答えてしまったり、言葉に詰まってしまっては企業側に良い印象を与えることができません。逆質問は意欲や熱意をアピールできる機会なので、頭の中が真っ白になって何も言えなかった!では、惜しいですよね。しかも、自分から質問ができるので、自分のペースで話ができるわけです。

鋭い質問をすれば「なかなかやるな」と、採用担当者の感心にもつながります。前もってポイントを整理して、成功へとつながるアピールができるようにしましょう。

しかし、頭の回転の速い方でもない限り、その場で気のきいた逆質問はできないはず。そのために前もって内容を考えておくとスムーズです。企業について分析をして、気になる逆質問を用意しておきましょう。その際に、面接の中で回答を得てしまう場合もありますから、できるだけ多めに用意しておくのがベストです。

逆質問の内容によっては、採用から不採用となる場合もあります。印象を左右する非常に大きなポイントなのです。逆質問で良い印象を残すことで、他の人材と競合となった場合にも効果があります。職務経歴やスキルに大差がない場合、印象が良かった人材を採用するのが一般的な考えでしょう。

逆質問への回答に対する一言で印象アップ

面接はコミュニケーションの場です。逆質問をただ投げかけるのではなく、担当者と会話をすることを心掛けてみましょう。質問するからには意図があるはずです。何か質問があるかどうか聞かれたから仕方なく…では意味がありません。

逆質問への回答に対しては、何を感じたかを伝えたり質問を掘り下げたりします。「入社した後のイメージができました」「御社で働きたい気持ちが強くなりました」「転職の際の不安だったので、安心できました」などのポジティブな言葉や、自分なりのお礼と感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

逆質問に答えてもらっている間は相手に聞く姿勢を示すことが大切です。軽く相づちをうつなどして、答えを聞いたあとの返答を考えます。質問を投げかけたことによって、達成感を得てしまってはいけません。必要以上に話しすぎないようにも注意してください。

逆質問で担当者に好印象を与えるために確認しておこう

©polkadot

入社後のイメージをふくらませる質問は好印象につながる

具体的な仕事の内容について質問することは、意欲や熱意を伝えることにつながります。「配属先はどこになるのか」「配属先での仕事内容」「配属先の社員構成はどうなのか」などの質問は、人事に良い印象を与えることができるでしょう。

会社概要や職種はすでに知った上で応募しているはずです。採用が決まって入社した後のことをイメージしつつ、どんな職場で、どのように業務を進めていくかについて質問をしてみてください。

「スキル向上のためにはどんなことが必要か?」などの、入社までに準備しておきたいことを質問するのも、熱意や意欲のあらわれとしてアピールできる手段です。

「研修制度はどのようになっているのか?どう進めていくのか?」などの質問は、未経験OKの会社であれば聞いても良いでしょう。そうでない場合は、受け身の姿勢が強いと思われてしまう可能性があるので、できれば避けたほうが無難です。

採用が決まっていないにもかかわらず「海外戦略はどうなのでしょうか?」「株式の上場予定の時期はいつごろになりますか?」などの、企業の内情を探るような質問も避けるべきです。

いかにも採用が決まったような態度で「このプロジェクトに参加することはできますか?」などの質問をすることも企業側にマイナス評価を与えてしまいます。

自分の長所を確認して、謙虚な態度でアピールしよう

逆質問では、面接の中でアピールしきれてない部分を強調するようにしてみましょう。そこで大切になるのが、前もってアピールしておきたい自分の長所を確認することです。面接でその長所に触れられなかった場合に、逆質問にからめてアピールするのです。

重要な長所として挙げられるのが「積極性がある」「責任感が強い」「協調性がある」これら3点です。「決めたことは最後まで貫きます」など、自分の長所も伝えた上で質問をすれば、担当者に良い印象を与えることができます。

これまでの職務経験を具体的な数字で出したり、取得した資格を出したりして「入社後に役に立てたい」という思いを質問にこめてみると、向上心があると判断されるので良いでしょう。

強くアピールしたい気持ちが強くなるあまりに、焦ってしまってはいけません。高圧的な態度で、これまでの実績を自慢することもしてはいけません。「自分はこんなことが得意です!」ではなく「こんなことを活かしていきたい」などと言葉を選び、謙虚な態度で伝えるようにしましょう。

採用になる前の深掘りは禁物!遠まわしな表現から核心を突こう

採用になる前に、逆質問で労働条件などを詳しく確認してしまうのはマイナス印象を与える場合があります。可能性として「仕事をやる気がない」と受け止められてしまうかもしれません。

「どのくらい残業をするのですか?」とストレートに質問したい気持ちは押さえて、前の仕事での具体的な残業時間や、月にどのくらいの休日出勤を行っていたかを伝えた上で質問をしてみると良いでしょう。繁忙期を確認することで残業の時間を予測することにつながるのではないでしょうか。

給与に関しても同じことが言えます。具体的にどのくらいの金額をもらえるのかを聞いてしまうと、仕事の内容よりもお金に関心があると見られてしまいますので、昇給システムの詳細や、実際に勤務している方のモデルケースについて聞いてみるのです。求人票の写しなどを用意して、相違はないかを確認しても良いでしょう。

言い回しひとつで、印象の良し悪しは大きく変わってしまうものです。マイナス印象を回避するために、質問内容によっては遠回しな表現が必要となることがあります。

聞いてはいけない!マイナスとなる逆質問をチェック

©maroke

調べたらわかることを聞くのは避ける

応募する企業について、何も調べずに行くのは論外です。ホームページや求人情報を見れば、すぐにわかるようなことを逆質問するのは「準備不足」を強調してしまうことになります。

  • 御社の企業理念や強みについて聞かせてください
  • 御社の資本金や売上金はどのくらいですか?
  • どのような企業が主要取引先なのですか?
  • 御社ではどんな商品を取り扱っていますか?

これらの調べればすぐにわかるようなことを質問してしまうと、企業に対する興味がないと受け止められることにもなります。「とりあえず、何でもいいから質問してみただけ」「企業研究心に欠けている」と思われてしまうでしょう。

上記で挙げた例は、自分をアピールすることにつながらないものばかりです。面接はアピールするチャンスなのですから、質問の内容をしっかりと意識してみましょう。

自分に自信がないと思われるような逆質問

避けるべき逆質問として、自分に自信がないと思われるものも挙げられます。

  • 転職することで活躍できますか?
  • 入社したら、研修が受けられるなどのメリットはありますか?
  • 自分の能力を伸ばしてもらうことはできますか?
  • ノルマが達成できなかったらどんなペナルティがあるのですか?
  • 入社してからゆっくり覚えていけば良いですか?
  • 〇〇なことが苦手ですが大丈夫ですか?

企業は仕事によって利益を追求していきます。そして、その利益を還元するための社員がいます。仕事への対価を給与として支払うのですから、与えてもらう姿勢の人材がほしいとは思いません。自分に自信がないと思われるような質問は避けて、前向きで向上心のある自分を見せるようにしましょう。

意図のわからないものや相手が困る逆質問

曖昧で漠然とような、意図の分からないものもマイナスとなる逆質問です。

  • 仕事をすることの意味は何ですか?
  • プロフェッショナルになるはどうすれば良いでしょうか?

これらのことを聞いてどうするのか?ということです。この後に続けて、具体的な理由を質問に加えるのでしたら話は別になりますが、質問される側もどう答えるべきか戸惑ってしまうことでしょう。

相手が答えにくい逆質問も避けてください。

  • 離職した方は何が不満だったのですか?
  • サービス残業はあるのですか?
  • 現在の業績不振の理由はどこにあると考えていますか?

「そんなに嫌だったら他の企業にいけばいいのに」と思われてしまうかもしれません。相手が答えやすい逆質問を選ぶようにしましょう。

まとめ

転職に失敗しないための面接対策として、逆質問について取り上げました。

逆質問は面接の付属品ではなく、重要となる一部分です。マイナスの印象を与えるような質問を避けて、入社への熱意や意欲に心構えなどをアピールできるようなことを伝えられれば、良い印象を残して面接が終わることでしょう。後悔のない転職ができるように、面接に向けて最大限の準備をしてください。

この他にも面接の対策やポイントを確認しておきたい方は、こちらのページもチェックしてみてください。

保存

転職サイト徹底比較!転職サイトおすすめランキング

国内の有効求人倍率は2017年3月時点で1.45倍に達し、バブル期の水準に回復しました。転職市場の「売り手市場」は今も続いていると言えるでしょう。実際に「転職したい」と思ったら、どの転職サービスを選べばいいのでしょうか?


おすすめは「リクナビNEXT」と「リクルートエージェント」。競合の転職サイトやエージェントサービスと比較しながら、両サービスの良さを確かめましょう。


転職サイトの特集ページはコチラ

ライター紹介 ライター一覧

Tosaka

Tosaka

40代女性。大手金融機関で働いていましたが、退職後はゆるく楽しくをモットーにした日々を過ごしています。

関連記事

  • 【転職で活用!】リクルートエージェントの口コミと評判は?

  • 【平均や相場は?時期はいつ?】転職に役立つボーナス情報2017

  • 【年収600万超は望める?】男性が直面する将来を現実的に試算

  • 【事務職に転職したい】業種別で違う仕事内容と有利な資格と適性

  • 20代の転職は転職エージェントの利用とやる気を示すことが大切

  • 【うつ病から社会復帰!】転職や仕事選びのポイントとタイミング