1. TOP
  2. 【ネット銀行とは?】使わなくちゃ損なサービスと高い預金金利

【ネット銀行とは?】使わなくちゃ損なサービスと高い預金金利

 2016/08/15 お金を増やす
  398 Views

便利さばかりが注目されやすいネット銀行です。

「メガバンクのインターネットバンキングを使っていたら、一緒でしょ?」
なんて認識では、損しているかもしれません。

ネット銀行をしっかり活用すれば、預金金利だけでなくお得なサービスも受けられますよ!

 

Sponsored Link

ネット銀行のお得さとは?

ed7ee0548bc78d1dd2759cc335fe2271_s

 

普通預金の金利もしっかりお得

大手都市銀行の普通預金金利は、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれも預金額が変わっても0.001%です。
かなり低いといってしまってよい金利です。

それではネット銀行の普通預金金利はどうなっているのでしょうか。

ジャパンネット銀行(0.01%)、楽天銀行(0.02%)、オリックス銀行(0.02%)などが代表的な高金利ネットバンクです。
ただ、じぶん銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行などのようにメガバンクと変わらない0.001%のところもあります。

普通預金をネット銀行に預けるなら、金利の違いでの選び方が重要になりそうです。

 

大注目!定期預金金利

さらに大きな魅力はネット銀行の定期預金金利です。
ちなみにメガバンクの定期預金金利は、1年ものなら現在のところ預入金額に関わらず0.01%です。

ネット銀行では、じぶん銀行(0.05%)、住信SBIネット銀行(0.15%)のようにメガバンクとは格段の違いがある金利設定の定期預金が見つかります。
半年ものならソニー銀行の0.2%にも注目ですね。

定期預金をするなら、断然ネット銀行といってもよいでしょう。

ATM手数料が無料になる

回数が多くなると負担になってしまうATM手数料も、ネット銀行なら心配いりません
ソニー銀行では毎月4回まで無料です。

セブン銀行とイオン銀行では入出金はいつでも無料となっています。
じぶん銀行ならauユーザーは手数料0円、auユーザーでなくても毎月3回までは無料で利用できます。(入金は常に無料)

他にも住信SBIネット銀行は、ランクに応じて無料回数が変わります。
2~15回が無料となっています。

気をつけたい点として、
「回数が限定されているものの無料となる。」
「ATM設置場所を選べば常に無料。」
「入金も無料。」
といったように、各行での違いが大きいところがあげられます。

生活費を引き出すための口座なのか、貯蓄用口座なのかという点からもこの違いを確認してネット銀行の口座をどこに作るかは検討したほうがよいでしょう。

 

振込手数料を抑えられる

振込手数料もネット銀行はもともと低い設定です。
さらに回数限定や条件クリアで無料となることも多いですね。

ソニー銀行は毎月1回無料、ソニーバンクウォレットを持っている方は2回まで無料です。
じぶん銀行はauユーザーなら他行あては毎月5回まで無料、住信SBIネット銀行はランクに応じて月1~15回無料(無料回数が終わったとしても1回154円)です。

振込の費用を抑えたい方にはメガバンクと比較しても大きなメリットが感じられるはずです。

ただし条件(ランク、auユーザー、他にもソニー銀行ならバンクウォレットを持っているなど)はしっかり確認しておきましょう。

 

便利な点も再確認

0d3edeeaf286d8ea4f1ec5c164fe1442_s

店舗がないのに便利?

ネット銀行はメガバンクのように全国的に実店舗を設置していません。
まったく支店がない、本店のみがある、ローンセンターのみ主要都市に設置といったネット銀行がほとんどです。

それなのに便利といわれても実感できないかもしれませんね。
しかしデータでは銀行の窓口の利用頻度は1年に1回以下が33.3%と最も多く、次に半年に1回の19.1%と続き、半数以上の方が年に1~2回のみの利用となっています。

窓口利用の便利さを追求するよりも、日常的に関わりのある金利や振込手数料、ATM手数料などのメリットを考えて口座を開設したほうが良いのではないでしょうか。

(一般社団法人全国銀行協会サイト・個人での銀行の利用実態と評価http://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/news/news241238_5.pdf)

 

サクッとはじめられる外貨預金

円預金に比較すると、難しいと考えてしまうのが外貨預金でしょう。
ネット銀行では有利な為替コストや金利を特徴とし、取り扱い通貨も豊富なところがあります。

たとえば住信SBIネット銀行では、円との取引における為替コストは1米ドルあたり15銭。
これが三井住友銀行になると1円(これは片道のため、円をドルにして預金しただけの状態。再度円に戻すとさらに1円かかります。)となってしまいます。

こういったコストの点からみても、「ちょっと外貨預金でも…。」と考えた時に、スタートをネットバンクにするメリットは大きいはずです。

 

通帳がなくても口座管理はスイスイ

ネットバンクでは通帳が発行されないことがほとんどですが、取引明細照会によって、お金の流れを把握することはスムーズです。
スマートフォンなどから、時間に関わらず残高照会をスムーズにできます。

明細はダウンロードして使えるため、逆にわざわざ記帳に行く手間が省けるのではないでしょうか。

 

イチオシネットバンクをランキング!

7afadd3a811305b48434fe8e73a0dcc3_s

1位:ソニー銀行

豊富な金融商品と、提携ATMが多く、その手数料も抑えられることから、毎日の使いやすさを特徴としているネットバンクです。

預金で貯める、FXなどで運用する、低金利の使いやすいローンで借りるといったお金にまつわるすべてをソニー銀行だけでできます。

普通預金金利はそれほど高いというわけではありませんが、定期預金はキャンペーンなどもあり、2016年8月から半年もの、1年もの、2年ものが0.20%という高さです。

さらに注目はSony Bank WALLETとよばれるデビットカードです。
キャッシュカードにデビット機能がつけられて、とても使いやすくなっています。

 

2位:じぶん銀行

auユーザーへの優遇プログラムの充実は、目を見張るものがあります。
ATM利用手数料は無料、月最大5回まで他行あて振込手数料無料、円定期(3ヶ月もの・1年もの)は年0.10%上乗せ、カードローンの金利優遇などです。

ただしこちらのサービスは一部を除いて2016年11月に終了する予定になっています。
他のネットバンクと比較する際には、サービス終了後もお得なのかという点に注意したほうがよいでしょう。

現在注目の特典は3ヶ月ものの定期預金が0.14%の金利となっている点です。

 

3位:ジャパンネット銀行

日本初のネット銀行です。
ヤフオクの支払いでTポイントが1%の還元率で貯まるなど、ショッピングを頻繁にする方なら断然おすすめのネットバンクでしょう。

定期預金は10年ものになると金利が0.03%になりますが、それ以外の期間は預入金額に関わらず0.02%です。
ネット銀行としては特別高いわけではありませんが、メガバンクよりはやはり高金利といえます。

 

4位:楽天銀行

楽天市場でよくショッピングする方におすすめの口座です。
また電子マネーEdyを使っている方にも適しています。

全国6万台以上のATMと提携しており、ネット以外でも意外と使い勝手はよいのが特徴でしょう。
ただ、提携先ATMや預け入れ額などに応じて、ATM利用手数料が変化するため分かりにくいという点が気になります。

 

5位:住信SBI銀行

ネット銀行らしいといってよい預金での金利の高さや、手数料の低さが際立つ大注目の銀行です。

証券口座との連携のためのSBIハイブリッド預金なら、普通預金の金利は10倍となります。
定期預金は半年ものと1年ものの0.15%に注目したいですね。

それ以外の期間は0.02%となっているので、短いサイクルで定期預金に預ける予定の方によいでしょう。

ネット銀行の中では新しい部類となりますが、サービスは充実しており、ユーザーに高い指示を得ています。
SBI証券との連携がスムーズなため、運用を中心に利用する予定の方にも最適な銀行でしょう。

日常使いの口座としても優秀で、利用状況に応じたランクによって、ATM利用手数料や振込手数料が無料になる回数が変化します。

 

6位:セブン銀行

ATMが使いやすいという点からはイチオシのネットバンクです。
全国のセブンイレブンで入出金ができるため、お財布代わりの利用方法にも適しています。

振込や自動引き落としなどでもポイントが貯まり(nanacoポイント)お得なサービスが充実しています。
定期預金は預入期間に応じて0.025%~0.04%です。

 

まとめ

ネットバンクが日本に登場したのは、2000年のジャパンネット銀行が初めてでした。
以降ネットバンクは9行まで増えており(店舗数は多いものの新生銀行をネット銀行に含めることもあり、その場合は10行)、短期間で普及しかつ定着もしているといえます。

どこにも行かずに口座管理ができる点が着目されていますが、各行のサービスもますます充実していくと予測してよいでしょう。

 

マネー原人
おい、隼翔。貴様はネットバンクに口座を持っているか?
大金隼翔
いんや。就職するときに作ったメガバンクだけだな。
マネー原人
ワシでもソニー銀行には惹かれるのぉ・・・金利がとんでもない
大金隼翔
俺もソニーのヘッドフォンに惹かれるんだよなぁ・・・クリアな音質、あー欲しいっ!
マネー原人
ん? ワシの言っているソニーとは違うじゃないか!
大金隼翔
え? v●ioの話だったっけ?
マネー原人
ソニーはソニーでも全部違うわーーー!!
大金隼翔
・・・分かってておちょくったんだが・・・うわわわ! ちゃぶ台をひっくり返すなー!(泣)

 

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

コルコル

コルコル

WEBライター歴4年。
関西のファッションデザイン学校を卒業後、同校の教員を数年勤める。
後に、有名画廊へと勤務。

チュニジア在住(パートナーがチュニジア人)。
3人の子供と家族を支える「働くお母さん」。

愛読書は『ガラスの仮面』と『エースをねらえ!』。
昭和の語り部でありながら、現代の事情にも詳しくなろうと日々奮闘している。

関連記事

  • 投資初心者なら少額から!投資信託の魅力と始める前に知っておきたいその仕組み

  • 【1年で100万貯める方法!】今日からできる上手なお金の貯め方

  • 【お小遣い稼ぎ】得意分野の説明書きだけ!簡単副業のすすめ

  • 【振込みも超ラクラク!】ネットバンクを上手く利用して、コツコツ貯金する方法

  • 【必ずお金を増やす方法!】ノーリスクで安全なお金の増やし方

  • 【FX初心者】自分に合ったトレードスタイルはどれ?トレードスタイルを徹底解説