1. TOP
  2. 農業している人だけじゃない!農協でお金を借りる方法はコレ!

農業している人だけじゃない!農協でお金を借りる方法はコレ!

お金を借りる ポイント
  14 Views

農協と言えば、農家の生産や生活に密着した組織として知られています。この農協が運営している銀行がJAバンクですが、その他の銀行同様預け入れなどの他にお金の貸付も行っています。JAバンクからお金が借りられるのは農業に関わる人達だけではありません。JAは非営利組織として組合員のために比較的低い金利を提供しているとも言われています。どんな風にお金が借りられるのかチェックをしてみましょう。

農協は農業や生活全てに関連する大規模な非営利組織

©Nishihama

農協には2つの組織がある

農協とは農業協同組合の略で、英訳したJapan Agricultural Cooperativesから頭文字を取り「JA」とも呼ばれています。農協は農業をしている個人や団体を中心に、農業に携わる人達が安心して作物を作れるよう多くの事業を展開しています。

また、農協には総合JAと専門農協という2つの組織があります。専門農協とは、酪農や果樹、園芸など作物別に分かれた組織です。一方、農協の活動の大部分を占める総合JAには非常に多くの事業が含まれます。例えば効率的に作物を栽培できるようにするための指導事業や、農産物を販売する事業。さらには農業生活を支えるスーパーやガソリンスタンドの運営など購買にかかわる事業もあります。

そして総合JAには、保険業務を扱う共済事業や、貯金や資金貸付などを行う信用事業も含まれます。農協からお金を借りる場合は、これらのお金に関わる事業分野が関連してきます。

農協が運営する銀行はJAバンク

JAバンクは、JA・JA信連・農林中央金庫から構成され、農協の信用事業を行っている組織です。組合員から貯金として預かったお金を運用し、農協の別組織やお金を借りたい別の組合員に貸し出しています。日本最大級の民間金融組織のJAバンクは、全国に非常に多くの店舗があり、ATMだけでも全国約95,000台設置されています。

一般的にATMというと、手続き無料の時間帯と有料の時間帯に分かれていることが多いです。しかし、JAのATMは土日祝日でもお金の出し入れに手数料がかからない点が魅力です。また、提携している銀行のATMから入出金をする場合も無料の時間帯があるため、便利に利用することができるでしょう。そしてJAのカードローンは地域ごとに独自のキャンペーンが行われることがあります。住宅ローンやマイカーローンなどで金利が優遇されることがあるため、必要なタイミングと合えば有利にお金を借りられるでしょう。

農業をしていなくても借りられる

農協は農業に関わる人達が中心となり運営されているため、農業をしていない自分ではお金を借りられない、と思う人が中にはいるかもしれません。しかし実はJAからお金を借りるにあたり、農業に従事しているかどうかはあまり関係ないのです。

農協では農業をしている人や団体を正組合員として扱い、組織の運営にも関わっています。そして農業をしていない人は准組合員として農協の運営には関わらず、一般のサービスのみを利用することができます。なお准組合員になるには所定の出資金が必要です。出資金の額は各農協により異なり、准組合員から脱退する場合には要件に基づき出資金が返済されます。

一度准組合員になれば貯金口座を持ったり、ローンを組むことができます。また、JAの共済にも加入できます。つまり、准組合員になってさえいれば農業をしているかどうかにかかわらずお金を借りることができるのです。

農協でお金を借りるならコレ!3大ローンをご紹介

©tatsushi

住宅ローンはキャンペーンと組み合わせて割引金利で借りる

ここからは具体的にJAで借りられるお金についてご紹介していきます。JAの住宅ローンは、家を新築する場合や建売住宅・マンションの購入を目的としてお金が借りられ、他ローンからの借り換えにも対応可能です。借入条件は20歳以上66歳未満であること、JAバンクに給与振り込み口座があることなどが挙げられます。

また、融資額の上限は5000万円で返済方法は固定金利と変動金利から選べます。しかし具体的な割合が各JAにより異なるため、詳細は店舗に確認が必要です。特に給与振り込み口座に指定したり、公共料金の引き落としを申し込んだりすると、一定のキャンペーン条件満たされ金利が割り引かれますので、うまく活用をしましょう。

なおJAで住宅ローンを組む際は原則保証人が不要です。JA指定の保証会社に手数料を支払う必要はありますが、自分だけでローンを組める点はメリットと言えるでしょう。一方、家屋の火災保険に加入する場合は、契約先としてJA共済の火災保険を指定されます。JA以外で加入したい火災保険があっても選択できないため、注意が必要です。

マイカーローンは就職が内定してれば借りられることも

車に関わる用途でお金を借りるJAのマイカーローンが便利です。一部地域では取り扱われていないこともありますが、車やバイクの購入以外に、修理や免許取得、車庫の設置などの費用に使うこともできます。融資限度額は1,000万円で、半年~10年の間で返済期間を選べます。仮申し込みはインターネットでも手続きができ便利です。

JAのマイカーローンは18歳以上で勤続年数1年以上といった利用条件があります。しかし就職が内定し、今後安定した収入が見込める場合には、お金を借りられることがあるため、すぐ車が必要になった場合、問い合わせをしてみましょう。しかし未成年の場合は連帯保証人が求められます。

JAのマイカーローンの良いところは融資や繰上返済の手数料がかからないという点です。一方審査に時間がかかることもあるため、余裕をもって申請をしておきましょう。

教育ローンの返済期間は長めの15年

奨学金は契約者が子ども自身となりますが、教育ローンの場合は親が子どもの教育にかかる費用として借り入れを行います。JAの教育ローンは入学金や授業料の支払い以外に、実家から離れアパートに住む際の家賃にも使えます。融資限度額は10万円以上1,000万円以内で、原則学校を卒業して9年以内を返済期間としています。

ただし在学中は借り入れの返済を据え置き、利息のみを支払うという契約もできます。据置期間がある場合の返済期間は借り入れから最長15年で、他の教育ローンと比べ長めに設定されているのが特徴です。

銀行の教育ローンは固定金利と変動金利どちらかのみという場合があります。しかしJAの場合両方の設定があるため、リスクを踏まえて選択ができます。なお教育ローンの場合、入学案内などと一緒に学校提携ローンのお知らせが含まれることがあります。しかしこれは最もメリットがあるという形で提供されているわけではありません。金利や条件などをよく比較しておくことが肝心です。

農協でお金を借りる方法は実に多様

©naka

便利に活用したいリフォームローン・カードローン・フリーローン

JAでお金を借りる方法としてはこの他にも増改築用途に用いるリフォームローン、月の利用額を設定したうえで何度も利用可能なカードローン、用途を問わないフリーローンもあります。なお、リフォームローンは住宅内だけでなく庭や物置の設置など敷地内にかかる費用でも借り入れができる適用範囲の広いものです。

これらのローンは、インターネットで仮申し込みができ、JAでは店舗に行かなくても手続きができることがあります。また所定の保証機関を利用するため、保証人や担保なしで借りられる点がメリットです。一方、金利や融資条件は住宅ローンなどと同様に各JAにより異なります。各JAの金利や融資条件を確認する際は、JAネットローンというサイトで、ローンの種類と郵便番号を入力すると簡単に確かめられるため、借り入れ先を比較検討する際に便利です。

そして借り入れにはJAバンクのサイトからマネーシミュレーションが利用できます。自分の返済能力を踏まえていくら借り入れをするかを検討することができます。

JAでは農業従事者向け融資も

JAバンクは一般の銀行と同様のサービスも提供しています。しかし農業をしている人が正組合員として運営に関わる農協だからこそ、農業融資という名目で、農業に特化してお金を借りる方法がいくつかあるのです。これらは一般的なフリーローンなどよりもかなり安い金利でお金が借りられるのがメリットです。

例えば農業生産や加工に必要なお金を借りる「アグリマイティー資金」の場合、JAの組合員で農業に携わっていることを条件に、新規参入者か昔からの組合員かなどに関わらず融資が受けられます。しかも条件によって、JAから最初の3年間について利子補給を受けることができ、非常に低金利なのが魅力です。

なお、農業者が農業経営をより良くするための5か年計画を策定し市町村に認定されると「認定農業者」となることができます。認定農業者の場合は先進的な農業を行っている場合に借りられる「農業近代化資金」や「農業経営基盤強化資金」など、さらに多くの選択肢からお金を借りられます。

農協ローンは審査基準が厳しめ

ここまでご紹介してきたように、農協でお金を借りる方法は多数あります。具体的な金利や借入条件は各JAで異なるものの、おおむね一般の銀行よりも安いとされています。その理由はJAバンク自体が組合員からの出資金をもとに運営されている非営利団体である点が大きいでしょう。組合員の生活をより豊かにするという理念が反映されていますね。

一方、組合員のお金を預かっているというところから、融資の審査基準がやや厳しめと言われています。融資ができるかどうかの回答に時間がかかることと、審査条件が厳しいことが特徴です。残念ながら急ぎでお金を借りたい場合には向かないといえるでしょう。

審査基準は明確に公開されていませんが、まず安定した収入があることや、JAバンクの取引実績がどのくらいあるのかなどが考慮されます。さらには勤務先が各JA支店の区域内なのか、区域外なのかといった点なども考慮されている可能性があります。

まとめ

JAは農協として農業に携わる人達が自分たちで運営している非営利組織です。そのため、組合員に有利なサービスや金利でお金を借りることができるようになっています。

ローンの種類が複数ありますが、それぞれ条件によっては安い金利でお金を借りることができるでしょう。一方融資に当たっては審査に時間がかかり、その基準が少し厳しいことが特徴です。他の銀行などより安くお金を借りることができる点は魅力的ですが、融資不可となる可能性もあります。不安な部分は早めに各JAバンクで確認し、有利にお金を借りる先の1つとして検討してみてはいかがでしょうか?

ライター紹介 ライター一覧

そると3588

そると3588

ご覧いただきありがとうございます。
10年ほどの会社員勤めを経て、現在は3児の育児に奮闘中のママライターです。最近は子どもの自転車乗りの特訓に励んでいます。
子育て中のパパに寄り添えるような役立つ内容をたくさんご紹介していきたいです。
よろしくお願いします!

関連記事

  • 三井住友銀行カードローンは口座なしでも便利に利用が可能

  • 次こそ借りる!【カードローンの再審査】を徹底的に調べました

  • 【低金利なフリーローン】お金を借りるならフリーローンとカードローンどちら?

  • 【個人事業主の悩みの種を解決】借入金を上手に減らす方法とは?

  • 千葉銀行の「ちばぎんカードローン」とは?商品内容や魅力を紹介

  • 福岡銀行カードローンは1,000万円までの融資に対応