1. TOP
  2. お金を借りる
  3. お金を借りる夢を見た~お金が出てきた夢の真相

お金を借りる夢を見た~お金が出てきた夢の真相

 2018/04/19 お金を借りる
  106 Views

お金に関する夢を見たことはありますか?

お金を借りる夢、お金を貸す夢、お金を盗む夢、お金を盗まれる夢などさまざまだと思います。

お金のことだけに、どんな意味が隠されているのかとても気になりますよね。
そうです、気になっている通りお金に関する夢は、その意味がきちんと存在します。

お金持ちになれるのでしょうか、はたまたお金を失ってしまうのでしょうか。
お金に関する夢を見た場合、注意すべき点や対処法についてお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

お金が出てきた夢の真相

お金を借りる夢

「お金を借りる夢」は、良い夢であるとはいえません。

そもそも人にお金を借りる行為は、人間関係においてトラブルを生む原因となってしまいます。「金の切れ目は縁の切れ目」なんて言葉もありますよね。

お金を借りる夢自体は、人間関係のトラブルを暗示しています。
夢の中に出てきた人とのトラブルということは多いに考えられます。トラブルとなるような原因に思い当たる節はありませんか。

また人にではなく、消費者金融や銀行からお金を借りる夢でしたら、あなた自身が悩みなどでメンタルが弱ってくる前兆であるといえます。仮にお金を借りなければならない事態があるとしても、安易に借りることは慎みましょう。

お金を貸す夢

「お金を貸す夢」は、良い夢であるとはいえません。

お金を人に貸すという行為は、貸した人に対して信頼を求めていることであるといえます。貸した人よりも良い立場に立って、優越感を感じていることもあるでしょう。

お金を貸す夢においては、信頼を求めていたり、愛情を求めていたり、自分自身の存在をアピールしたいという気持ちが高くなることを暗示しています。

もしもあなた自身が恋人や大切な人に対して、信頼をなくすような行為をしているようなことがあれば、今すぐ慎まなければなりません。

お金をあげる夢

「お金をあげる夢」は、良い夢であるといえます。

お金をあげる行為は、返してもらうことを求めていませんから、相手に対する愛情や友情、人助け、人の役に立ちたいという気持ちを強く感じられる行為です。

お金をあげる夢は、無償の愛に通ずる「他人に提供する愛」を持ち続けることのできる、自分自身の価値観が高まることを暗示しています。

あなた自身は満たされていますから、これからも周りの人からあなたの価値は高まることでしょう。でも大事なことは「無償の愛」ですから、見返りを求めるような優しさは本当の優しさではないことに気付きましょう。

お金をもらう夢

「お金をもらう夢」は、夢のシチュエーションによっても解釈が変わります。良い夢とも悪い夢ともいえます。

お金をもらうという行為は、もらう人によってさまざまな感情を抱くものだと思います。またもらう額によっても、さまざまな感情を抱きます。

基本的にお金をもらう夢は、相手からの「愛情」を暗示しています。あなたがお金をもらったときにどう感じたかで決まります。

例えば、お金をもらった人にとても嬉しい感情を抱いたのであれば、その人からの愛情を感じることになる暗示になりますし、額が少なくてがっかりしているようでしたら、その人からの気持ちを煩わしく感じてしまう暗示になります。

どのような行為でもあなたを思っての行為でしたら、感謝して受け取るようにしなければなりません。

お金を盗む夢

「お金を盗む夢」は、良い夢であるとはいえません。

そもそもお金を盗む行為は、犯罪行為ですし許されるものではありません。

お金をなぜ盗むのかといえば、手軽にお金が得たいからだと思います。お金が欲しいのであれば、働いて稼いでいくことが普通です。

健全にお金を得るのではなく、お金を盗んでしまうという夢は、確実にお金の低下を暗示しています。金運が下がったり、お金を落としたり、何かで損するようなことが隠されています。

まずは自分自身の財布のひもをしっかりと閉めて、甘い言葉には気を付けて行動するようにしてください。

お金を盗まれる夢

「お金を盗まれる夢」は、お金に関わる夢の中では、とてもいい吉夢であるとされています。

ただし実社会においてもいえますが、盗まれる行為自体は気持ちの良いものではありませんし、何かしらトラブルには注意が必要です。

お金を盗まれるということは、盗むほどのお金があるという裏返しでもあります。盗まれるほどのお金に恵まれるという暗示になっているのです。

その反面、盗む行為は人を裏切る行為ですから、人とのトラブルには注意が必要です。ひょっとしてお金に関するトラブルかもしれませんから、思い当たる人は十分注意して行動してください。

お金を見つける夢

「お金を見つける夢」は、良い夢であるとはいえません。

お金を見つけることは、嬉しいことかもしれませんが、お金を見つけなければならないほど困った状態になるという暗示でもあるのです。

つまりお金を見つける夢は、お金に困った状態になってしまうという暗示であるといえます。

お金を見つけて喜んでいるということは、その反面、お金をなくして困っている人がいるともいえます。そうみると、人とのトラブルを暗示しているともいえますので、お金がらみのトラブルには十分注意することが必要です。

お金を落とす夢

「お金を落とす夢」は、みなさんのおかれた状況により良い夢になったり、悪い夢になったりします。

お金を落とすことについては、良いことではありません。しかし夢の場合においては、落とすほどのお金があるということにもなりますし、金運が高まる暗示であるといえます。

ただしお金を落とすということは、落とさないようにしたいという裏返しでもあります。つまり何かしら不安を感じることや不快な想いをすることを暗示しているともいえます。

お金を得ることによって、愛情や友情、健康、社会的地位を失うことにならないように注意すべき夢です。

お金を払う夢

「お金を払う夢」は、その夢のシチュエーションによっても違う判断ができます。

そもそもお金を払う行為は、何かを購入した場合などに行います。つまり支払うことによって、自分の欲しいものが得られるという行為ですから、お金や欲しいものが得られるという暗示であるといえます。

しかしこの支払いがしぶしぶ支払うような場合では、何も得るものがないのかもしれません。お金だけ出ていって得るものがない状態であれば、何かを失ってしまう暗示と取ることもできるのです。

夢のシチュエーションによっては、普段の生活を引き締めるようにしておきましょう。

お金を返す夢

「お金を返す夢」は、少しずつ運気が高まってくる良い夢であるといえるでしょう。

お金を返すという行為は、借りていたお金を返済することにより相手に対して信頼を与える行為になりますし、完済に向かって努力しているということもいえます。

今は辛い人生なのかもしれませんが、いつか花咲くときがくると暗示している夢になります。

仮に今辛いことや悲しいことがあるとしても、必ず乗り越えることができます。その困難は自分の成長に必要なことだと理解して、挑んでいく姿勢が必要です。

お金を儲ける夢

「お金を儲ける夢」は、良い夢であるとはいえません。

お金を儲けたいと思うことは、お金を使いたいという気持ちの裏返しであるともいえます。つまり、お金を使ってしまって、結局は失ってしまうという暗示です。

お金を儲ける行為はとても大事ではありますが、まず大事になることはしっかり働くことです。働いた結果にお金は付いてくるものなのです。

何か欲しいものがあるとしても、まずは身の丈にあっているかを冷静に考えましょう。

お金が足りない夢

「お金を足りない夢」は、良い夢であるとはいえません。

お金が足りないと感じている背景には、お金に困っているという気持ちが強いことがいえますので、不安感が強く、生命力が弱まっています。

つまり、ストレスが強くなるなどで、体調を崩すことや、精神的に疲弊するようなことを暗示している夢です。

今は頑張らないといけない時期であるとしても、まずは体調や体制を整えることから始めたほうが良さそうです。人間関係であれば、自分に自信を持って行動するようにしましょう。

お金が当たる夢

「お金が当たる夢」は、良い夢であるとはいえません。

宝くじなどにおいてお金が当たるということは、ある意味縁起のいい夢ともいえそうですが、お金が当たりたいという欲望を感じられます。

お金が当たるということは、一攫千金を意味しており、手軽に稼げてしまうことになります。つまり、お金が欲しい、お金が使いたいという気持ちの裏返しであるといえるのです。

まずはお金を失わないように気を付けていきましょう。無駄使いをするようなことがないように、お金を使う際には冷静に考えてからにしてください。

お金に執着する夢

「お金に執着する夢」は、良い夢であるとはいえません。

お金に執着しているということは、先ほどありました「お金が足りない」という状態が慢性化しているといえます。

お金が足りない状態は、不安感が強く、生命力が弱まっている状態です。さらにこの状態が慢性化してくると「誰か助けてほしい」「何とかしてほしい」という何かにすがっている状態であるといえるのです。

あまりにストレスが強すぎて、自分自身を失っている状態かもしれません。

「お金に執着する」ということは、人の愛情を強く求めている裏返しであるといえますので、まずは心身の健康を大事にすることから始め、自分に自信を持って行動できるようにしましょう。

お金を寄付する夢

「お金を寄付する夢」は、良い夢であるといえます。お金を寄付する行為は、「お金をあげる」ことでもありますし、お金をあげる夢と同じように理解することができます。

お金を寄付する行為は、何も見返りを求めることではなく、人助け、人の役に立ちたいという気持ちを強く感じられます。お金を特定の人にあげる行為よりもさらにその気持ちは強いでしょう。

あなた自身は今のままで大丈夫です。人間関係において充実したものになっていくでしょう。人の役に立ちたいと、誰に対しても見返りを求めないのであれば、あなたの価値はもっと高まってくるはずです。

お金を拾う夢

「お金を拾う夢」は、その夢のシチュエーションによっても違う判断ができます。

お金を拾うこと自体は、何も悪いことではなく、ふと見つけたということでしょう。見つけてラッキーという感情はあるかもしれませんが、別にお金を拾ってやろうと思っていたわけではないと思います。

出費をしたとしても、また臨時収入などが期待できる暗示です。

しかしお金を拾ったシチュエーションが「どこかにお金は落ちてないか」と探しまわっているような場合は、「お金に執着している」という捉え方ができます。「お金に執着する」ということは、人の愛情を強く求めている裏返しです。

自分に自信を持って行動するようにしなければなりません。

お金持ちの夢

「お金持ちの夢」は、その夢のシチュエーションによっても違う判断ができます。

何も苦労せずに、宝くじに当たったような場合で、お金持ちになったのならば「お金が当たった夢」同様に、お金持ちになりたいという欲望を感じることができます。この場合であればお金を失わないように気を付けなければなりません。

もしもコツコツ努力してお金持ちになった夢でしたら、良い夢であるといえます。

努力は成功のもとですから、努力を続ければお金持ちになれるという暗示であるといえます。夢のように努力を続ければいいでしょう。

貧乏になる夢

「貧乏になる夢」は、良い夢であるとはいえません。

貧乏になってしまった背景には、あなたの努力が報われなかったかもしれませんし、努力をそもそもしなかったのかもしれません。

いずれにしてもあなたの行動は無駄になってしまうという暗示になります。

努力は必要ですが、成功に結び付く努力が必要です。あなたの望んでいる姿に近づいていくには、必要な努力があるはずです。まずはそれを認識して行動するようにしましょう。

悪い夢を見てしまった場合の対処法

基本的にお金に関わる夢は「逆夢」といって、良いことは悪い暗示、悪い夢は良い暗示であるといわれます。

もしも悪い夢を見てしまったということであれば、気分を害するのではなく、その夢に隠されている背景を読み取り、生活につなげていくことが大事です。それがすべて良い方向に結びついてくるはずなのです。

また良い夢を見てしまったとしても、嘆くことはなく、自分自身の奥深くに眠っている意思に気付いて、正していくことが大事です。

夢は暗示ですから、基本的には自分自身の深層心理が現れているものであるといえ、そこに気付かせてもらっていると捉えるべきです。

そこに気付くことで、自分の行動指針にすることができ、心豊かに生活することができるでしょう。

まとめ

お金に関わる夢についてお伝えしました。

夢を見たから、良いことが起きる、悪いことが起きるというものではありません。あくまで自分自身の心の奥深くの感情が現わしているものだと理解するようにしましょう。そう理解することで、何も臆しないようになります。

私たちには、お金が大事です。
しかしお金に振り回されない人生を歩むことがもっと大事なのです。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

コルコル

コルコル

WEBライター歴4年。関西のファッションデザイン学校を卒業後、同校の教員を数年勤める。後に、有名画廊へと勤務。チュニジア在住(パートナーがチュニジア人)。3人の子供と家族を支える「働くお母さん」。愛読書は『ガラスの仮面』と『エースをねらえ!』。昭和の語り部でありながら、現代の事情にも詳しくなろうと日々奮闘している。

関連記事

  • 未成年の金銭問題!18歳の高校生がお金を借りる事は可能なのか?

  • 専業主婦でもお金を借りることができますか?

  • 子どもの眼鏡に保険適用?助成金の詳細とその申請方法

  • 年金受給者でもお金を借りることができるの?その方法を解説

  • 知らなかった!免許証だけでお金を借りる?その詳細とは?

  • 給付やお金も借りることができるハローワーク!その詳細とは?