1. TOP
  2. パスポートでお金を借りることができる?本人確認書類を徹底比較

パスポートでお金を借りることができる?本人確認書類を徹底比較

お金を借りる
  7 Views

パスポートの提示だけでお金を借りることができるかについて、詳しく解説します。本人確認書類として一般的に使われる運転免許証以外に、どんなものが使用できるのでしょうか。パスポートの提示だけでお金を借りることができるケースもあるのでしょうか。本人確認書類としてパスポートを使うメリットとデメリットについてご説明します。

お金を借りるには本人確認書類が必要

©akiyoko

一般的な本人確認書類は運転免許証

お金を借りたいと思ったなら、まず必要な書類を準備しなければなりません。必要な書類として最初に思い浮かぶのは、運転免許証ではないでしょうか。免許証がお金を借りるときの必須の本人確認書類だと思っている方もおられることでしょう。日本ではそれぐらい一般的に運転免許証が本人確認資料として使用されています。

しかし、運転免許証を持っておられない方もおられます。運転したいなと思いながら、持病のために取得を断念されているというケースもあるでしょう。交通の便利が超絶に便利な都会に住んでいる方なら、使わないのに車を持つことはあり得ませんし、免許も取らないということもありえるかもしれません。

交通事故に遭ってしまった思い出がトラウマとなってしまい、現在まで免許取得に踏み出すことができなかったという方もおられます。

運転免許証のかわりになる本人確認書類

そういった、運転免許証を持っていないケースでも、もちろんお金を借りることは問題なくできます。本人確認書類として一般的に使用できる3種類の書類について説明しましょう。

  • 運転免許証

ほとんどのケースで本人確認書類として使用されています。常に財布の中に入れていて携帯しているものなので、持ってくるのを忘れるということも少ないはずです。

  • パスポート

パスポートも本人確認書類として使用できます。運転免許証がない方が使うというケースが多いです。日本人でパスポートを所有している方の割合は、20%程度のようです。消費者金融で、遊ぶお金を借りることになれている世代の方は、たいていパスポートを持っているのかもしれません。

  • 健康保険証

免許証と同様ほとんどすべての日本人がひとり1枚持っているのが、この健康保険証です。本人確認書類としての使用率で運転免許証との差が出てしまったのは、常に所持しているわけではないことが多いからでしょう。

パスポートのどのページが必要?

パスポートが本人確認書類として使用できることは分かりました。ではパスポートのどのページが本人確認書類として必要なのでしょうか?インターネットで書類を送付するケースなどの、対面でない形式の審査もありますから、この知識は大切ですね。

パスポートには、外務大臣のハンコが載っているページ、本人の顔写真やパスポート番号が記載されているページ、イミグレーションエリアでスタンプを押印してもらうためのページ、ICチップが内蔵されている太いページ、「所持人記入欄」のページがあります。この中のどのページが要るのでしょうか?

  • 本人の顔写真やパスポート番号が記載されているページ

ここには、本人確認として重要な、顔写真、生年月日、パスポート番号などが記されており、本人確認をするのにとても大切なページです。

  • 「所持人記入欄」のページ

ここには、住所、電話番号を手書きで書き記すスペースがあります。書類として提出する前にきちんと記載しておく必要があります。

パスポートだけでお金を借りられる?

©kiko

希望借入額によって異なる

では、今度は、パスポートだけを使って消費者金融会社からお金を借りることができるのかどうかを解説しましょう。結論から言うと、パスポートだけでお金を借りることは可能です。ただし、いくつかの条件があります。

まず、いくら借りたいと思っているかというポイントです。一般的には、消費者金融でお金を借りるために、収入の証明が必要となります。しかし、希望する借入額が50万円以下であり、かつ、すでに他の消費者金融会社から借りている金額と希望する借入額の合計が100万円以下である場合には、収入の証明をする必要なくお金を借りることができるようになっています。

希望借入額が大きい場合に必要となるその他の書類

収入の証明をすることが必要になったときには、次のような書類が必要になります。

  • 源泉徴収票

会社に勤めている方が年末年始に必ず受け取る源泉徴収票の最新のものが必要です。源泉徴収票には所得の額が明記されており、査定に必要となる収入の額が分かるようになっています。アルバイトなどで複数の勤務先で働いている場合などは、次の項目の確定申告書の方がよいのかもしれません。

  • 確定申告書

自営業を営まれている場合や、複数のアルバイトを掛け持ちしている場合などは、毎年3月ごろに確定申告をしなければなりません。税務署や税理士から受け取ることができます。最新の年度のものだけが有効です。

  • 給与明細書

勤務している会社から毎月発行される給与明細書も収入の証明として使用できます。最新の2ヵ月分に加えて、最新の1年分の賞与明細書も提出できます。

正しい現住所が記載されているか?

パスポートだけでお金が借りれるかどうかを判断するもうひとつのポイントは、住所の記載です。パスポートに記載した住所が現住所と異なる場合は、住所の情報を補足する書類としてパスポート以外のものを1点用意しなければならないことになります。住所を証明するために使える書類には次のようなものがあります。

  • 国税か地方税の領収書、あるいは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 電力会社、ガス会社、水道局、固定電話や携帯電話の会社、NHKなど公共料金の領収書
  • 住民票の写しか、住民票の記載事項証明書

これらの書類には住所と名前が記載されていますから、パスポートの持ち主が実際にどこに住居しているかを的確に証明してくれることになります。お金を借りるための書類としてパスポートだけというわけでななくなりますが、上記のいずれかを準備すれば大丈夫です。

本人確認書類としてどの書類を使うべき?

©kei907

運転免許証を使うメリット

では、パスポートを本人確認書類として提出することにはメリットがあるのでしょうか?運転免許証や健康保険証よりよい査定をしてもらうことがあるのでしょうか?

これらの書類は単に本人確認書類として提出するだけですから、どの書類を使ってもそんなに相違がありません。ですから、運転免許証を持っているという場合は、間違いなくそれを使用する方がよいでしょう。最新の免許証になって住所の変更がない場合は、免許証の表面のコピーだけで済むため、手続きも簡単です。また、そもそも運転免許証は財布に入れていつも携帯していることが多いので、意識せずとも用意することができますね。

パスポートを使うメリット

では、パスポートを使うのはどんなケースなのでしょうか?第1の選択肢である運転免許証を持っていないケースには、パスポートと健康保険証のどちらを使うとよいのでしょうか?

このふたつの書類の相違としては、健康保険証には住所の記載がないということです。ですから、パスポートの所持人記入欄に住所を記載していると、パスポートだけで、本人確認書類として成立しますが、健康保険証の場合は、現住所の情報を補足する領収書などの書類が必ず必要になります。

また、国民健康保険の保険証は、企業の健康保険組合の保険証より評価が低い場合があります。国民健康保険の保険証を持っている場合でパスポートも所持しているなら、パスポートのほうがよいのかもしれません。

健康保険証を使うメリット

健康保険証のメリットは、すべての国民が加入することを期待されている健康保険の保険料を払っているなら、すべての人が健康保険証を持つことができるというポイントです。

運転免許の試験に合格していない方は、運転免許証を持つことができません。海外に渡航することがない方は、パスポートを持っていないでしょう。しかし、健康保険証は、すべての日本国民が持っている本人確認書類なのです。運転免許証もパスポートも持っていなくても、健康保険証と住所を証明する各種の領収書さえあれば、消費者金融会社からお金を借りる手続きができるのです。

まとめ

パスポートには本人確認書類として立派に通用するものです。運転免許証の方が簡単ですが、何らかの理由で免許証がない場合などには、ぜひパスポートを本人確認書類として使ってみてください。

パスポートの住所記載欄も活用しましょう。海外旅行などで渡航するだけなら記載しなくても問題ないのですが、本人確認書類として使用するなら正しく現住所が記載されていることが必須となります。

パスポートを上手に活用して、スマートにお金を借りるようにしましょう。

ライター紹介 ライター一覧

escritor

escritor

南米ペルー在住のフリーライターです。元はシステムエンジニアをしていました。南米に移住して2年ほどになります。海外に住むようになってはじめて為替の変動を意識するようになり、FXをはじめました。勉強しながらボチボチトレードしています。

関連記事

  • ブラックリストは無理?ブラックリストでもお金を借りる方法とは

  • コンビニATMを活用してお金を借りる!その方法や注意点について

  • 今すぐお金を借りたい!来店不要の即日融資が可能な消費者金融

  • じぶん銀行カードローンはauユーザー必見の仕掛けアリ

  • いざという時に頼りになる!サラ金の業者一覧

  • 【サラ金と消費者金融は違う?】安心安全にお金を借りる方法を調べました!