1. TOP
  2. 【簡単にダウンロードできる】パソコン・手書きの履歴書の書き方

【簡単にダウンロードできる】パソコン・手書きの履歴書の書き方

転職
  11 Views

転職活動をしていく上で、履歴書の作成は避けて通れない部分です。しかし履歴書を書こうとすると「手書きで書いたほうが良いのではないか」「字に自信がないから手書きを避けたい」「手書きにしたらパソコンのスキルが低いと担当者に思われるのでは」とあれやこれやと考えてしまうのではないでしょうか。

最近の傾向として、手書きでもパソコンでも「問題ない」という企業は多いです。しかし、職種や応募企業によって、履歴書の書き方次第で有利に働くことも出てきます。

手書きかパソコンかを判断する基準とどんな企業に応募しても不利に働かない履歴書の書き方を紹介します。

Sponsored Link

履歴書を手書きにするかパソコンにするかはどこで判断するか

©Elnur

官公庁や日系の古い企業は手書きの履歴書を好む傾向

手書きを好む傾向のある職種としては官公庁です。年功序列など現在では古いとされる習慣が残っています。つまり面接担当者や採用担当者も年齢の高い方が行なっていることが多いのです。年齢の高い方の中には依然として「手書きのほうが誠意を感じる」という意見を持っている方がおり、手書きで履歴書を作成したほうが良いです。

日系の歴史の古い企業も面接担当者や採用担当者の年齢が高い傾向にあります。そうした企業に応募する方は履歴書を手書きで書いたほうが無難でしょう。

どの職種でも面接担当者や採用担当者の年齢が高いと手書きが好まれる傾向があるので、新しい企業でも面接担当者や採用担当者の年齢が高いと分かっていれば、履歴書は手書きで書いていきましょう。

事務や秘書の業務に手書きが必要な企業もあります。そうした企業は手書きを重んじている傾向があるため、手書きで履歴書を作成しましょう。事務や秘書の業務で手書きをするが必要があるかは求人募集を見ればわかります。インターネットで検索すれば、過去の求人募集でも残っている可能がありますので、チェックしてみましょう。

ベンチャー企業や外資系企業への履歴書はパソコンでも良い

履歴書をパソコンで作成するほうが好まれる職種としてはIT関連です。IT関連の仕事は日常の業務のほとんどをパソコンで行ないます。

パソコンで作成したからといって失礼と見なす面接担当者や採用担当者は少ないです。むしろ「パソコンでやり取りを行なうことを効率化と考える」面接担当者や採用担当者もいます。IT関連の職種に応募されるときにはパソコンで作成したほうが良いでしょう。

ベンチャー企業に応募する方も履歴書をパソコンで作成しても良いです。ベンチャー企業の面接担当者や採用担当者は若い方が多いため「手書き=誠意」という見方を持っていない傾向があります。むしろ「手書き=非効率」と考える方もいます。

外資系企業も履歴書をパソコンで作成すると良い印象を与えられます。例えば、アメリカの履歴書「resume」は用紙は決まっておらず、ワードやエクセルなどを利用して各々が作成します。写真の添付を求めることは法律で禁止されています。人種差別による不採用を防ぐためです。外資系企業はそもそも手書きの履歴書に親しみがないため履歴書はパソコンで作成したほうが良いでしょう。

日系の歴史のある企業や官公庁であっても、ウェブ上やメールでの履歴書の提出を求められた場合はパソコンで作成しましょう。

悩んだら手書きで作成するのが無難

手書きが好まれる職種の傾向とパソコンが好まれる職種の傾向どちらにもあてはまらず「どうしたら良いのだろう…」と迷ってしまうことがあるかもしれません。

ライフネット生命が2012年に行なった調査では、7割の企業が履歴書に関し「手書きとパソコン作成に差はない」と答えていますが、3割は「手書きが有利」と答えています。

手書きの履歴書を提出して失礼だと感じる企業はほぼないということです。手書きかパソコンか迷ったときには、手書きの履歴書を作成して提出しましょう。

手書きの履歴書の書き方

©hanack

正式な文書なので黒ボールペンで書く

その昔は正式な文書は筆ペンか万年筆を使って書かれていました。もちろんこれは過去のことで現在はボールペンで十分でしょう。しかし色にはこだわる必要があります。

海外では正式な文書を青などの色で書いても問題ない国もたくさんあります。しかし礼儀やマナーを重んじる日本では正式な文書には黒という概念が存在します。ボールペンの色だけで判断されるのは心外ですが、礼儀やマナーがどんなに良くても常識外れと見なされてしまう可能性があります。

書きやすいサインペンのようなものも多く販売されていますが、サインペンも履歴書に使用すると良い印象を与えません。手書きの履歴書は黒のボールペンではっきり書きましょう。

消せるタイプのボールペンはNG

書き損じても良いように後から消せるタイプのボールペンがありますが、手書きの履歴書には向きません。

フリクションボールペンというのが、消せるタイプのボールペンの正式な名前です。フリクションボールペンは摩擦によって熱が発生すると、その熱にインクが反応してインクの色が透明になるようになっています。保管場所が暖かい場所なら、インクの色が薄くなったり、消えてしまったりするのです。

フリクションボールペンはインクの見た目でわかります。面接担当者や採用担当者の印象としてもフリクションボールペンは良くありません。

黒のボールペンはフリクションボールペンの他に、油性、水性、ゲルインクのものがあります。油性ボールペンはインクのにじみが少ないですが、文字がかすれやすいです。水性ボールペンは書き心地が良いですが、水に濡れるとにじみます。おすすめなのがゲルインクのボールペンです。ゲルインクのボールペンはにじみも少なく、書き心地もなめらかです。

ボールペンの太さは0.7mmがおすすめです。履歴書の字で性格を判断する面接担当者や採用担当者もいます。0.5mmのボールペンだと、線が細く力強さに欠ける印象を与えてしまいます。「0.7mmのゲルインクの黒ボールペン」これが手書きの履歴書に最適なボールペンでしょう。

書き損じたら面倒でも必ず書き直す

「履歴書を何度も書き直すのは面倒」という方もいるでしょう。だからといって、修正ペンや修正テープでの修正は絶対に止めましょう。修正ペンや修正テープは正式な文書には認められていないからです。履歴書が汚く見えるだけでなくビジネスマナーがなっていないと見られてしまいます。

正式な文書でも通用する方法として、書き損じた場所に二重線を引き、訂正印を押す方法もありますが、これもあまりおすすめできません。面接担当者や採用担当者は「正式な訂正の仕方を知っているな」と考えるよりも「書き直すのが面倒だったな」と見なす公算のほうが大きいです。書き損じたら何度でも書き直しましょう。

書き直しをなるべく防ぐ方法としては、鉛筆で跡が残らないくらいの筆圧で下書きしてから書く方法があります。シャープペンシルだと筆圧が弱くても、履歴書の用紙に傷がついてしまう可能性があるので鉛筆を使いましょう。

下書きの上からボールペンで清書します。清書したら、すぐに下書きの鉛筆部分を消すのではなく、ボールペンのインクが完全に乾ききるまで待ってから消しましょう。時間がないときはドライヤーの冷風を使って乾かすのもありです。

パソコンでの履歴書の作成方法

©Elnur

自分に合ったフォーマットをダウンロード

パソコンで履歴書を作成する場合は、自分に合った履歴書のフォーマットをインターネット上からダウンロードしましょう。様々なサイトから無料で使えるフォーマットが提供されていますので、自分にあったフォーマットを選ぶことができます。

フォーマットの種類はシンプルなものとJIS規格の主に2種類があります。

シンプルなフォーマットは、記入する内容が最低限となっています。職務経歴書と一緒に提出する場合や面接のときにアピールする自信があれば問題ありません。

JIS規格の履歴書のフォーマットには「志望動機」「アピールポイント」「好きな学科」「特技」といった項目があります。履歴書のみ提出が求められた場合や、面接は緊張してしまうので履歴書で最大限にアピールしたい場合に良いでしょう。

インターネット上のフォーマットはすでによく使う文章がテンプレートされているものもあって、ワードやエクセルで簡単に入力して使えるものもあります。自分に合ったフォーマットを選びましょう。

フォントと文字サイズは好印象のものを選ぶ

履歴書をパソコンで作成するときに好印象を与えるフォントや文字サイズはあります。フォントは「見やすさ」が最優先事項です。見やすくても丸みのあるフォントなどは正式な文書には向きません。草書体などはかしこまりすぎですし、見やすさで劣ります。定番の明朝体で記入することをおすすめします。

文字サイズは10.5ptあるいは11ptがおすすめです。名前など大きくスペースがとられているところは14~18ptを使って力強さを出しましょう。

文字のフォントやサイズがバラバラになってしまうと、履歴書が読みにくくなってしまいます。履歴書がきれいに見えないですし、パソコンスキルも疑われてしまいます。文字のフォントやサイズがそろっているか必ず確認しましょう。

パソコンで履歴書を作成する場合は紙の履歴書と違い、枠の大きさを変えることが出来ます。内容が薄くなりがちな箇所の枠を狭めて、内容が濃くなる箇所を広く使うようにすることもできますので、相手が質問しやすい内容でまとめるようにしましょう。

サイズを確認して上質の紙に印刷

パソコンで履歴書を作成した後に、紙に印刷して提出されるときには注意点があります。履歴書の用紙の基本的なサイズはA3を2つ折りにしたA4かB4を2つ折りにしたB5となっています。印刷はA3かB4にしましょう。

A3の用紙で印刷を自宅のプリンターではできない場合はコンビニのコピー機を利用することができます。コンビニのコピー用紙は比較的質も良いので、履歴書に向いています。

自宅のプリンターで印刷する場合は、なるべく上質の紙を使用しましょう。質の劣る用紙を使用すると、変色したり、にじんでしまったりすることがあります。

顔写真はパソコンで履歴書のデータに当て込むのではなく、印刷された履歴書に貼ります。

まとめ

転職に強い履歴書の書き方を紹介しました。履歴書は職種や企業によって、手書きにするかパソコンで作成するかを分けます。迷ったときには手書きにするのが無難です。

応募先に提出する正式な文書ですので、自分に合ったフォーマットをダウンロードしましょう。テンプレートを参考にして自分を最大限にアピールできる履歴書を作成したいですね。

転職の困ったときに頼りなるのは、転職エージェントです。転職エージェントは転職に強い履歴書の書き方もしっかりと教えてくれます。転職を考えている方は以下のページも読んで、自分に合った転職エージェントを探してみてください。

転職サイト徹底比較!転職サイトおすすめランキング

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

出井章浩

出井章浩

40代男性です。様々な仕事を経験したことを生かしてライター活動を行なっています。お金には苦労してきましたので、みなさんに役立つクレジットカードなどの仕組みや節約術なども詳しく紹介していきます。よろしくお願いいたします。

関連記事

  • 【アピール効果大】転職の面接での自己PR例と自己PR書の書き方

  • 【仕事を辞める前に考えるべき問題】転職時のお金の出入りを解説

  • 【理由に本音は禁物!】転職時の退職願の書き方と必要な手続き

  • 【だるい!きつい!向いてない!】仕事が続かない原因から抜け出す方法

  • 【転職時の自己PR】履歴書と職務経歴書への志望動機の書き方

  • 【休日出勤でも金額に差?!】知っておきたい手当の仕組みと割増率