1. TOP
  2. りそな銀行カードローン「プレミアムカードローン」VS「りそなクイックカードローン」

りそな銀行カードローン「プレミアムカードローン」VS「りそなクイックカードローン」

お金を借りる
  5 Views

大手都市銀行「りそな銀行」が提供する2つのカードローン「プレミアムカードローン」、「りそなクイックカードローン」。今回は、2種類のカードローンの特徴や、それぞれのメリットを比較していきたいと思います。「りそな銀行」のカードローンの利用を検討している方は、それぞれの違いをしっかりと理解し、自分にあったカードローンを選択するようにしましょう。

「プレミアムカードローン」「りそなクイックカードローン」申込み方法と資格

©beeboys

まずは基礎を知ろう「りそな銀行」って?

「りそな銀行」が提供する2種類のカードローン商品「プレミアムカードローン」と「りそなクイックカードローン」ですが、まずは提供している「りそな銀行」についてご紹介します。

「りそな銀行」は、1918年(大正7年)5月15日に設立された都市銀行です。東京都と大阪府を中心に26都道府県に店舗を設置しています。 「りそな銀行」の名前の由来はラテン語の「resona」で「共鳴」「響き渡る」などの意味があるそうです。利用者と共鳴し、サービスが心に「響き渡る」。そんな思いを込めて名付けられました。 グループ銀行として「埼玉りそな銀行」や「近畿大阪銀行」も展開しており、首都圏に住む方にとっては、なじみの深い銀行です。

「プレミアムカードローン」「りそなクイックカードローン」の申込み方法

「りそな銀行」では「プレミアムカードローン」「りそなクイックカードローン」と2種類のカードローンを提供していますが、それぞれ特徴は下記のようになります。 ・プレミアムカードローン 限度額は50万円〜800万円、金利は3.5%〜12.475% ・りそなクイックカードローン 限度額は30万円〜200万円、金利は9.0%〜12.475% 申込みは、インターネット、郵送・FAX、電話(りそなクイックカードローンのみ)となっています。

「プレミアムカードローン」を希望する場合、電話での受付は不可となりますので注意が必要です。 不動産や動産の購入資金や、他社借入の一本化などで利用する場合は、借入限度額の高い「プレミアムカードローン」、生活費の補助や、交際費などに利用する場合は、限度額を低めに設定できる「りそなクイックカードローン」の利用がおすすめです。

申込み資格と必要書類

「プレミアムカードローン」の申込み資格は、年齢が満20歳以上満60歳未満となっています。対して「りそなクイックカードローン」は年齢満20歳以上66歳未満が対象となっています。利用するカードローンによって、年齢の幅が異なっていますので注意が必要です。また双方とも「安定した収入がある」「日本国内に住んでいる」「保証会社の保証が受けられる」などの条件があります。学生や専業主婦の申込みが不可となっている点にも注意が必要です。 また申込み時には、下記の書類の中からいずれか1点の提出が必須となります。

  1. 運転免許証
  2. 運転経歴証明書
  3. パスポート
  4. 各種健康保険証
  5. 住民基本台帳カード
  6. 在留カード
  7. 特別永住者証明書

また「プレミアムカードローン」で限度額300万円以上を希望する場合と「りそなクイックカードローン」で限度額100万円を超える場合は、収入を証明する書類を提出する必要があります。

  1. 住民税決定通知書
  2. 課税証明書
  3. 納税証明書(その1・その2)
  4. 源泉徴収票

「プレミアムカードローン」「りそなクイックカードローン」金利比較

©siro46

「プレミアムカードローン」の金利

「りそな銀行」の提供する「プレミアムカードローン」は、前述したように限度額50万円から800万円と比較的大きな金額の融資を希望される方に向けたカードローンです。金利は下記のようになっています。

800万円型 3.5%
700万円型 4.0%
600万円型 4.5%
500万円型 4.9%
400万円型 5.5%
300万円型  7.0%
200万円型 9.0%
150万円型 11.5%
100万円型 11.5%
50万円型  12.475%

50万円の限度額でも、金利は年利12.475%となっています。消費者金融系のカードローンでは年利が18.0%ほどになることも多いので、金利面でのアドバンテージも大きいカードローンとなっています。しかし、最低限度額が50万円からとなっていますので注意が必要です。

「りそなクイックカードローン」の金利

続いて「りそなクイックカードローン」の金利を紹介します。「りそなクイックカードローン」は限度額30万円から200万円と少額融資を希望されている方におすすめのカードローン商品です。金利は下記のようになっています。

200万円型 9.0%
150万円型 11.5%
100万円型 11.5%
70万円型 12.475%
50万円型 12.475%
30万円型 12.475%

限度額の違いはありますが、金利自体は「プレミアムカードローン」と同一となっています。金利の違いを気にする必要はなく、自身の希望する限度額によって「プレミアムカードローン」と「クイックカードローン」を選択するようにしましょう。

他社カードローン商品との金利の違いは?

「りそな銀行」の提供している「プレミアムカードローン」と「りそなクイックカードローン」それぞれの金利をご紹介しました。双方とも金利差はありませんでしたが、他社カードローン商品との金利差はどうなっているのでしょうか?

「りそな銀行」の「プレミアムカードローン」と「りそなクイックカードローン」の金利に関しては3.5%〜12.475%となっています。最低金利はメガバンクやネット銀行、地方銀行のカードローンと比べて多少見劣りする面もありますが、特筆すべきは最大金利の低さです。

三菱東京UFJ銀行のバンクイックで最大金利は14.6%、みずほ銀行カードローンが14.0%と最大金利ではメガバンクはもちろん、地方銀行のカードローン商品と比べても優位性があるのがわかります。

2種類のカードローン商品審査や借入れと返済方法は?

©buri327

異なる保証会社と審査期間

「りそな銀行」のカードローンを利用するには保証会社の保証を受けることが必須条件となっています。審査も「りそな銀行」に代わり保証会社が行っています。それぞれの保証会社は下記になります。

  • プレミアムカードローン

    オリックスクレジット株式会社

  • りそなクイックカードローン

    りそなカード株式会社

審査は「プレミアムカードローン」の場合、最短当日中。「りそなクイックカードローン」は2時間ほどで審査結果が判明します。しかし「プレミアムカードローン」「りそなクイックカードローン」ともに、実際に融資が行われるまでには1週間〜2週間ほどかかります。すぐに融資が必要な場合などは、他社カードローンも検討するようにしましょう。

借入れは全国のATMが利用可能

「プレミアムカードローン」「りそなクイックカードローン」ともにカードローン専用のカードは発行されず、りそな銀行普通預金口座のキャッシュカードにカードローン機能が付与されます。(カードローン利用には普通預金口座の開設が必須。※カードローン申込みと同時開設可能)

実際の借入れは普通預金口座のキャッシュカードを利用して、手数料無料で全国のりそな銀行ATM、埼玉りそな銀行ATM、近畿大阪銀行ATMで可能です。また提携ATMでの借入れも可能ですが、コンビニATMやゆうちょ銀行ATMでは手数料が発生します。事前に手数料無料で借入れができる、りそな銀行ATMなどが自宅や勤務先の近くに設置されているかを確認しておくと良いでしょう。

返済は口座振替に対応

「プレミアムカードローン」「りそなクイックカードローン」ともに、毎月の返済方法はりそな銀行普通預金口座からの口座振替のみとなります。残高不足による返済不履行を防止するためにも、給与振込口座を「りそな銀行」にするか、一定金額を預け入れておくなどの対策も重要になってきます。返済方式は、借入れ金額により毎月の返済金額が決まる残高スライド方式を採用しています。

50万円以内の借入れ残高の場合「プレミアムカードローン」「りそなクイックカードローン」ともに最低返済金額は1万円となっています。また、りそな銀行ATM、埼玉りそな銀行ATM、近畿大阪銀行ATM、提携ATMとインターネットバンキングを利用しての随時返済も可能です。余裕がある時は随時返済を行い、借入れ残高を減らすように心がけましょう。

まとめ

今回は「りそな銀行」が提供する「プレミアムカードローン」「りそなクイックカードローン」についてご紹介しました。どちらのカードローンも金利差がなく、低金利でカードローンの利用が可能です。他社借入れの一本化や、車両購入などの大きな金額の借入れが必要な場合は「プレミアムカードローン」。毎月の生活費補助や旅行費用の捻出などであれば「りそなクイックカードローン」と自身の用途にあったカードローンを選択するようにしてください。

実際の融資開始までに時間がかかる点や、最低返済金額が1万円からと少し高めに設定されているなどのデメリットもあります。しかし、利便性や金利面でデメリットを大きく上回る魅力があるので、ぜひカードローンの契約を検討してる場合は候補の1つにしてみましょう。

ライター紹介 ライター一覧

T.KAKINUMA

T.KAKINUMA

タイ王国バンコク在住のWebライターT.KAKINUMAです。

国内の一部上場会社で勤務後、東南アジアのバンコクでの3年間の駐在生活を経て、現在はフリーランスライターとして活動しています。
会社員時代に培った知識を活かし、株取引、FX、外貨預金、海外不動産投資に関する記事を執筆させていただいています。

関連記事

  • 生命保険を担保にお金を借りる!?仕組みや借り方をご紹介!

  • 【安心のゆうちょ銀行】ゆうちょ銀行の簡単審査でキャッシングができる!

  • うっかり財布を落とした時に駅でお金を借りることはできるのか

  • 借りやすい消費者金融を徹底調査!条件別に借りやすさを比較

  • 【低金利】で借りられる金融機関ってどこ?実はいろいろある借り入れ先の比較

  • 最後の頼みの綱!おばあちゃんにお金を借りるその口実とは?