1. TOP
  2. 質屋でお金を借りる方法!キャッシングとどっちがいい?

質屋でお金を借りる方法!キャッシングとどっちがいい?

お金を借りる
  26 Views

質屋でお金を借りたいけど、「本当に借りられるの?」「どうすれば借りることができるの?」と悩んでいませんか?実は質屋では、信用情報を審査されることなく手っ取り早くお金を借りることができるんです。今回は、質屋でお金を借りる方法とキャッシングと比べたときにどっちがお得なのかをご紹介します。実際に質屋に行ってみる前に、目を通してみてください。

Sponsored Link

質屋でお金を借りる方法は

©MoustacheGirl

質屋でお金を借りることは可能!

質屋と聞くと、ブランド品や金券など、物を売ってお金に変える場所と思いますよね。そのため、質屋でお金が借りられることを知らない方もいますが、物を担保としてお金を借りることができます。借りている期間は、ほかのローンと同じように利息がつき、物自体は質屋で保管されます。返済できるようになったら、借入額と金利分を返し、預けておいた物を返してもらう仕組みです。もし、お金が返せないのであれば、預けた担保が没収されます。

質屋は鎌倉時代に始まったとも言われており、昔から庶民がお金を借りるときによく利用していた場所です。最近はお金を借りると言えば、キャッシングやカードローンが有名ですが、質屋でお金を借りる方法についても知っておきましょう。

お金を借りるには担保が必要

質屋でお金を借りるには、担保が必要です。消費者金融や銀行で借りる場合は、担保なしで借りられるところが多いですが、ここが大きな違いです。質屋でお金を借りたいときは、高級腕時計やブランドのバッグや財布、商品券やプリペイドカードなど担保となるものを持っていきましょう。一般的には、質屋で買い取り対象となるものを持っていけば査定してくれます。

融資を受けられる金額は、持参した品物の査定額以下となります。買取価格が5万円なら、5万円以下なら借入可能となるわけです。何を担保とするかで借入可能額が変わるので、できるだけ買取価格が高そうなものを選ぶようにしてください。

借りたお金を返すときは、借入金額に金利分を上乗せした額を持っていきます。とくに問題がなければ、担保として預けた物が返ってきます。

ブラック状態でも個人の審査は不要!

消費者金融や銀行でお金を借りる場合、信用情報を確認されます。信用情報とは、個人信用情報機関に登録されている個人のお金の貸し借りの状況などで、消費者金融や銀行などが照会したり、新しく情報を提供したりることで更新されていきます。

過去にカードローンの返済ができなかった、クレジットカードの支払遅延を何回も起こしていたなど。信用情報にたくさん傷がついている場合、借りられる額が少額になったり、最悪の場合はお金を借りることができなくなったりします。

すでに信用情報に傷がたくさんついて、お金が借りられない状態(すなわちブラックの状態)でも、質屋であればお金を借りることができます。理由は、質屋は個人の審査をしないからです。消費者金融や銀行では無担保でお金を貸すので信用情報をチェックしますが、質屋は担保があるので信用情報を確認しないのです。

買取のときと同じく、免許証など本人確認書類の提示は求められますが、その内容から信用情報をチェックすることはないので、ブラック状態の人でも借りられるという特徴があります。

質屋でお金を借りるメリットとは

©Y’s harmony

返済義務や取り立てがない

質屋でお金を借りる最大のメリットは、返済義務がないことです。担保を預け入れてお金を借りているので、返せなくなったら担保が没収されるだけです。質屋が損をすることがないため、取り立てもありません。

消費者金融や銀行でお金を借りる場合、無担保なので当然返済義務はありますし、取り立てもあります。もしかしたら、返せないかもしれないと困っている方でも借入できるのです。ただし、上の項目でも説明したように借入金額は担保の買い取り金額以下です。思っていたほど高額なお金は借りられなかったというケースもあるので注意しましょう。

信用情報に傷がつく恐れがない

キャッシングでお金を借りて返せなくなると、信用情報に傷がつきますよね。踏み倒した場合はもちろんのこと、遅延などでも情報が登録されてしまいます。

しかし、質屋でお金を借りて、踏み倒してしまっても信用情報に傷がつくことはありません。ブラック状態でもお金を借りられる質屋は、信用情報機関とは無関係の存在。返済できなくても、信用情報に登録されることがないという安心感があります。

スピーディな借入が可能

質屋でお金を借りる場合、店頭に担保となる品物を持っていき、査定してもらえばすぐお金が借りられるようになります。中には、最短30分で借り入れできる店舗もあります。

最近はネットで借入ができるカードローンなどがあり、以前よりもスピィーディーにお金が借りられる時代になりました。しかし、場合によってはお金が借りられるようになるまでに申し込みから数日~数週間待たされる商品もあります。

質屋の場合は信用情報を確認する必要がないので、1時間もしないうちにお金を借りることができます。急いでいるときにもすぐに借りられるというメリットがあるのです。

質屋とキャッシングどっちがお得か

©kei907

注意!キャッシングよりも高金利

ここまで質屋でお金を借りることのメリットをご紹介してきましたが、キャッシングより高金利になってしまう点には注意が必要です。質屋で借り入れる場合、金利はほとんど「月利」で計算されます。キャッシングの多くは「年利」計算されるので、同じように考えると利息の高さに驚かされます。

例えば、年利10%のキャッシングで1年間のうち100万円借りたとします。その場合、利息は1年間で10万円です。一方、質屋で月利10%で100万円を1年間借りた場合、なんと利息は120万円にもなるのです。年利10%だと1年間で10%の利息がつくのに対し、月利10%は1か月で10%の利息がつきます。年利と月利は大きな違いがあるので、利息が何倍にも膨れ上がる可能性があります。金利を比べてしまうと、断然キャッシングのほうがお得ですよね。

借りられる期間は3か月だけ

返済義務や取り立てはありませんが、借りられる期間を3か月としている質屋が多いです。この期間内に返済できれば、質に入れた物が返ってきます。返済できなければ質入れした物は質屋の所有物になり、質屋の財産にもなることから、当然店頭に置かれて売却されてしまいます。

期間中に一部でも返済できれば期間延長が認められるケースもありますが、借入期間が3か月というのは他のキャッシングに比べるととても短いです。借り入れる際に、返済計画を立てておくことが大切です。もし、3か月以内には返せそうにないというのなら、やはりキャッシングのほうが良いということになります。

ネットで完結できない!来店が必須

質屋でお金を借りる場合、個人の審査がない代わりに、本人が直接来店する必要があります。質屋の中には、ネットで申し込み、ブランド品などを送れば査定してくれるというサービスがありますが、これは買取のケースです。お金を借りることはできないので、注意しましょう。

お金を借りるときは、本人確認とともに融資契約を結ぶ手続きを店頭で行います。ネットや電話だけでのやり取りは難しいので、直接お店に行って相談しましょう。キャッシングの中には、ネットで申込が完了し、店頭に来なくても借入可能なものがたくさんあります。そういった利便性を比較すると、どうしても来店しなくてはいけない質屋はやや不便と言えるでしょう。

まとめ

質屋では高級腕時計やブランド品、金券などを担保にしてお金を借りることができます。信用情報に問題があっても借り入れることができ、万一返せなくても傷がつくことがないというメリットがあります。しかし、キャッシングやカードローンと比べると、あまりに金利が高いです。少しでもお得に融資を受けたいと考えるのであれば、キャッシングやカードローンがおすすめです。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

maru077

maru077

損害保険会社に勤務し、営業事務や保険金支払業務、総務や役員秘書を経験。現在は、2級ファイナンシャルプランニング技能士の資格をもつライターとして活動中です。保険、節約、貯蓄に関する記事執筆が得意です。ちょっと難しいお金の話を分かりやすくご紹介していきます!

関連記事

  • 諦めないで!まだある!お金を借りる最終手段

  • 【低金利カードローンを徹底比較!】返済額が少ないものを選ぼう!

  • 知らなかった!免許証だけでお金を借りる?その詳細とは?

  • 【個人事業主の悩みの種を解決】借入金を上手に減らす方法とは?

  • 中小消費者金融は審査が甘いって本当?それでもアコムをおススメしたい理由

  • お金を借りる時に相手に納得してもらえる理由と言い訳とは?