1. TOP
  2. 【例文通りはNG?】転職者が志望動機で熱意を伝えるコツ3つ

【例文通りはNG?】転職者が志望動機で熱意を伝えるコツ3つ

転職
  13 Views

転職の際、応募先企業を選択した動機を必ず尋ねられます。「何となく」と答える人はさすがにいませんが、面接官を感心させる志望動機にするのはかなり大変。会社の良い点を挙げるだけでは、単なるお世辞や賛美にしか聞こえません。説得力や記憶に残る意味のある志望動機にするには、自己アピールとの密接なリンクが必要です。転職で採用を果たすために、効果的な志望動機の作成ポイントについて考えていきましょう。

履歴書の志望動機欄だけで安心しない

©hanack

面接での応答とセットで考える

志望動機というと、まず履歴書の欄をどう埋めるかを考えます。しかし、志望動機欄を完成させてそこで安心していると、面接でしどろもどろになるかもしれません。

文字で書くのと、面接官の前で話すのでは全く状況が違います。志望動機欄で書いてあるのをそのまま読んだとしたら、数秒で終わるでしょう。志望動機欄に書くのはあくまでダイジェスト版と考え、具体的には書かないようにする必要があり、面接では質問される前提でさらに充実した話ができるように考えておかなければなりません。

志望動機は、自分自身に対する問いかけでもあります。応募する企業の担当者をいかに納得させるかという以前に、なぜそこで働きたいのかを自身で把握しておかなければなりません

本人の意志があやふやであれば、面接で鋭い質問を受けたとき、簡単に崩れ落ちてしまいます。「給料がたくさんもらえそうだから受けてみるか」と内心考えている人は、必ず見抜かれると思って間違いありません。

元の会社を辞め、転職で新たな勤務先として選ぶ以上は、将来を思い描けるだけの確かな根拠を示す必要があります。

「志望動機書」を作成する

どの時点で動機について尋ねられても、統一感のある答えをするために「志望動機書」を作成しておきます。そこから応募書類に記載する部分を抜き出せば、面接での応答とぶれることはありません。

志望動機書の作成にあたり、3つの要点をまとめていきましょう。

  • なぜその業界を志望するのか
  • その会社でなければならない理由
  • 自身の会社への貢献とその根拠

特に前職と業界や業種が違う会社を志望する場合には、進路を変更するきっかけとなった理由も付け加えます。同じ業界からの転職であれば、今後も身を置くにあたってのこだわりなどを伝えましょう。

さらに業界に似たような会社がある中で、応募先を選択した理由を具体的に挙げます。

「会社独自の○○の取り組みに興味をひかれ、調べていくうちにぜひ現場に身をおきたいと願うようになった」「学生時代に専攻した知識がよみがえり、実際の現場でさらに深めたいと考えた」など自分と応募先の会社を関連づけして、働きたい熱意が理解されるように仕向けます。

志望動機は企業への感想文ではない

「御社の経営理念に感銘を受けた」「社会貢献が素晴らしいと思った」だけでは、採用につながる志望動機にはなりません。採用担当者は、自社への感想や賛美を聞きがっているわけではないのです。

応募者が人材としてどれくらい自社に貢献してくれるのか、戦力として使えるのかを知りたがっています。「素敵な会社だから働きたい」のでは、幼稚です。

会社がどうだから、自分のキャリアやスキルでこうした貢献ができると考えた、という一連の流れを練り上げてください。最終的な到達点は「自分を雇えばこんな良いことある」という会社に対してのベネフィットの提案です。もちろんこれから採用してもらおうとする会社への批判的なことばはNGですが、だからといって褒めちぎれば良い志望動機になるわけではありません。

事実に基づいた会社に対する印象、自分とのマッチング、さらに貢献できるという根拠を明確に伝えていきましょう。

具体性のないありがちな志望動機を使わない

©naka

例文の転用は質が低くなりがち

「御社の経営理念を見て感動しました」はよく見られる志望動機の例文です。しかし、このような文は誰でも、どこの会社に対しても同じように書けます。

インターネット上を探せば志望動機の例文はいくらでも見つかるでしょう。多少リライトした程度の文章を記載しても、星の数ほどの書類を審査している採用担当者の目はごまかせません。

ユニークであれば良いというわけではありませんが、少なくとも自分の言葉で入社への思いを伝えるべきです。そのためには、応募企業についての十分な下調べが必要です。

自社サイトを隅から隅まで閲覧するだけでも、志望動機に応用できそうなネタは見つかります。「グローバルに展開している御社」だけではなく、現地では実際にどのような企業活動を行っているのか、社会貢献の具体的な取り組みと成果はどうなのか、最近のニュースはないか、などあらゆる面に視点を広げてください。

強引にこじつけるのではなく、自分が働く現場としてイメージを膨らませ、それを素直に伝えていきます。

志望動機は企業へのラブコール

志望動機を書くときは、本気でその企業に入りたいという気持ちを高めておきます。たとえ同時に複数の企業を受けるとしても、書類作成の間はその会社に集中してください。

いくつかの会社に応募するとき、つい同じ文章をコピーしがちですが、必ず1社ごとに考えることをおすすめします。同じ文面で作ってしまうと、ありがちな文章になる上、訴えかける力が弱くなります。どこにでも使えるということは、逆にどこにも当てはまらないちぐはぐさが生じます。

志望動機は自分から企業へのラブコールです。同じ呼びかけを全員に送っても、誰も振り向いてはくれません。 きちんと相手を見つめ、自らの気持ちと熱意を伝えてこそ、関係が成立します。

志望動機の場合はさらに、自分が持っている経験値がどのようにその会社で活かされるのかを、説明できなければなりません。一方的に入社したいと頑張っても、受け入れられる根拠を示せなければ採用は遠のきます。

志望動機で自己アピールを強化せよ

志望動機は応募先企業に対して感じる魅力を伝えると同時に、そんな職場で働きたいと願う自分を強くアピールできます。そのためには、履歴書や職務経歴書で明らかにしたキャリアやスキルを、志望動機によって会社の業務と具体的につなげて説明します。

根底には「前の会社では満たされなかった、やりがいのある仕事を得るために応募をしたのだ」という大きな柱があります。そこに自身の能力をアピールしながら、肉付けしていきます。

「家庭をもったのを機会に、残業の少ない会社で働きたいと思ったから」では志望動機として失格です。自分を採用して欲しいという希望に対して、何の助けにもなりません。志望動機では、待遇や条件に関して言及するのはタブーです。

仕事に対する意欲や自分の働きについての説明強化となる機会を、自分の要望を伝える場所に履き違えてはなりません。志望動機は応募先企業について述べながら、巧みに自己アピールを強化するものと考えましょう。

職務経歴書にも志望動機を盛り込む

©oka

応募時の履歴書は熟読されない

志望動機は記載する欄のある履歴書を中心に考えますが、職務経歴書にも記載しておく必要があります。

採用に際して、履歴書はそこまで深く読み込まれません。採用担当者が細かくチェックするのは、職務経歴書のほうです。履歴書は入社後の人事管理の資料として、長期にわたり保管されますが、採用時に威力を発揮するのはていねいに作成された職務経歴書です。

職務経歴書では、応募者の経歴の詳細が明らかにされます。そこから応募の動機につながれば、説得力が増すでしょう。 経歴の一部を引用して、応募理由に組み込むこともできます。

職務経歴書は履歴書で紹介しきれない、自分の能力にまつわるエピソードも記載できます。具体性が増すことで、人材スキルへの信ぴょう性も高まります。「自分はこんな現場で活躍できると確信しています」という志望動機にも、裏付けを付加することができます。

「質問されたい」内容を入れる

面接の場面で面接官が手にするのは、履歴書ではなく職務経歴書です。職務経歴書の内容に従って、応募者への質問がなされます。逆にいえば、職務経歴書にこそ「質問されたい」内容を記載すべきなのです。

職務経歴書に優れた志望動機が記載できれば、面接官からの質問を自分の話したい方向に誘導できます。「志望動機書」を綿密に「設計」しておけば、履歴書に記載された内容を面接時の質問でさらに効果的に説明できます。

転職活動における戦略は、自分の持ち味を完璧に伝え、会社とのマッチングをどのように説得するかというところにあります。戦略が活かせるチャンスは、応募書類と面接にしかありません。自分の武器である応募書類がどこでどんな働きをするかを熟知することは、転職戦略を成功させる大きなカギとなります。

志望動機が持つ役割と、それを有効化できる手段を知らなければ、採用への壁は突破できません。

熱意のアピールは職務経歴書が有効

志望動機に書かれた応募企業への共感や感動が、どこから生まれたのかを説明できるのも職務経歴書の内容です。

経験してきた業務から生じた疑問や思いを、解決したり実現したりできる可能性が、応募企業の中に見えたと説明することができれば、かなりの説得力を与えます。話が具体性を持てば持つほど、印象深く、理解しやすくなります。

単に「キャリアアップが望めるから」では、自分の勝手な都合になりかねませんが「自分の持つ専門性を活かしながら、ステップアップにつなげたい」というのであれば、会社への貢献と自分の成長が同時に満たされるものとなるでしょう。

同じ書き方でも何も裏付けがなければ、意味は感じられません。しかし、職務経歴の中で専門分野の経験が確証されていれば、ぐっと現実味を感じさせる志望動機として受け止められます。

志望動機の書き方ひとつで、自分自身をよく知り、企業の業務内容を理解している人材であることが印象づけられます。自らのキャリアと応募した動機がなめらかなストーリーとなるよう、少し時間をかけて志望動機を考えてみてください。

本心からその会社の採用を望んでいるのであれば、志望動機こそ熱意を伝える最良のコンテンツです。志望動機の重要度の高さに、自分でも気付けるのではないでしょうか。

まとめ

志望動機は履歴書作成の中でも、なかなか容易に書けない部分です。あまり知らない会社について、何を書けば良いのかわからないという声も聞かれます。しかし、よく考えてみると志望する確固たる動機づけもなしに入社しても、十分な働きができるとは思われません。

自分がなぜその企業を次の職場にしたいのか、自身が理解していなければ転職の意味は薄れます。応募先企業の志望動機への質問の意図を知り、求められる人物像に近づくような応答をしたいものです。

転職にあたって面接や書類作成対策など、参考となる情報をさらに確認しておきたい方は、こちらのページもぜひチェックしてみてください。

転職サイト徹底比較!転職サイトおすすめランキング

ライター紹介 ライター一覧

mar

mar

50代女性。
パソコン講師、web企画・制作、クラッシックアーティスト事務所サブマネージャー、経済データベース講師、求職者支援訓練講師など多彩な業務に従事。
介護のため退職し現在は在宅ライター・心理学系セミナー講師をしながら、インコとイヌをお供に暮らしています。ビジネス系・転職系の記事が得意です。

関連記事

  • 【年収600万超は望める?】男性が直面する将来を現実的に試算

  • 【転職で活用!】リクルートエージェントの口コミと評判は?

  • 【ホワイト企業に転職】大手なら安心?年収だけでは見えない特徴

  • 【自己分析しフォーマットを選ぶ】転職に強い職務経歴書の書き方

  • 【清潔感で印象アップ】転職時の面接に適した服装・ヘアスタイル

  • 転職サイト徹底比較!転職サイトおすすめランキング