1. TOP
  2. 【一人暮らしの水道代節約術!】高い水道代を安くできる方法

【一人暮らしの水道代節約術!】高い水道代を安くできる方法

節約術
  506 Views

一人暮らしでの水道代、意外と高くて気になりますね。

「家族がいるならトイレとかお風呂で節約術はありそうだけれど、一人で節約できる方法なんてないのでは?」
とあきらめていませんか?

水道料金のしくみを知って、すぐにできそうな節約を始めてみましょう。

 

水道代のしくみを知っておこう

fotolia_114583981_subscription_monthly_m

水道料金はどうやって決まる?

水道料金、どうやって決まっているかあまり意識していないのではないでしょうか。
水道料金は、使用した分量に基づいて算出されることになります。

水道事業の運営にあたって必要な経費を、水道メーター口径の大きさと使用した分量に合わせて料金が計算されるのです。
上水料金と下水料金とがあり、その合計額を支払うことになります。

これは上水、下水と使用する水が分かれているわけではなく、蛇口から出てきた水はすべて上下水道の料金がかかるのが通常です。
使用した㎥の水に対する上水道料金プラス下水道料金が、いつも払っている「水道代」です。

ただし市町村によって計算方法に違いがあります。
住んでいるところの水道局で計算方法を確認しておくとよいでしょう。

 

基本料金とは?

水道料金の計算方法は住んでいるところによって違いはあるものの、基本料金と従量料金で成り立っていることがほとんどです。
一般家庭では基本料金を支払うことになります。

基本料金は、水道メーター設置費や検針・料金徴収経費、水道施設の維持管理費などが対象となっているものです。
従量料金は動力や薬品費など給水量によって左右されることが多くなるものが設定されています。

基本料金の使用量で上限というものがほとんどの市町村で決まっています。
これは、上限までの使用量なら、まったく使わなくても使っても料金は同じになる分量です。

上限の設定も各地方自治体によって違いが大きいものです。
こちらもお住まいのところの設定を知っておいた方がよさそうです。

 

水道代に地方差がある理由

fotolia_92630819_subscription_monthly_m

水の管理は市町村

水の管理が市町村によって行われているため、水道代には地方差が大きいこともあります。
そのため、水道料金は住んでいる地域に大きく左右されるものと考えておきましょう。

料金がもともと高いところで節約を心がけるより、低いところでふんだんに使ったほうが水道料金を安いケースもあるわけです。

 

水道料金が低い市町村・高い市町村

水道料金のランキングを見ておきましょう。
(参考:http://www.seikatsu-guide.com/area_ranking/?search%5Bpage%5D=&search%5Bsort%5D=1&search%5Border%5D=false&search%5Bidx%5D=t2_c01_02_water&search%5Barea%5D=)

口径20mmで20㎥の場合の料金です。(8%の税込金額)
水道料金が低い市町村

1位:愛媛県八幡浜市(矢野畑簡易水道) 210円
2位:三重県松阪市(西部簡易水道)   308円
3位:愛媛県八幡浜市(中津川簡易水道) 330円

水道料金が高い市町村

1位:熊本県宇城市(郡浦地区簡易水道) 8,940円
2位:北海道夕張市(夕張市)      6,852円
3位:熊本県宇城市(三角町石打地区 大田尾小田良地区)6,480円

このように、地域差による金額の違いは驚くほどの状態です。
水道代の低い所に今すぐ引っ越すというのは現実的ではないかもしれません。

しかし、同じ熊本県宇城市でも料金に2500円近くの差があることを考えてみると、引っ越す予定があるなら周辺の市町村で基本料金はどこが一番低いのかは要チェックですね。

 

一人暮らしでは平均これぐらいかかる!

fotolia_104150311_subscription_monthly_m

基本料金から知る一人暮らしの平均額は?

関東地方では、一人暮らしの水道料金の平均は3000円程度といわれています。
一人暮らしの場合は基本料金から大きく離れる可能性は低いです。

しかし、意識しないとついつい使い過ぎてしまうこともありますね。
平均値を頭に入れておくことは大切です。

 

水回りで必要になるリットル数を把握しよう

水道料金は㎥で使用量が表示されています。
どれくらいの水の量を使えるのか、使ったのか、ピンと来ない方もいるはずです。

水回りでおおよそ必要になるリットル数を把握しておくと、「ここでちょっと減らせないかな…。」と節約のプランを立てられそうですね。
おおまかに見てみましょう。

一人暮らしの水の使用量は、1ヶ月で見ると7.5~10㎥といわれています。
1㎥は1000リットルです。

平均的な使用量から見ると、7500リットルから10000リットルとなりますね。

水回りで必要になる水分量は、

キッチン洗い物5分 60リットル
トイレ1回 20リットル(非節水タイプ)12リットル(節水タイプ)6リットル(最新の節水タイプ)
シャワー10分 200リットル
お風呂に水をためると250リットル
洗濯 72リットル(全自動3.3kgタイプ)
洗面歯磨き10リットル

となります。

利用できる平均量から考えると1日約333リットルまで使えますが、シャワーと洗濯、お皿洗いだけでもこの分量をオーバーしてしまいます。
上手に節水をすること、水を使い過ぎないように常に気を付けることが大切ですね。

 

場所別!一人暮らしのための節約術

fotolia_83392379_subscription_monthly_m

「一人暮らしだと節約しようがない…。」とあきらめずに、簡単なものから始めてみましょう。

お風呂

お風呂はシャワーのほうが節水できそうと思いがちですが、10分以上流しっぱなしにすると、ためた場合と大きく違いがなくなってしまいます。
シャワーはお湯の温度が上がるまで出しっぱなしにしてしまいがちですね。

少し面倒ですが、その間の水をためておき洗濯に使う、トイレを流す際に使うなども効果的です。
水の出しっぱなしが気になるなら節水シャワーヘッドに交換するのもおすすめです。

 

洗濯

お風呂の残り湯で洗濯するのが、家族ありなら一般的な節水方法ですね。
でも一人暮らしなら冬でもお湯をためることのほうが少ないのではないでしょうか。

洗濯は、そもそもの洗濯機の容量で使用水量が大きく違ってきます。
小さめの全自動洗濯機なら、使用水量の調整などができないこともあり、少ない洗濯物なのにたくさんの水を使ってしまうかもしれません。

洗濯は、容量いっぱいまでためてまとめ洗いするようにしましょう。

 

トイレ

一人暮らしで賃貸なら、節水トイレに交換するわけにもいきませんね。
最新の節水タイプと、非節水タイプなら3倍以上の使用量の違いも気になります。

トイレに行かないという節約もできません。
レバーの切り替えがあるなら大小を必ず使い分けるようにしましょう。

タンクに取り付けるだけで、節水できるグッズ(ロスカット・ロータンクボールタップといった製品)などを利用してもよいですね。

キッチン

お皿もある程度まとめて洗うようにしましょう。
水を流しっぱなしで洗うのではなく、洗い桶を利用します。

スポンジに洗剤をつけるのではなく、洗い桶に洗剤と水を入れて置き洗いをしておきます。
これで洗う間に水を出し続けることは避けられます。

すすぐ時の水の量が気になるなら、やはり節水コマが簡単に節約できます。
どうしてもいっぱい水を出してしまう…という方にピッタリでしょう。

 

その他の注意点

歯磨きの時の水分量も多いと感じたのではないでしょうか。
水は絶対に出しっぱなしにせずコップを使うようにしましょう。

意識しないと、ついつい蛇口をひねってそのままにしてしまいやすいです。
開けたら閉めることをいつも気にしておくとよいですね。

 

まとめ

一人暮らしでも水道代を節約する方法はあります。
ただコツコツと節約するのは面倒ですし、結果がすぐには見えないことも多いでしょうから、便利グッズなども活用しましょう。

どんな節約でも共通していますが、できるだけ長く継続することが大切です。
やってみてできそうなことを一つだけでも続けてみるとよいですね。

平均よりも低くできるのが理想ですが、最初は神経質になりすぎないようにしましょう。

ライター紹介 ライター一覧

コルコル

コルコル

WEBライター歴4年。
関西のファッションデザイン学校を卒業後、同校の教員を数年勤める。
後に、有名画廊へと勤務。

チュニジア在住(パートナーがチュニジア人)。
3人の子供と家族を支える「働くお母さん」。

愛読書は『ガラスの仮面』と『エースをねらえ!』。
昭和の語り部でありながら、現代の事情にも詳しくなろうと日々奮闘している。

関連記事

  • 【裏技】アカデミック版でお得に!学生証ナシでも買える方法とは?

  • 幅広い分野から使えるクーポンを探して節約しよう

  • 【はじめてのクレジットカードに】三井住友visaデビューをお勧めしたい理由

  • 【お得!】ドラッグストアでの買い物がいつでも割引価格に!

  • 【裏技】安心&お得にリフォーム!知っておくべきポイントは?

  • 【定期券で得する!】定期券や乗車券をお得に購入する裏技