1. TOP
  2. 【専業主婦の悩みを解決!】お金を借りるための選択肢と方法

【専業主婦の悩みを解決!】お金を借りるための選択肢と方法

お金を借りる
  32 Views

定期的な収入を得ていない専業主婦でも、お金を借りたいと思うことは多いのではないでしょうか。同じ主婦でも、専業主婦と兼業主婦ではお金を借りることに対しての難易度は変わってきます。専業主婦の場合ですと、借り入れ先や実際に借りられる金額などが限定されてしまうのです。また、お金を借りようと思っても、自分は借りることができるの?という問題もあることでしょう。今回は専業主婦がお金を借りる際の選択肢、その方法について解説していきます。

Sponsored Link

仕事をしていない専業主婦がお金を借りること

©naka

専業主婦がお金を借りたいと思う理由

専業主婦がお金を借りたいと思う理由ですが、一体どんなものなのでしょうか?特に多く挙げられるのが、以下のようになります。

  • 子どもにかかる教育費
  • 病気の際の治療費
  • 冠婚葬祭にかかる費用

これらの理由以外に、下記のようなものもあります。

  • 国内や海外旅行をするためのお金
  • 美容やファッションにかかるお金

中には趣味や遊びを目的にするものを理由にすると、お金を借りられないのでは?と思う方も多いかも知れません。そこで、借り入れたお金をどう使うかですが、フリーローンやカードローンの場合は意外に寛容です。事業性資金においては不可とされていますが、その他の場合は自由に使うことができます。

条件をクリアすれば専業主婦でもお金を借りることができる

専業主婦がお金を借りたいと思う理由や、カードローンやフリーローンを使用する際の目的について説明してきました。主婦は主婦でもパートなどで安定した収入のある主婦ならば、利用できるカードローンやフリーローンは比較的見かけることも多いです。しかし、専業主婦は給料をはじめ、収入を得ることすらできません。そこで確認しておきたいのは、専業主婦はお金を借りることそのものができるのでしょうか?

結論から言ってしまうと「借りることはできる」のです。その借り入れ先として挙げられるのが、銀行や消費者金融になります。ただし、ここで知っておきたいのは利用するための条件があることです。そのため、専業主婦がどこででも簡単にお金を借りられるわけではありません。でも、違う考え方をすると、条件をクリアしてさえいれば専業主婦でもお金を貸してもらえる可能性があるということです。

「配偶者に安定した収入があること」を条件に借りられる場合がある

カードローンやフリーローンの中には、専業主婦そのものが利用できない商品も多く見られます。その中で、専業主婦でも借りられる銀行や消費者金融を探していくようになるのです。

専業主婦は就業することで収入を得ていない主婦のことになります。要するに無職扱いになってしまうのです。そこで、専業主婦もお金を借りることができるカードローンやフリーローンの条件に「配偶者に安定した収入があること」とされている場合があります。自分自身に収入がなくても、配偶者に毎月の給料が出ているのであれば良いということです。

配偶者に安定した収入があることを条件とし、その上で審査をします。審査が通った場合に必要となる書類などは、各銀行や消費者金融によって違います。まずは、配偶者が職に就いていて収入があるかどうか?こちらを条件とする借り入れ先を見つけることが重要です。

専業主婦がお金を借りる際の選択肢

©polkadot

銀行でお金を借りる選択肢

改正貸金業法の総量規制の影響もあって、主婦が簡単にお金を借りることができなくなってしまいました。パートやアルバイトなどで収入がある主婦でしたらまだ良いのですが、専業主婦の場合は借りることそのものが難しくなります。

銀行のカードローンやフリーローンを利用するための条件を見てみると、大手三大メガバンクをはじめ日本国内の多くの銀行で「本人に安定した収入がない」場合は不可とされています。しかし、よく探してみると一部の地方銀行や第二地方銀行の中には「世帯年収がある」「配偶者に安定した収入がある」状態であれば、専業主婦でも申し込めるとされているのです。

ただし、地方銀行や第二地方銀行ですと、その営業区域に居住していることなども条件となってきます。そこで、自宅近くに該当の銀行があるかどうかを調べてみると良いでしょう。中には口座開設が必要だったり、窓口への来店を必要としていたりする場合もあるので、そちらも一緒に確認しましょう。

その他にもネット銀行のカードローンでも、専業主婦の申し込みが可能なケースが見られます。たとえば「ソニー銀行」の公式ホームぺージ上には明確に専業主婦の利用が可能と書かれていますし「楽天銀行」では、専業主婦の方はこちらという申し込みタブがあるほどです。ネット銀行でしたら居住地関係なく申し込めますし、来店をする必要がないことから気軽に申し込みができる特徴があります。

また、いずれも利用限度額の上限が最初から決まっていたり、審査で決まるようになります。その際に高額の限度額を設定されることはないと考えて良いでしょう。

消費者金融でお金を借りる選択肢

「アコム」「モビット」「プロミス」などの、TVコマーシャルで見たことがあるような消費者金融ですと「本人に安定した収入があること」を条件としています。そうなると、専業主婦は申し込むことすらできない状況です。

しかし、探してみると消費者金融も銀行と同様に「配偶者に収入があること」を条件として、専業主婦も借りることはできます。一般的に大手とされる消費者金融よりも、中小企業に見られる傾向です。手続きの際に必要とする書類を明確にしている場合も多く、例としては下記のようになります。

  • 住民票などの婚姻関係を証明できる書類
  • 配偶者の同意書

同意書が必要になるということは、配偶者にはお金を借りることは知られてしまいます。前もって相談した上であれば問題はないかも知れませんが、いきなり同意書を出されたら驚かれることもあるでしょう。消費者金融での借入れを検討している場合は、計画性をもって行動することも大切です。

借りるための選択肢を間違ってはいけない

専業主婦がお金を借りるための選択肢が全くないわけではないものの、少ないという実情はわかったことでしょう。そこで、注意したい点があります。なかなか借り入れ先が見つからないことから、違法な金利でお金を貸す「ヤミ金」を利用しないことです。被害を訴える主婦も多く、その背景には配偶者に言えなくて1人で悩んでいるケースが多いとされています。

ヤミ金も一昔前のイメージとは大きく違っています。金利や取り立てもソフトな点が特徴で、相談ごとへの対応も良いといいます。お金に困っている専業主婦をターゲットにした広告を出すなど、勧誘の手段もさまざまです。専業主婦でもお金が借りられるというだけで飛びついて「気づいたら実はヤミ金だった」「どんどん雪だるま式になって、どうにもならなくなっていた」なんてこともあるほどです。

どうしてもお金が借りられないなどの場合は、配偶者に相談するか働きに出るなどしましょう。

専業主婦がお金を借りるための流れを解説!

©naka

申し込みのための方法はさまざま

実際の申し込みにあたってですが、方法はウェブ、スマートフォン、電話、店頭窓口、郵送などとさまざまです。誰にも会わずに済むことから、ウェブやスマートフォンなどからの申し込みを選ぶ人も多くなっています。公式ホームぺージから申し込みをするためのタブを選んで、住所、氏名、生年月日、連絡先などの必要事項を入力するだけです。

その他にも公式ホームぺージから指定の申込書をダウンロードしたり、銀行ATMなどに置かれている申込書を郵送する方法もあります。また、借り入れにあたっての不明点がある場合は、電話や店頭窓口にて話を聞きながら利用してみると良いでしょう。

いずれの方法もいくつかの規定に同意しなくてはなりません。後から解釈違いなどで困ることがないように、前もって確認してから申し込みましょう。

どんなことを審査されるのか?と注意点

審査についてですが、専業主婦がお金を借りる場合は配偶者の年齢や収入、借り入れの状況などを見て行います。申告の内容に虚偽があると、審査に通過することはないと考えて良いでしょう。うっかり間違えてしまったなども理由にならないので、こちらも注意してください。

また、借り入れ状況の申告についても気をつけなくてはいけません。審査に通したいがために実際より少ない申告をしても、嘘がわかってしまいます。それは、信用情報機関に情報の照会依頼をするからです。

借り入れのための金額的に審査に問題がなかったとしても、虚偽を申告したという事実だけで借りることができなくなる場合があります。申告内容は正直に行うことです。

審査結果とその後の手続きについて

審査の結果が出るまでの時間は、借り入れ先によって違います。早ければ30分~1時間以内なんてこともありますし、当日~1週間程度かかることもあるなどとさまざまです。結果は主に電話やメール、郵送などで連絡がきます。

審査に通過したら、契約内容を確認した上で必要となる書類を提出します。何が必要になるかは状況によっても変わりますので、連絡がきた際にしっかりと確認をしましょう。

契約の手続きのために来店を必要とする場合もありますし、来店不要でカードローンの利用カードや契約に関する書類が郵送されてくる場合もあります。その手続きの方法しだいでは、お金が手に入るタイミングが大きく変わります。急いでいるのに、すぐに借りられないことでイライラするようなことがあってはいけません。申し込みの前に、借りるための流れはどうなっているのかを知っておくと行動するのにスムーズでしょう。

まとめ

専業主婦がお金を借りるための方法がいくつかあることはわかりました。まず、借り入れのための条件があり、必要となる書類や手続きの流れなども変わってきます。また、借り入れの際には返済についてもよく考えることです。せっかくお金を借りることができても、後から返済ができないなどとなったら大変なことになります。 お金を借りる際には借りることだけを考えてしまいがちですが、返済のイメージがしっかりできていると、ストレスのない毎日が過ごせるはずです。リサーチを重ねて、自分に合った借り入れ先を選ぶようにしましょう。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

Tosaka

Tosaka

40代女性。大手金融機関で働いていましたが、退職後はゆるく楽しくをモットーにした日々を過ごしています。

関連記事

  • いざという時に頼りになる!サラ金の業者一覧

  • 卒業旅行に行きたいけどお金がない!借りる方法は?

  • 主婦でも借り入れることが可能!おすすめカードローン2選

  • 「ソニー銀行カードローン」とは?申し込み方法や魅力をご紹介

  • オリックス銀行カードローンなら口座開設不要&ATM手数料無料

  • 【審査が甘いって本当?】銀行キャッシングの本当のところ