1. TOP
  2. 【低金利だけで決めてはいけない】カードローン審査に通るにはコツがある!

【低金利だけで決めてはいけない】カードローン審査に通るにはコツがある!

 2016/11/28 お金を借りる
  90 Views


カードローン
の商品自体はとてもたくさん見つかります。
低金利のものも増えていますね。

何百種類ものカードローンがあります。
しかし審査に通らなければ、そもそもお金を借りられません。
金利や利便性の比較をしても意味がなくなってしまうでしょう。

・低金利カードローンを選ぶ注意点
・カードローンの審査はどう行われている
・審査に申し込んだ履歴も必ず残る!
・低金利カードローンではなくてもよいケース

についてこの記事では解説しています。

・絶対に低金利カードローンで借りたいと思っている方
・低金利カードローンの審査に通るか不安な方
・確実にお金を借りられる方法を探している方

におすすめの内容です。

 

Sponsored Link

低金利カードローンを選ぶ時にチェックしておきたいこと

fotolia_78648602_subscription_monthly_m

 

 

申し込み条件

どんなカードローンでも必ず申し込み条件が決まっています
低金利カードローンの場合は、他のカードローンに比べて条件が細かく設定されていることも多いでしょう。

通常カードローンでは申し込める年齢が決まっています。
低金利カードローンはさらに勤続年数や年収などの条件があるものも多数見つかります。

他にも銀行なら口座の利用状況(給与振込、公共料金の引き落とし)、他のローンも併用しているなどの点も金利を低くする条件となっていることも多いですね。
条件は満たしているのか、引き下げを受けられるのかはきちんと申し込み前に確認しておきたいところです。

 

金利以外のローンスペック

どのカードローンの金利が低いのか、これは申し込み先を選ぶ時に確かに重要な点です。
しかし、ローンは金利だけではありません。
たとえば、

限度額
借入できるようになるまでの時間や日数
ATMやネットで借入や返済ができる

なども実際にカードローンを使っていく上ではきちんと比べておきたい点です。
利用方法などを比較する場合は、自分がどうやってカードローンを使う予定なのかを元に行いましょう。

 

カードローン審査の流れ

fotolia_51268386_subscription_monthly_m

 

カードローン審査をチャートで確かめておこう

審査基準はカードローンによって違いがあります。
しかし基本的な審査の流れはほぼ同じと考えておいてよいでしょう。

申し込みたいカードローンを決定するところからスタートです。

申し込み
(ネット申し込みが主流になっていますが、自動契約機や直接店頭などでの申し込みも根強い支持を受けています。
申し込みのために時間を割くことができるか、いつまでにお金が必要なのかによって申し込み方法は決定しましょう。
ただ申し込み方法が変わったとしても、審査基準は同じカードローンでは変わりません。)

仮審査
(事前審査ともよばれます。
この段階で審査が可決なら利用できるおおよその金額が決定するカードローンも多いです。)

書類提出・在籍確認
(このステップは、本審査後に行うカードローンもあります。
いずれにしても省略できないものなので、提出書類など準備は早めにしておきましょう。)

本審査
(仮審査が可決になった方を対象に行ないます。
ここで限度額も決まります。)

カードローンによって審査にかかる日数が2週間以上になる場合もあれば、最短30分で終わることもあります。

 

こんな点は審査に有利!

審査基準はどんなカードローンも公表していません。
しかし、審査に有利に働くと考えられる点はいくつかあります。

+年収の大きさ
(収入が多ければ、大きな額を借りても返済できる可能性が高いとみなされます。
しかし、実は額の大きさよりも毎月決まった額で安定しているかどうかのほうが、審査では大切なポイントになります。)

+申し込み時のローン利用状況
(すでにローンを利用していることが必ずしも不利にはなりません。
きちんと返済していれば、信用度が高まりメリットになることもあります。
ただし貸金業者からの借入は年収の3分の1までの額しか借りられません。)

+勤続年数の長さ
(同じ会社で継続して働いていると、やはり信用度は高まります。
特に勤続年数の条件がないカードローンでも、少なくとも半年程度は働いていないと安定していないとみなされます
勤続年数が半年を超えてから申し込むようにしましょう。)

もちろん申し込み時に虚偽の申告はしてはいけません。
申し込みフォームなどに記載した内容と、実際が違っていれば信用を下げることになってしまいます。

審査は年収だけを見て行われるものではありません。
総合的な判断で可決や否決、限度額などが決定するものです。

 

審査に申し込んだ履歴がローン利用を左右することも

fotolia_123413408_subscription_monthly_m

申し込み履歴が信用情報機関に残る

審査に通ればいいと安易な考えで、とにかく金利の低いカードローンを選び申し込んでしまう方がいます。
カードローンは利用だけが信用情報機関に記録されるのではなく、申し込みをしただけでも記録が残っていくのです。

 

短期間で複数の申し込みは信用を下げる可能性が

信用情報の記録を照会した時に複数社に申し込んでいると、相当お金に困った要注意人物と判断されてしまう可能性があります。
金融機関は以前の申し込み記録を見た時に否決の結果が記録されていれば、「別の金融機関はなぜ否決と判断したのか。」と慎重にならざるを得ません。

カードローン申し込み時に注意事項として「審査が否決になった場合は、半年以内の再申し込みは避けて下さい。」などと書かれていることがあります。
これはその間に再度審査を行なっても同じ結果になるという意味です。

 

低金利以外のカードローンを選んだほうがよいケース

fotolia_102578863_subscription_monthly_m

借入額が低い場合

ごく少額を短期間借りる予定なら金利の違いが大きな金額の違いとして出ないことがあります。
金利シミュレーションの2つのパターンを比較してみましょう。

金利10.0%、借入額1万円、7日後に返済
1万円×10.0%÷365日×7日=19円

金利18.0%、借入額と借入日数は同じく1万円、7日間
1万円×18.0%÷365日×7日=34円

15円差です。
お給料日前にちょっとだけ借りて、お給料が入ったらすぐに返すなら、金利の違いにそれほどこだわる必要がありませんね。

 

無利息期間のあるカードローンのほうがお得な場合

無利息期間のあるカードローンのほうが、低金利よりもお得に借りられることがあります。
たとえばプロミスでは初めての申し込みの方は所定の条件(メールアドレスの登録とweb明細の利用)を満たせば30日間無利息です。

この間に返済してしまえるなら、低金利であっても必ず利息がかかるカードローンに比べるとお得になるでしょう。
他にはアコムも無利息期間が設定されています。

 

すぐに借りたい場合

すぐにお金を準備する必要がある場合には、金利を優先させていると間に合わないこともあります。
審査時間が短いカードローンを絶対に選びたい時には、「低金利カードローンじゃないと!」と限定してしまわないほうがよいでしょう。

審査時間の短さや、すぐに借りられるサービスが充実している消費者金融のほうが向いている場合もあります。

 

まとめ

低金利カードローンは、審査に通れば確かに利息を抑えて返済額を減らすことができます。
しかし、低金利で貸し付けをするということは、金融機関にすると確実に返済の望める信用度の高い申し込み者だけを対象にしたいということです。

お金を借りることが最終目的なら、必ずしも低金利だけにこだわらないほうがよいこともあります。

・低金利カードローンを選ぶ時の注意点
・カードローンの審査について
・本当にお得なカードローンの選び方

などはやはりカードローンに申し込む前には知っておきたいところですね。
低金利カードローンに申し込みさえすればなんとかなるという考えで選ばないほうがよいのです。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

コルコル

コルコル

WEBライター歴4年。
関西のファッションデザイン学校を卒業後、同校の教員を数年勤める。
後に、有名画廊へと勤務。

チュニジア在住(パートナーがチュニジア人)。
3人の子供と家族を支える「働くお母さん」。

愛読書は『ガラスの仮面』と『エースをねらえ!』。
昭和の語り部でありながら、現代の事情にも詳しくなろうと日々奮闘している。

関連記事

  • ゆうちょ銀行は簡単審査でキャッシングができる!

  • 【ろうきん】とは?低金利カードローンと安心の金融機関でした

  • 卒業旅行に行きたいけどお金がない!借りる方法は?

  • 市役所なら低金利でお金を借りる事ができる?

  • 学生でも借りられる?おすすめの学生ローンの選び方

  • 消費者金融では【総量規制】に注意が必要 知っておきたい年収との関係