1. TOP
  2. お金を借りる
  3. type転職エージェントで転職した口コミ評判

type転職エージェントで転職した口コミ評判

お金を借りる
  4 Views

転職サイトもあるtype転職エージェントは、カウンセリングの評判が大変よいですね。大手エージェントとは違う丁寧なヒアリングに定評があります。また案件数はあまり多くはないものの、大手企業やIT企業の独占案件があるなどの特徴を持っています。

非公開求人が充実していると登録された方は実感されるようです。以前は関東圏に案件が集中していました。ですが、今は全国だけでなく海外などの案件もあるため、幅広い転職希望者が利用しやすいエージェントになっています。

Sponsored Link

type転職エージェントのメリット

  1. 転職業界では老舗。人材重視での紹介が多く納得できる転職をサポート
  2. IT系とそのベンチャー、営業職などの案件数が豊富
  3. 独占求人や非公開求人が多い

type転職エージェントのデメリット

  1. 業界外からコンサルタントとなったアドバイザーが多い。知識が浅いことも
  2. マッチングしなさそうな案件が紹介されることがある。

こんな方がtype転職エージェントを利用するべき!

他社エージェントのカウンセリングで満足できなかった方

type転職エージェントのカウンセリングは、大手とは違う丁寧な対応で定評があります。他エージェントに登録しカウンセリングを受けたものの満足できなかった方は、ぜひtype転職エージェントの面談を受けてみましょう。キャリアアドバイザーはそれぞれ専門分野に分かれています。案件の紹介だけを目的としていませんので、じっくり相談したい方に適しています。

転職活動が初めての方

初めての転職活動には不安がつきものですね。転職活動では、新卒時とはまた違う難しさもあります。新卒時とは違って、職務経歴書の作成や面接などで経験がある故の対応も求められるでしょう。

書類作成も、面接も応募する企業ごとに求められるものは当然異なります。こういったアドバイスができるのも、エージェントならではのメリットです。なかなか書類選考が通らない方も、転職支援サービスを受けてみてはいかがでしょうか。

・自分のキャリアに疑問はあるが転職への決意がつかない方

「本当に今の仕事をずっとやっていていいの?」こう感じる方は少なくありません。意欲的な方が、成長の見込めない仕事をこなしていると自分のキャリアパスに疑問を抱くのは無理もないことです。

ただどんな方でも簡単に「じゃあ転職しよう!」とは決意できないのが実状でしょう。

本当に転職するのかどうかは決まっていなくても、今の自分に少しでも満足できていない部分があるなら、エージェントに登録してみましょう。カウンセリングではキャリアの棚卸なども行われるので、これからのキャリアをじっくり考えるチャンスとなるでしょう。

type転職エージェントの面談

type転職エージェントに登録すると、その後面談(キャリアカウンセリング)が行われます。専任キャリアアドバイザーによるスキルの棚卸、キャリアプランニング、転職のタイミングなどの相談などがキャリアカウンセリングの主な内容です。

お仕事をしている方のために平日の夜や土曜日も対応可能です。またどうしても面談に出向けない方には、電話によるカウンセリングも受け付けています。

type転職エージェントは、直接面談なら1時間半程度を予定しており、じっくりとヒアリングを行うため利用者からの評価も高いです。キャリアカウンセリングは、気軽に受けられます。

面談したからといって必ず転職活動を始めないといけないプレッシャーもありません。いつ転職するのかも含めて、とにかく一旦話だけでもしておきたいという状態の方も、もちろんカウンセリング可能です。

type転職エージェントの連絡方法は?電話がしつこいってホント?

カウンセリング後は、経歴や希望などから最適な求人の紹介を受けられます。面談時にすぐに紹介されるケースもあれば、その後電話やメールでの連絡が入ることもあります。口コミではtype転職エージェントで、該当する求人があれば何度も電話がかかってくるという情報が見受けられます。

キャリアアドバイザーに勧められた案件すべてが、興味を持てるものではない可能性もありますね。応募する気がないのに、何度も連絡があるとしつこいと感じるかもしれません。これはtype転職エージェントに限らず、いずれの転職エージェントでも起こりやすい状態です。ただ転職活動では業種や職種を狭めないほうがよいこともあります。

なぜその案件を自分に紹介しようと思ったのか、これをキャリアアドバイザーに確認してみましょう。エージェントによっては、単にノルマ達成のためだけに希望や経歴を無視したような案件紹介が行われることもあります。しかしプロの目から見て、さらなるキャリアアップを目指せる案件が紹介される場合も少なくありません。案件紹介はキャリアを見つめなおす良いタイミングと考えて、積極的に話を聞いてみるのもよいでしょう。ただしあまりにかけ離れた求人の案内が多ければ、キャリアアドバイザーを代えてもらうように依頼するべきです。

@typeとtype転職エージェントの違いは?

@typeは求人サイトです。求人サイトはエージェントと違って、自分で案件を探し応募します。面接などのスケジュールもすべて自分で調整しないといけません。どちらを利用するとよいのかは、転職の時期や意欲などによって異なります。ただ転職についてのプランをまだ立てていない方は、サイトだけでサラッと求人を見ておこうと考えがちです。しかし、エージェントで相談することで転職プランを明確にする方法もあります。

またアドバイザー経由の非公開求人の詳細を知りたいなら、サイトだけではなくエージェントにも登録する必要があります。どちらも無料なので、転職について考えているならサイトで求人情報を集めつつ、エージェントでの紹介を受けるのもよいでしょう。

@typeやtype転職エージェントは女性の利用者ももちろん多数!

type転職エージェントは、女性の利用者ももちろんいらっしゃいます。@type、type転職エージェントはいずれもキャリアデザインセンターという会社が運営しています。ただサービス形態は異なっているので、いずれも利用したい場合はそれぞれ登録する必要があります。さらにキャリアデザインセンターは、女性のための「女の転職@type」も運営しています。こちらは正社員として働きたい女性のための転職サイトです。エージェントとは違い自分で転職先を探す方式です。

type転職エージェントで転職した口コミ評判

30代男性・SE・年収400万円台

「他エージェントに2社ほど登録しました。そのうち一社はアドバイザーとなんとなくそりが合いません。別の一社はまったく希望の案件を紹介されず、転職活動に折れそうになりました。そこで@typeの転職サイトを利用していたことを思い出し、エージェントにも登録してみました。最初は電話のやりとりでしたが、しっかり話を聞いてもらえすぐに案件紹介を受けられました。3社か4社ほどでしたが、すぐに応募を決意するほどピッタリの求人ばかりでした。きちんと伝わったと思い、typeで転職活動をすることを決意、あとはトントン拍子で内定まで進みました。」

30代女性・ITコンサル・年収500万円台

「IT系に強いエージェントと聞きtypeを選びました。転職活動のスタート時、あまり選ばなければ絶対どこかで決まると変な自信を持っていたのです。しかし数社応募しても決まらず焦ってしまいました。エージェントなら案件を紹介してもらえたり、アドバイスがあったりということで、ひとまず登録だけでもすることにしたのです。type転職エージェントは、対応も丁寧でしたしレスポンスも大変早かったですね。また厳選された求人ばかりピンポイントで紹介してもらえるので、自分で転職活動していたのはなんだったのか…と思ってしまいました。」

20代男性・不動産仲介・年収400万円台

「老舗企業ということで、丁寧なサポートを受けられると思い登録しました。たしかにアドバイザーの方は希望や条件を徹底的にヒアリングしてくれました。しかし、仕事の内容などについて突っ込んだ質問をすると、あれ?あまりわかってないのかな、と不安になる回答がありました。案件の理解度はもちろんアドバイザーの得意分野もあるでしょうから、仕方のない部分とも思いますが少し残念でした。その他の転職ノウハウに関しては充実していました。」

20代女性・マーケティングリサーチ/営業・年収300万円台

「営業職についたものの、待遇や社風が入社前に聞いていたのと大きく異なりました。ただ勤続年数も短いので、すぐに転職は考えていなかったです。第二新卒としてエージェントに登録だけでもしておこうと思いtypeを選びました。すぐにカウンセリングへの案内をもらい、本当に自分は転職できるのか、今転職してもよいのだろうかという疑問をぶつけるつもりでお願いしました。カウンセリングは丁寧で、具体的に聞いていただきすぐに転職活動をすることも決意できました。また手厚いサポートをしていただき、希望通りの転職先に内定しました。」

type転職エージェントと併用するべきエージェントは?

type転職エージェントの求人は、特に経験者や即戦力に限定されていません。そのため、幅広い方が登録するのに適しているといえるでしょう。ミドルエグゼクティブ担当のキャリアアドバイザーも在籍しています。しかし、ハイキャリアの方やエグゼクティブの方の求人は案件数が少ない可能性があります。ただIT系や営業職が豊富なので、幅広く職種を見たい方は他のエージェントと併用しましょう。求人情報を多く集めたい方は、DODAやマイナビエージェントなどとの併用がおすすめです。

まとめ

最大手の転職エージェントとはまた違うサービスを求める方は、type転職エージェントに登録するとよいでしょう。独自の案件、非公開求人、キャリアアドバイザーの丁寧なカウンセリングが評判です。

気になる点は、IT系や営業系の求人が中心であること、キャリアアドバイザーの知識の深さに多少ばらつきがあることなどでしょうか。type転職エージェントのサイトで求人の傾向をある程度つかみ、登録を決定するとよいですね。またキャリアアドバイザーは、合わなければ交代してもらうこともできます。

エージェントは一社だけに絞る必要はありません。しかし、複数社に登録する場合もメインとなるエージェントは決めておいたほうがよいでしょう。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

コルコル

コルコル

WEBライター歴4年。関西のファッションデザイン学校を卒業後、同校の教員を数年勤める。後に、有名画廊へと勤務。チュニジア在住(パートナーがチュニジア人)。3人の子供と家族を支える「働くお母さん」。愛読書は『ガラスの仮面』と『エースをねらえ!』。昭和の語り部でありながら、現代の事情にも詳しくなろうと日々奮闘している。


関連記事

  • 【低金利カードローンを徹底比較!】返済額が少ないものを選ぼう!

  • 【無利息期間あり】のカードローン~マネー原人おすすめはこの3つ!

  • 夫婦で不妊解決に取り組もう!補助制度を知っておく大切さ

  • フリーランスは大変?個人事業主にぴったりなお金を借りる方法

  • オリックス銀行カードローンなら口座開設不要&ATM手数料無料

  • 親からお金を借りる時に納得してもらえる理由とは?