1. TOP
  2. 【困った時に】自己破産の前に任意整理!債務整理の種類や方法を徹底解説

【困った時に】自己破産の前に任意整理!債務整理の種類や方法を徹底解説

 2017/05/01 特集
  25 Views

通販や街でのお買い物などで活躍するクレジットカードですが、使いすぎてしまうとカードの支払いが生活を圧迫してしまうこともあります。
まぁどうにかなるだろう。
審査の甘いところでまたカードを作れば大丈夫。
お金のトラブルはそんな甘いものではありません。
少し怖い話かもしれませんが、クレジットカードとうまく付き合うためにも、今回は任意整理について解説いたします。

使いすぎの救世主!債務整理の種類を解説

ⓒpict rider

クレジットカードの甘い罠?
お金を使いすぎるのはこんなとき日頃便利なクレジットカード。

正しく使っていれば何の問題もありませんが、債務整理が必要なほどになってしまうのはどのような場合が考えられるのでしょうか? 例えばこんなことはありませんか?

  • クレジットカードが複数ある
  • 利用明細を見ない
  • 分割払いやリボ払い、ボーナス払いで決済する
  • 利用限度額が高い

当てはまる人はかなり多いと思います。実はこれらは悪くすると借金が膨らむ原因となり得るのです。
忙しいと感じているときはつい利用明細を見ないで済ませてしまうことがあります。 利用明細をチェックしないと、支払い金額を見てお金の使い道を考えたり、少し反省したりする機会がありません。 そのためついお金の管理がずさんになってしまいがちです。 自分がいくら使ったのかわからないままクレジットカードを使い続けていると、気づかないうちに返済残高が増えていく原因となります。
また、クレジットカードは気軽に決済できてしまうので、ついお金を払っている感覚が弱くなりがちです。 判断力が低下しがちな夜中のネットショッピングなどで、高額な買い物を無計画に分割購入するのは危険です。 そして、長くカードを使っていると利用限度額が上がっていることがありますね。これなら買えそうだ。と気持ちが大きくなってしまうことも使いすぎの原因の1つかもしれません。

債務整理が必要なのはどんなとき?

借入額がわずかであれば何の問題もありませんが、それが半分を超えたり、月の収入以上に使ったりしてしまうとどうでしょう? 自分の収入を増やすのはなかなか難しいので、いくらやりくりしてもどこかで返済には限界がくるでしょう。
一般的に、 多重債務者として債務整理が必要となる借金の額とは、手取りの年収に対して借金が3割以上ある場合が目安になります。 債務整理とは増えすぎてしまった借金を減らす方法。どうやっても返済めどがたたない立たない時には強い味方です。 しかし借りても手続きすれば借金が減るなんて楽ちん、安易に進められることではありません。 一方、まだまだ自分は大丈夫なはずだ、と相談に二の足を踏む人も多いようです。
真の借金地獄に陥って親戚や職場、友人関係が壊れてしまう前に、苦しいな、と感じたときは早めに専門家の意見を聞くことが大切なのですよ。

債務整理にはどんな種類があるの?

個人が行う主な債務整理の種類は、デメリットが低い順に任意整理、個人再生、自己破産の3つがあります。
任意整理は官報に名前を載せることなく借金を減額し、楽に支払いを進めていく方法です。 司法書士や弁護士が債権者と交渉して借金の減額と、分割払いの進め方を話し合ってくれます。 特殊な場合でない限り会社など周囲に情報が洩れることはありませんので、比較的安心して手続きすることができるでしょう。 ただし、情報官報は誰でも見ることができます。そのため任意整理を行ったあとはローンを組む際にかなり不利益になってしまいます。
次に個人再生も、任意整理同様に財産を手放さずに借金を帳消しにする方法です。 裁判所に申し立てて、認められれば借金が5分の1ほどに減額されます。 ただし申し立てには、返済のめどとしてきちんとした収入があるかなど、いくつかの条件があります。
最も個人や周囲にデメリットが多いのは自己破産です。 裁判所に認められれば全ての借金を帳消しにできる代わりに、家などすべての財産が没収されます。 また、警備員や士業など一部の職業に就くことができません。

任意整理とはこんなもの!弁護士費用や流れを知ろう

ⓒpolkadot

任意整理する?しない?相談前にしたいこと

なんだかお金のやりくりが辛い、と感じたらまずは冷静にどのくらいの額を支払っているのか明細を確認してみましょう。 住宅ローンを組むのであれば、年収の25%以内に納めるのが目安とされています。 クレジットカードやキャッシングについても同様で、おおよそ年収の1/3を超えてしまったら危険域。債務整理が視野に入ってきます。 相談にはお金を借りている業者名や借り入れの時期、額、金利など借金の内容について、わかる範囲で整理する必要があります。 また借金をした理由や現在の収入状況、財産があるかどうか、返済の目途があるのかについても確認されます。 尚、銀行系のクレジットカードを任意整理の対象にしようとする場合、返済の申し立てをした段階で一旦口座が利用できなくなります。そのため、当面の生活資金はあらかじめ引き出しておきましょう。

返済開始までの流れや費用・期間とは?

借金に困ってしまった場合には、弁護士会主催の無料相談会などに参加してみるのが最も手軽でしょう。 30分程度の相談で弁護士を紹介してもらい、詳細な相談は後日弁護士と行うというのが大枠の流れです。具体的な準備物は相談会で確認できます。 しかし無料相談会の後、弁護士への相談する際は原則有料です。 任意整理を正式に依頼する際は着手費用が発生するため、相談にはある程度まとまったお金を用意しておきましょう。 交渉先1社あたり4~5万円がおおよその目安となり、交渉先が多数ある場合は割安に設定されることが多いです。 ただし借金が140万円以下で司法書士にお願いできる場合は着手金が無料のことも。 また、主な準備物は消費者金融のカード、クレジットカード、預貯金通帳など、お金の状況がわかるもの。そして住民票、源泉徴収票、印鑑なども必要です。 着手金以外に基本報酬や成功報酬を支払います。交渉にはおおむね半年、実際弁護士事務所に足を運ぶのは2、3回ですむことが多いようです。

任意整理の返済計画について知ろう

任意整理をした後は、借金を返済計画に基づいて分割で返済していきます。返済金額にも寄りますが、通常3~6か月で支払えるように調整されます。 ただし借金を減額しても数百万円の支払いが残る場合は、数年に渡る返済計画が作られることもあります。 任意整理では依頼後の利息がかからなくなるため、計画以上にお金を返すことにはなりません。 その代わりにお金を本当に返す目途があるのかが評価されます。 したがって健康状態に問題がなく、安定した収入があるかどうかが重要です。やけを起こして仕事をやめてしまうようなことがないよう注意しましょう。 返済計画がまとまると無限とも思われた借金の取り立てに目途が付き、ほっとするところに違いありません。 また任意整理を依頼すると、借金の取り立てはされず返済計画がまとまるまでは返済自体もストップします。 その間に自分の気持ちを立て直すことができるでしょう。

任意整理後の生活は?借り入れやクレジットカードが気になる

ⓒbeeboys

ローンが組めない!返済後のディメリット

クレジットカードやキャッシングのやりすぎで任意整理することになるなんて恥ずかしい、と思うことがあるかもしれません。 しかし借金をいつまでも返せない状態の方がより辛く苦しいことに違いありません。 また任意整理をしていることが周囲や会社にバレたり、それが原因で仕事がクビになることはありません。本当に大変なことになる前に、返済が難しいと感じたら是非無料の相談会に行ってみましょう。 任意整理は決して悪い事ではないのですが、お金に関するトラブルを起こしたという事実はいわゆるブラックリストとして共有されます。 そのため、一度債務整理をした後は、お金を借りる行為に対してシビアな扱いを受けてしまいます。 一般的に金融事故の時効は5年間ですが、適切に借金を返済しなければ10年でも20年でも事故履歴が残ってしまうものとされています。 つまり任意整理後は特にお金に関して最新の注意を払が必要なのです。 このように債務整理はメリットばかりではありません。 では任意整理を行った場合、どんなデメリットがあるのかを具体的にご紹介します。

ETCの利用や携帯電話の分割購入ができない

任意整理は金融事故として最低5年間は共有されています。そのため新しくクレジットカードやキャッシングの申し込みをするのがかなり難しくなります。クレジットカードがどうしても必要な場合は、主の契約者ではなく家族カードを普段利用するという方法を取ることもできるでしょう。 クレジットカードなんてないなりに生活できる。と思うかもしれませんが、今の生活では少し困ることがいくつか挙げられます。 例えば、クレジットカードがないということはETCカードも作れません。ドライブでどこかに出かける際に一般レーンしか通れないのは少し面倒です。またスマートICが利用できないとなると道路工程にも影響がでますね。 また、ローン審査が厳しくなるので携帯やスマートフォンを分割購入できない可能性も高いです。スマホートフォンは今や必需品ですが、一括購入となると5~10万円の出費です。また電子マネーもクレジットチャージではなく店舗でカードを購入しなければなりません、少し大変ですね。

急な出費は絶対にNG!住宅ローン審査に落ちることも

任意整理後は支払いを全て現金でやりくりする必要があります。例えば突然の事故や病気でお金が必要となっても、クレジットカードは使えません。 事故で車を修理したい時やすり減ったタイヤを新調するときも、支払いは全額現金払いが原則です。 また、冷蔵庫や洗濯機が壊れてやむをえなく買い替えるという場合も同様に現金払いです。 無用な出費を控えたとしても、現金のみで生活をやりくりするためには少し工夫が必要です。 頻繁に銀行に行く手間もかかりますね。任意整理後の生活で最も重要なのは、今までローンで払っていた買い物に対しそれぞれをシビアに捉えて事前にお金を貯めてから払うという習慣に切り替えていくことです。生活の仕方を変えることになるので、難しく感じることがあるかもしれません。 預金残高が生活資金なのか貯蓄なのか切り分けて考えるのは、今まで以上に緻密な計画性が求められます。 債務整理の影響は車のローンだけでなく、住宅ローンや子供の教育ローンなどにも影響してきます。特に高額となる住宅ローン審査は、自分名義では難しいかもしれません。自分の債務整理のせいで、その後の生活や家族に不利益となることはできれば避けたいですよね。

まとめ

任意整理は債務整理の中でも比較的ディメリットの少ない形で返済額を減らせる方法です。 クレジットカードの使いすぎなどで借金が沢山出来てしまった場合の助けとなります。 困ったら無料の法律相談会に行ってみましょう。しかし任意整理で借金を返済しても、その後の生活に不利益となる事柄があります。 病気やけがなどやむを得ないこともあるでしょう。しかし、クレジットカードは現金と同じ。こまめにお金の出入りを確認することで、債務整理とは無縁の楽しい生活を送りたいですね。

ライター紹介 ライター一覧

そると3588

そると3588

ご覧いただきありがとうございます。
10年ほどの会社員勤めを経て、現在は3児の育児に奮闘中のママライターです。最近は子どもの自転車乗りの特訓に励んでいます。
子育て中のパパに寄り添えるような役立つ内容をたくさんご紹介していきたいです。
よろしくお願いします!

関連記事

  • 【2016年4月から解禁】不妊治療保険加入前の注意点は?

  • 国税もクレジット払いできる時代!ポイントゲットでお得に納税する方法

  • 【現役ドラコン選手が体験】ライザップゴルフの口コミ・評判

  • 【デキる男の一枚】ゴールドカードも無料で手に入れよう

  • 【秋バテに負けるな!】ビジネスシーンで活躍するために必要な栄養

  • 【無料】海外旅行保険の加入不要!保険付きカードで安心&お得に旅行