1. TOP
  2. お金がない
  3. お金がない時の過ごし方

お金がない時の過ごし方

 2018/06/12 お金がない
  338 Views

お金がない時の過ごし方でも「なんにもせずに寝てやり過ごす!」のは、実はあまり対処法にはなっていませんよね。いわゆる金欠の状態、お給料日前などに借りるほどまではいかなくても、ちょっと苦しい状態の時にはどうやって過ごすとよいのでしょうか。ひたすら我慢も、日数が長いと追い詰められてしまいます。

仕事での昼食代や交際にかかる費用は確保している場合でも、休日にどう過ごすかは難しく感じるかもしれません。昼食代などもない状態なら、カードローンなどを利用したほうがよいでしょう。

Sponsored Link

お金がない!でも時間はある!どうやって過ごす?

ネットオークションなどでお金を作る

手元にある不用品を売って、お金を作りましょう。売りやすいものとしては洋服、ゲーム、漫画などが代表的です。実店舗があるリサイクルショップ、買取店、質屋などに持って行ってもよいのですが、手軽に売りたいですよね。そんな場合には、ネットオークションやメルカリのようなフリマアプリなどがおすすめです。出品料がかからないか、売れた時の手数料はどれくらいなのかも忘れず確かめておきましょう。

アルバイトをしてしまおう!

時間があるなら、アルバイトをしてお金を作ってしまいましょう。単発バイトでは、倉庫での軽作業、イベントスタッフ、チラシ配布やサンプリング、配送助手などが多いです。履歴書不要、面接なしでサクッと働けるバイトも増えています。気を付けたいのは、単発バイトでもお給料は即払いではなく、後日振込というものです。今すぐお金が必要でバイトしたのに、振込が3営業日後になってしまうと間に合いません。支払いのシステムがどうなっているかを確かめておきましょう。

治験でお金が入ってくる?

治験は、医薬品や医療機器などでの臨床試験のことをいいます。条件に基づいた人材を募集して、通院や入院などで治験を行います。通院で薬剤モニターのような気軽なものから、1週間の入院など様々です。基本的にボランティアといわれている治験ですが、謝礼はあります。年齢や既往歴などの条件を満たしていて、入院なら一定期間拘束されることに問題がないなら、利用してみてもよいでしょう。

お金をかけずに資格を取得してみよう

時間があるから、将来に役立つ資格を取ってみようかなと考えたこともあるでしょうか。しかし、参考書代、学習にまつわる費用など資格取得にはお金がかかります。受験料も数千円のものから数万円単位のものまで様々です。試験がある限りは合格しない可能性もあるわけですから、「ちょっと気軽に資格でも取ってみようか。」というわけにはいかなさそうです。

しかし、独学でも受験可能、受験料も支払いやすい資格も実際には見つかります。お金がない方も取得できる資格にはどんなものがあるのでしょうか。

簿記能力検定など

税務に関する資格でも、税理士はなかなか敷居が高いものです。しかし、日本経理教育協会が行う能力検定試験では、簿記能力検定などのように実際に使えて、その後のステップアップを狙えます。(公益社団法人 全国経理教育協会 ZENKEI

気になる受験料ですが上級は7,500円ですが、基礎簿記会計から3級、2級は1,200円から2,200円と受験しやすくなっています。他にも計算実務能力検定や、所得税法能力検定など検定試験の種類も多いです。

宅地建物取引士

合格率は低いものの、宅建業者では5人に1人以上の割合で設置する必要があるため、需要が高いと考えられています。受験料は7,000円です。ネットで過去問を利用し、参考書を絞って購入するとコストは抑えられるでしょう。

資格取得は、スクールや通信講座を利用すると高額になります。しかし、参考書を中心に独学することで費用を抑えられます。時間があるときにコツコツと学んでキャリアアップ、お給料アップ、転職などに活かしてみませんか。

お金をかけない習い事ってある?

習い事=お金がかかるというイメージが大変強いですよね。でも「いつも金欠なのに、習い事なんか絶対無理!」と、諦めてしまっていませんか。お金をかけない習い事はあるのでしょうか。

普通にスクールに通えば、当然お金はかかります。大学の公開講座、カルチャーセンター、公民館、サークルなどなら、かなり費用を抑えられるでしょう。お住まいの地域などによりますが、たいていはスポーツに関連したもの、語学、趣味など広範囲に渡っています。もともと興味があるものでコストが抑えられるものを選ぶとよいでしょう。

また、発表会や展示会などが多い習い事は、どうしても臨時の出費が多くなります。例えば書道なら展示会には出品せず、自分で練習するだけにしておく、などルールを決めておけば費用を抑えられるでしょう。

お金がない時の休日の過ごし方

金欠の休日はひたすら寝て過ごす、家に閉じこもってやり過ごすというのも確かに解決法ではあります。でもせっかくの休日に逆にストレスが溜まったり、無気力になったりしてしまいそうですよね。また独身の方の一人での乗り切り方と、夫婦での過ごし方は少し異なってくるでしょう。

今すぐできる!ウォーキングや散歩

散歩は、最も気軽にできてお金もかからず、ストレスを発散させることができますよね。自宅の周辺でも、公園、ちょっとした散歩道や小川などリラックスできる場所を見つけられるかもしれません。健康面でも家にずっといるよりも、ぐんと良い変化が出るでしょう。ただし、喉が渇いたからといってコンビニに入ってしまうと無駄遣いにもつながります。水筒持参で出かけましょう!

掃除で家も気分もスッキリ!

しっかり家を掃除するのもおすすめです。気分転換になるだけでなく、その後スッキリ過ごせるという一石二鳥のメリットがあります。普段あまり手をかけられない場所を掃除するとよいでしょう。もちろん断捨離もよいですね。不用品があれば、売ってお金を手に入れることもできます。

公共施設をフル活用

図書館もお金がない時はよい選択ですね。本を読む、デスクワーク、ソファースペースでリラックス、雑誌や新聞・漫画などを読む、CDやCVDの視聴といったように、図書館だけでもできることはたくさんあります。蔵書のしっかりした図書館ならではですが、たとえば専門書を調べながら、資格の勉強もできるでしょう。

公的スポーツ施設なら、スポーツクラブよりもはるかに費用がかかりません。エアロビクスや水泳なども、1回の利用ごとに数百円単位という価格のところが多いです。学校のグラウンドなどを一般開放している自治体もありますね。事前に申し込んでおくことで、テニスなどのスポーツをできることがあります。

公共施設は食堂も安いので、「お金はないけど外食したい!」時にはおすすめです。味や雰囲気はカフェレストランとはいきませんが、意外とほっこりする時間が過ごせますよ。

夫婦でのお金を使わない休日の過ごし方

せっかくの休日ですから、何かプログラムしたいということもあります。ただ一人ではなく、人数が増えるとどうしてもお金がかかることも増えそうですよね。しかし、お金をかけずに過ごすことはもちろんできますよ!夫婦や家族でのお金を使わない休日の過ごし方としては、VOD(amazonプライムビデオやHuluなどのビデオオンデマンド)などの利用はいかがでしょうか。無料体験などもあるので、「月会費が高い。」と思う方はぜひ無料体験巡りをしてみましょう。

夫婦で日曜大工(たとえばホームセンターや百均などで購入しても数百円程度のコストで棚を作れます。)も楽しいのではないでしょうか。冷蔵庫の残りもの整理と決めて、二人で料理してもよいですね。神社・仏閣巡り、歴史資料館、遺跡巡りなども趣味が合えばよい過ごし方でしょう。普段は忙しくて前を通り過ぎるだけになっている、近所の神社にお参りなどもよいですよね。コストはお賽銭だけです。

お金がない時の遊び方は工夫が肝心

お金をかければ、やはりどんな遊びでも楽しいのはわかっていますよね。でもできるだけ費用を抑えて、それでも楽しむには工夫が必要です。またインドアタイプの方が、安いからといって突然テニスサークルに参加しても楽しめないでしょう。お金はかけない、でも自分が興味を持てて楽しめそうなことにトライしてみるといいですね。普段からインターネットなどで情報を集めておくと、いざというとき「あれをやってみよう!」とすぐに行動に移せるでしょう。

金欠を脱出する方法は?

お金がない時にそれなりに過ごす方法を知っておくのも大切です。でも、根本的に金欠を脱出することも考えたいものです。普通に生活しているのに、お給料前にはいつも足りなくなるなら、対策が必要でしょう。

残金を把握する

金欠になりやすいというのは、それだけ「今いくら持っているのか。」を把握していないわけです。残金が少なくなっているのに、使ってしまえば当然なくなります。でも、最初に項目ごとにお金を振り分けておく方法は、やはり面倒ですよね。日にちを決めて、「あといくらある?」というのを常に見るようにしましょう。足りなくなりそうなら、出費を抑える方法をすぐに取ります。(外食や飲みに行かないなど。)

節約するポイントを意識しよう

お給料日が迫り、使えるお金が減ってきたとき「なんとかしなくちゃ!」と急に思ってもすぐには解決できないことがありますよね。普段から節約を意識して生活しましょう。とはいっても、常に節約のことばかり考えるのは暮らしが窮屈になってしまいます。どこで節約するのか、ポイントを絞るだけでラクに過ごせますよ。

出費の中でも削りやすいのは食費と雑費です。食費はできるだけ自炊の機会を増やすことで、かなり抑えられます。作ったことがない場合は、ごはんを炊くことから始めましょう。外で食事をすると、どうしてもドリンクやデザートなど無駄な出費が積み重なりやすいです。自宅で食べる回数を増やすと、それだけでも変わってきます。

雑費はどこに分類したらよいかわからない出費です。お菓子や飲み物など、無駄に買っていませんか?コンビニ大好きな方は要注意です。必要なものだけを買うというのは、正直コンビニに入ると難しいものですね。対策として、理由がないのにフラッとコンビニに立ち寄ることをやめましょう。見なければ、買わずに済むものがいっぱいあるはずです。

ついつい使うなら隠してしまおう

お給料が入った時に、普段あまり触らないところ(靴の中敷きの下、机の引き出しの裏や奥底、読まない本)などにお金を隠してしまうのです。見える状態でお財布に入っていれば当然使ってしまいますが、見えなければ自分で隠したとしても次第に忘れてしまいます。お金を貯めるというのではなく、使わない対策です。

どうすればお金がなくて二度と困らなくなる?

日本はお金に関する教育がほとんどなされません。どうすればお金がなくて困らなくなるのか、豊かな状態を保つためにできること、お金の正しい使い方の知識がないままに生活している人も実は少なくないのです。

お給料のよい会社へ就職、転職を簡単にしない、ギャンブルから遠ざかるなど、お金をきちんと得て、それを浪費しないことはなんとなく身についているかもしれません。しかし、予定通りに進まないことも多々あるでしょう。大きな会社に内定をもらえなかった、体調を崩して仕事を続けられなくなったなど、お金がない状態を作りだしてしまう環境から逃れられないこともあります。

何度もお金がない状態に陥っているなら、根本的な原因を探らないと、また同じ状態になってしまうでしょう。その繰り返しでも、生活さえできていればよいと考えてしまう方もいます。しかし、必要以上に困らない状況は誰でも作り出せるのです。

収入>支出を常に心がける

支出をできるだけ減らせれば、収入から余剰ができ貯蓄ができるようになりますね。ただ、そう簡単に支出を減らすのは難しいものです。収入のほうが支出よりも多い状態を保つためには、
収入を増やす(副業、アルバイトなど)
支出を減らす(節約、生活の根本的な見直しなど)
貯蓄を増やす(貯蓄先を選ぶ、運用など)
を3本柱として考えましょう。

収入を増やす

現在の勤務先で副業が禁止されていれば、収入を増やすことは難しいですね。長期的な計画で、キャリアアップを含めた転職を検討してみたほうが良い場合もあります。転職=不利という考えが根強くありますが、終身雇用制度は過去のものとなっているのが現実です。現在の職業からお給料アップできるような転職は無理だとあきらめず、資格取得などにトライしてみてはいかがでしょうか。

支出を減らす

支出を減らすのは、すぐにでもスタートできますね。
節約が嫌いという方は、生活の見直しを一度してみましょう。支出が多くなってしまう理由を探るのです。「仕事が終わったら毎日飲みに行ってしまう。」なら、帰宅ルートを変えてまっすぐ帰ってみるのもよい方法です。今乗っている車は、本当に手放せないものですか?

習慣化していることは、無意識に絶対に変更できないものと思い込んでいるかもしれません。しかし、生活を見直すことで本当に必要ではないものをカットできる可能性がありますよ。

貯蓄を増やす

貯蓄先を選ぶのは今や常識ですよね。ポイントは預金の種類だけでなく(普通預金から定期預金へ、など)、銀行の種類自体を選択してみることです。ネット銀行は、店舗がない代わりにそのコストが利用者の金利へと還元され、高金利で預金できることが多いです。

運用はそのリスクを不安に感じる方も多いでしょう。しかし、運用方法もドーンと株を買うというものだけではありません。着実に増やせるリスクを抑えた方法を選べます。必要なのは、どの方法が自分に適しているのかを少し学んでみることでしょう。

まとめ

誰もが体験する「お金がない」状態、乗り切り方もたくさんあります。状況別に判断してベストの方法を選びましょう。お金がないからといってストレスが溜まる、精神的に追い詰められる、不安になるという状態に陥る必要はありません。時間を有意義に過ごしたり、遊びや気分転換を取り入れたりしながら、お金がない時を過ごせる方法もあるからです。

ただし、いつもお金がなくて困っているなら、その原因をきちんと考えたほうがよい場合もあります。お金がない場合には、お金の稼ぎ方、貯め方、使い方をトータルで見直しましょう。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

コルコル

コルコル

WEBライター歴4年。関西のファッションデザイン学校を卒業後、同校の教員を数年勤める。後に、有名画廊へと勤務。チュニジア在住(パートナーがチュニジア人)。3人の子供と家族を支える「働くお母さん」。愛読書は『ガラスの仮面』と『エースをねらえ!』。昭和の語り部でありながら、現代の事情にも詳しくなろうと日々奮闘している。

関連記事

  • お金がない時どうする?お金がない時の乗り切り方